ZETA BRIDGE
EXHIBITION

ゼータ・ブリッジの次世代画像検査ソリューション

感性を超えるゼータ・ブリッジの
画像認識技術

要素技術の積み上げではなく、
「目、耳など五感から得た情報を人間の脳がいかに処理し、そして感じているか?」
を原点とした様々なアルゴリズムを独自開発。
ゼータブリッジは、人間の感性を超える認識テクノロジーでお客様の課題を解決いたします。

本展示会では、当社の独自技術を用いた画像認識ソリューションをご紹介します。

独自の画像認識アルゴリズム
ABHB開発ストーリー

「人の目ではわかるのに、画像認識の主流であるAI・ディープラーニングではなぜわからないのだろう?」「人の目が判断しているプロセスをそのままプログラムにすればいいのでは?」この発想から、人の目の判断プロセスをプログラミング化したゼータ・ブリッジのコア技術「ABHB」が生まれました。

PRESENTATION 出展企業のプレゼンテーション

金属加工品の検査自動化への解決策

現在、多くの企業では、金属加工品の検査は人による「目視」で行われており、その自動化が求められています。しかし、自動化の技術として期待されるディープラーニングには弱点があり、金属加工品検査では実用化が困難でした。この課題を、ゼータ・ブリッジの独自システムABHBが解決しました。

ヒトの目が認識する色の違いを数値定量化

「色の検査」においては、曖昧さを排除するため色を「数字」で「定量化」したいというニーズがあります。そのため色差計などの色の測定器が開発されてますが、結局、色の細かい違いは職人が目視で検査する以外、良い方法がありませんでした。ゼータ・ブリッジの独自画像認識技術ABHBは、ヒトの目が認識する色の違いを数値定量化することに成功しました。

PRODUCT 出展製品

検査・検品を画像認識で解決するソリューション 「フォトナビ・目視レス」

異物混入を発見!パーツや具材の過不足を自動判定

人間が目で見て脳で判断する感覚に近しい独自開発の画像認識アルゴリズムで、画像の中から特定の条件に当てはまる領域を検出したり、類似する色・形・ 模様などを瞬時に自動検出いたします。機械学習・ディープラーニング等では判定の困難な不定形物も対応可能です。外観検査工程での活用が可能で、カメラの選定や外部センサーとの連携や、コンピューターシステムまでのトータルソリューションをご提案致します。

企業・団体情報

ヒトの視覚を超える画像認識技術

要素技術の積み上げではなく、「目、耳など五感から得た情報を人間の脳がいかに処理し、そして感じているか?」を原点とした様々なアルゴリズムを独自開発。人間の感性を超える認識テクノロジーでお客様の課題を解決いたします。

企業名
株式会社ゼータ・ブリッジ
所在地
〒141-0032
東京都 品川区大崎 1-6-4新大崎勧業ビルディング(大崎ニューシティ4号館)5階
設立年月
2001年10月
従業員規模
11名-50名
URL
https://www.zeta-bridge.com