生野金属
次世代18リットル缶展

Scroll

これまでの常識を覆す
新しい18リットル缶

シールラベルの「貼り間違い」や「貼り忘れ」でクレームが起きたことや、
「発注忘れ」や「在庫管理の工数」という問題を経験される企業が非常に多く、
生野金属株式会社ではその課題の解決に長く取り組んで来ました。

新開発のLabeless®︎は「ラベルが不要」という全く新しい18ℓ缶です。

「Labeless®」開発ストーリー

お客様の声を受けて、新たなテクノロジーと自社で保有する塗布技術を融合させた、レーザー印字機を使って印字ができる18リットル缶が生まれました。

PRESENTATION 出展企業のプレゼンテーション

ラベルレスな18リットル缶「Labeless®」

18リットル缶とは、年間約2億5千万缶製造されている業務用容器の主役です。保存性が高く省スペースで使いやすいため、食品・食用油を中心に様々な分野で活用されています。ただし、18リットル無地缶だけでは中に何が入っているかわからないため、ラベルに内容物の情報を記載して貼り付ける必要があります。このラベルの貼り付け・管理がとても大変なのです。シールラベルが不要な新しい18リットル缶「Labeless®」は、これらの課題を解決します。

PRODUCT 出展製品

ラベルのない18ℓ缶「Labeless®」

シールラベルの課題を解決!~Labeless®でHappiness~

シールラベルを1枚1枚手で貼っているので時間がかかる。シールラベルの自動貼付機を導入しているけれど、機械の保守メンテナンスコストがかかる。製品が多品種小ロットなため、シールラベルの検収・管理が大変。こういったことでお困りではないでしょうか?これらのお悩みを解決する、生野金属株式会社が開発した18リットル缶をご紹介します。

企業・団体情報

we love cans

英語のCANは「缶」だけでなく、
「・・・することができる」という 意味に使われます。

私達は、”We love cans”の合い言葉のもと、
缶を知り、缶を学び、缶を愛する事により、後生にまで
缶の文化を伝えていきます。

CANづくりを通じて培ってきた金属加工技術が持つ
新たな可能性に挑む生野金属。

その確かな明日にご期待ください。

企業名
生野金属株式会社
所在地
〒592-0001
大阪府 高石市高砂 3丁目24番地
設立年月
1949年7月
従業員規模
51名-100名
URL
https://ikuno.co.jp/