ユニリタ働き方改革展

企業は働き方改革から、DX(真のデジタル企業)への変革を

〜働き⽅改⾰を4つのステージで捉え直す〜

Scroll

ユニリタ働き方改革展

企業は働き方改革から、
DX(真のデジタル企業)への変革を

〜働き⽅改⾰を4つのステージで捉え直す〜

Scroll

デジタルで働き方とビジネスを変えていく

我々は、新型コロナウイルスがもたらした大きな環境の変化を
これからの標準「ニューノーマル(新常態)」として捉え、
ウイルスや自然環境と共生し、
コントロールする方法を学んでいかなければなりません。

この環境を前提とした新しい働き方や、
デジタルやITを活用した新しいビジネスの世界を作っていくべきだと考えます。

働き方を変えるということは、DXとセットで考える必要があります。企業の存続やビジネスのスケールアップに併せて、働く従業員を幸せにしていく過程をいかに実現できるか。切り離して考えるのではなく、三位一体となって企業をスケールさせていくものになります。

ユニリタは、働き方改革とDXを組み合わせて4つのステージとして整理しました。ステージに分けることで、自分たちが今どの位置付けにいて、今後何をしていくべきかという指標になるのではないかと考えたからです。また、働き方改革は企業単位だけではなく、部門単位として語られるべき内容であるため、企業ではどのステージにいて、部門ではどのステージにいる、ということもあり得ます。

本展示会では、この4つのステージごとに、具体的にどのような対策をとるべきかをご説明し、またその対策に役立つサービスをご紹介いたします。

WHITE PAPER ホワイトペーパー

DXに向けた、働き方改革のアプローチを「4つのステージ」として整理・推進する方法をホワイトペーパーにまとめました。
2021年2月改訂版となります。

2020年12月に経済産業省が発表した「DX レポート2」にも触れていますので、ぜひご一読ください。

PRESENTATION プレゼンテーション

働き方改革の真の目的とは?4つのステージで考える「働き方改革」と「DX推進」

ユニリタグループでは、企業の経営課題である「働き方改革」と「DX推進」の実現に向けたアプローチを「4つのステージ」として整理しました。その前提となる考え方やステージごとの詳細をご説明いたします。

4STAGES 4つのステージ

ステージ1:ロケーションフリー

ステージ1の対策に有効な製品

解決できる課題
場所にこだわらずに働きたい 社外だとセキュリティが不安 手間をかけずにテレワーク環境を整えたい

VIDAAS 仮想デスクトップサービス
リモートワークを推進! どこからでもアクセス可能な「仮想デスクトップ」

VIDAASは、利用者へ個別に配布していたデスクトップ環境をデータセンター内のサーバ上で統合管理し、どこからでもセキュアに自分のデスクトップ環境へアクセスを可能とするサービスです。

infoScoop x Digital Workforce
リモートワークに関する悩みをトータルで解決!

ポータル、SSO、ID管理、API管理といったinfoScoopシリーズの各製品を統合するソリューションが「infoScoop x Digital Workforce」です。リモートワークの基盤として、バックエンドからフロントエンドまでを一気通貫で提供し、さまざまな課題をトータルで解決。利便性向上とセキュリティ強化の両立で働き方改革を支援します。

ステージ2:情報共有/連携

ステージ2の対策に有効な製品

解決できる課題
情報のデジタル化を進めたい コミュニケーションツールの整備と利用促進を行いたい 情報セキュリティを強化したい

infoScoop Smart×Portal
企業の枠を超えるコミュニケーションサービス

Smart×Portalは、チーム内、社内、企業間、さまざまなシーンで人と人のコミュニケーションを促進し、仕事の生産性を向上します。効果的な情報伝達により、「企業内・企業間コミュニケーション効率化」と「働き方改革」を実現します。

ステージ3:生産性の向上

ステージ3の対策に有効な製品

解決できる課題
業務の可視化と改善活動が課題 業務のデジタル化を推進したい 成果・KPIの見える化を行いたい

LMIS
ヘルプデスク機能を中心としたサービスマネジメントプラットフォーム

LMISは、ヘルプデスク機能を中心としたサービスマネジメントプラットフォームです。顧客に提供するサービスを適切にマネジメントし、サービスによる課題解決と継続的なカイゼンを実現します。プラットフォームとして、十分な機能と柔軟性を備え、サブスクリプション形式でサービスを提供しており、導入コストと日々のランニング費用を抑えてサービスを利用できます。

Ranabase(ラーナベース)
仕事の見える化!業務プロセスの改善サイクルを回すプラットフォーム

「Ranabase」は、技術力や経験の有無に関係なくさまざまな規模のチームが低コスト、低負荷でプロセスの可視化を行い、改善サイクルを小さく回し始められるように、ユニリタのプロセス・マネジメントの専門集団がノウハウを結集させて作り上げたクラウドサービスです。Rana (ラーナ)はラテン語で蛙を意味し、欧米では「変化」や「成長」の象徴と言われています。「Ranabase」は、個人、チーム、組織の変化と成長を強力にサポートします。

ステージ4:DX (Digital Transformation)

ステージ4の対策に有効な製品

解決できる課題
お客様毎に合ったDXを推進したい カスタマーサクセスを実現したい データドリブン型経営を行いたい

DXコンサルティングサービス
企業のDX推進をお客様視点でご支援します

DX推進のためのIT戦略から企画立案、アセスメントやDX人材の教育を実施。企業のDX推進を企画から運用まで、お客様視点でご支援いたします。

Growwwing(グローウィング)
LTVを最大化するためのカスタマーサクセスプラットフォーム

Growwwing(グローウィング)は、サブスクリプションビジネスにおける「LTVの最大化」を実現するためのカスタマーサクセス活動を管理・支援するプラットフォームです。低コストで、スムーズかつスピーディに導入でき、蓄積された顧客データに基づいた最適なアクションを通じて貴社サービス導入後の顧客のサクセス活動に必要なPDCAを実現します。

企業・団体情報

真のデジタル変革パートナーを目指して、お客様と共に

ユニリタグループは、お客様とのつながりを通して培ってきたノウハウや知⾒を「Information」「Service」「Process」という3つのマネジメント領域の強みとし、DXの実現に取り組むお客様が抱える、さまざまな課題に有効な解決策を提案しています。

また、お客様のデジタル化やデジタル変⾰の実現に不可欠な3つのシステム(SoR/SoI /SoE)の最適解に対して、「コンサルティング」「ソリューション」「プロダクト」「サービス」の4つのアプローチで支援しています。

企業名
株式会社ユニリタ
所在地
〒108-6029
東京都 港区港南品川 2-15-1 品川インターシティA棟
設立年月
1982年5月
従業員規模
101名-500名
URL
https://www.unirita.co.jp/