協働ロボットを提供するメーカー5選をまとめて比較

協働ロボットを提供するメーカー5選をまとめて比較
協働ロボットを導入する事により、業務の一部を代替させ、製造現場に様々なメリットをもたらします。この記事では、協働ロボットを提供しているメーカーおすすめ5選をご紹介しています。

協働ロボットとは?

協働ロボットとは?

協働ロボットとは産業用ロボットの一種であり、人と共に作業を行うことができるロボットです。

2013年の規制緩和以前では、安全策を設置するなどして人とロボットを隔離する必要がありました。しかし、規制が緩和されたことを契機に、協働ロボットが製造現場を中心に普及するようになっています。

安全機能の搭載など安全面における様々な考慮は必要ですが、条件をクリアしている場合は協働ロボットを導入することができ、人とロボットによる作業の分担を実現することができます。

協働ロボットに業務の一部を代替させることにより、製造現場に様々なメリットをもたらします。

協働ロボットに業務の一部を代替させることにより、製造現場に様々なメリットをもたらします。

人的コストの削減

これまで人間が行っていた作業をロボットが代替するという意味合いおける人的削減だけではなく、作業時間の短縮によるコストカットも期待できます。

生産性と品質の向上

人間による作業の場合、生産性は作業者の経験や集中力に依存をするのに比べて、ロボットが自動で作業を行う場合は、ある程度の水準や平均値を見込むことができます。
また、単にリソースをカットするという発想ではなく、これまで製造に割いていた人的リソースを新しい別の業務に手配できるようになるため、結果的に生産性の向上に繋がっていくことも期待できます。

関連記事:【協働ロボットおすすめ5選】協働ロボットとは?特徴や導入のメリットをご紹介

協働ロボットの活用事例

協働ロボットを導入することで、人が行なっている様々な作業をロボットに代替することができます。

協働ロボットの活用事例
  • ネジの締め付け
  • 組み立て作業
  • 検査の自動化
  • 完成品の箱詰め
  • 食品の切り出し
  • 倉庫内のピッキング作業

関連記事:協働ロボットの活用事例とおすすめ製品5選

協働ロボットおすすめメーカー5選

株式会社ダイアディックシステムズ

協働ロボット/ MoMoCo

製品画像

ロボット本体に サーボアンプ、コントローラ、電磁弁、等内蔵しており、付属の ACアダプター とスイッチBOX を接続すれば準備完了です。

本製品は、モータ定格80W以下のサーボモータを使用しておりますので 産業用ロボット からは除外され JIS B8433-1/2:2015(ISO 10218-1/2)の対象にならず、安全柵の規制はありませんが(厚生労働省告示第51号)、安全柵を必用とする産業用ロボットを協働ロボットとして使用する場合に要求している項目のうち、
・Method4:Power and force limiting(力と圧力の制限)
においても 技術仕様書ISO/TS 15066に準拠させています。

リスクアセスメントにより危険の恐れがなくなったと評価できる場合(ISO 12100:2010)、安全教育が不要で協働ロボットとして使用可能です。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

高島ロボットマーケティング株式会社

協働ロボットの1日レンタル

製品画像

人手不足、生産性向上など、様々な課題を解決するために、協働ロボットを気軽にお試しいただける「協働ロボット1日レンタル」サービスを提供しています。
取り扱っている協働ロボットは、世界累積販売台数50,000台突破の「ユニバーサルロボット」、世界初のカメラ内蔵型協働ロボットの「テックマンロボット」です。
協働ロボット以外にも、ハンド、架台など各種周辺機器を取り揃えています。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

ciRobotics 株式会社

ciMoMa-SLIM

製品画像

弊社モバイルマニピュレーター(MoMa)の標準モデル。

特徴:
オムロン製LDとTMを組み合わせたMoMa標準でクリーンルーム対応となっております。
モバイルにはAMR機能のLDを採用しているのでマッピングだけで走行設定可能です。
マニピュレーターはTMを採用しているので人と協働作業が可能です。
また、安全回路を設け、TM動作時はレーザースキャナーで周囲の確認を行うので、人との接触前にマニピュレーターを止めたり、動作を遅くする事も可能です。
筐体背面には操作パネルを設けるので、設定や簡単な操作はこのパネルから対応することも可能ですし、上位通信や他の設備と連動するための管理PCも対応可能です。

主な標準仕様
サイズ:幅590㎜x奥行700㎜x荷台高さ900㎜(マニピュレーターは含まず)
自走ロボット:LD90 (積載90Kg)
協働ロボット:TM5 (可搬6Kg)
積載可能重量:約25Kg
稼働時間:約5時間
最大移動速度:900mm/sec
通路幅:1200㎜以上(MoMaすれ違いの場合は1800㎜以上)

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

大喜産業株式会社

協働ロボット『Sawyer』

製品画像

協働ロボット『Sawyer(ソーヤー)』は
iRobot社の創設者の1人であるロドニー・ブルックス博士が設立したRethink Robotics社(アメリカ ボストン)にて開発されました。

その後、ドイツの産業用オートメーション企業であるHAHNグループがRethink Roboticsの全ての権利を買収。
新たにドイツ法人として新生Rethink Roboticsを立ち上げ、協働ロボットの技術などを引き継ぎグローバル展開を継続しています。

Sawyerは渋谷にオープンした「変なカフェ」でも導入され、多数メディアでも大きく取り上げられています。

●重量:19kg
●アーム自由度:7
●最大リーチ:1,260mm
●可搬重量:4kg
●適用例:機械操作・基板検査・搬送・梱包等
●内臓カメラ:Cognex社製カメラ搭載(手首)
      ワイドビューカメラ(頭部)
●力覚センサ:各関節に高感度力覚センサを内臓
●安全デザイン:力覚センサにより衝撃力を緩和
●保護等級:IP54(防塵・防滴)
●電源:100VAC(max.720w)

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会