資料ダウンロード

これより先のページはユーザー登録が必要です。
登録をご希望の方は新規ユーザー登録から登録して下さい。

PRODUCTS DETAIL

ファイル暗号化・DRM/IRMソリューション「DataClasys(データクレシス)」

情報セキュリティの最後の砦!

情報化社会の進展に伴い、サイバー攻撃手法は日々進化し多様化・巧妙化の一途を辿っていくなかで、大企業へのサイバー攻撃やそれに伴う情報漏洩のニュースが世間を騒がせています。さらに中小企業も、標的型攻撃やサプライチェーン攻撃等のリスクにさらされています。
また、社員による機密情報の不正持ち出しなどの内部犯行、メールの誤送信などのミス、業務端末の紛失・盗難などの事故など、情報セキュリティリスクは多岐にわたります。これらすべてに対して対策が必要ですが、それぞれに対応していたのでは費用も手間も膨大になってしまいます。

そういった様々な情報漏洩リスクの根本対策となるのが、ファイル暗号化・DRM/IRMソリューションです。ファイルを暗号化し、暗号化したまま業務を運用することで、万が一ファイルが漏洩してしまった場合でも、情報自体は漏洩しません。また、操作権限を管理することで、内部犯行やミスなどが原因の情報漏洩リスクを最小限にすることができます。

製品・技術の特長

FEATURE 01

様々なアプリケーション・ファイル形式に簡単に対応可能

DataClasysは、OSレベルでの制御と拡張子に依存しない設計により、様々なアプリケーション・ファイル形式に簡単に対応が可能です。この特長により、以下のメリットが生まれます。
【保護したいファイル形式を扱うアプリケーションを限定しない】
DataClasysでは、利用者がいままで使用していたアプリケーションをそのまま暗号化したファイルでも使用することができますので、生産性を落とさずに運用が可能です。
【専門的なアプリケーションにも簡単に対応可能】
オフィスやPDFのようなメジャーなアプリケーションだけではなく、CADやDTP、動画などの、他社ソリューションでは対応が難しいアプリケーションにもDRM/IRM制御を追加できます。
【すべてのデータを統合的に保護・管理可能】
DataClasysでは、アプリケーションやファイル形式毎に異なるソリューションを使う必要がありません。すべてのデータをDataClasysで統合的に保護・管理することが可能になり、高いセキュリティを低い運用コストで実現できます。

FEATURE 02

柔軟性の高い自動暗号化機能

DataClasysは、柔軟性の高い自動暗号化機能を有しています。これにより以下のようなことが可能です。
【利用者や管理者の手を煩わせない暗号化】
既存のファイルサーバや利用者端末、クラウドストレージに至るまで、様々な場所を自動的に暗号化できるため、利用者や管理者の操作に頼らずにセキュリティを確保することができます。
【NAS・クラウドなどの広い適用範囲】
NetApp、EMC、Isilon、Buffalo、IODATAなど、様々なNASへの対応実績がありますので、既存の資産をそのまま活かすことができます。
また、広く活用されはじめたクラウドストレージに対しても自動的な暗号化を施すことが可能です。Box、Dropbox、Office 365、ShareFileなど、ご使用中のクラウドストレージをお知らせください。
【暗号化対象・対象外のきめ細やかな制御】
暗号化の対象または対象外とする場所やファイル名・ファイル形式などをきめ細やかに設定することができますので、運用に対する様々なご要望に対応することが可能です。

FEATURE 03

一度暗号化したファイルは暗号化したままで運用

DataClasysでは、ファイルは暗号化したままで、メモリ上でデータのみを復号してアプリケーションに引き渡します。この仕組みにより様々なメリットが享受できます。
【どこにいっても暗号化】
ディスク暗号化・フォルダ暗号化・ファイルサーバ暗号化などのいわゆるエリア暗号化ソリューションでは、暗号化エリアから外に出したファイルは復号されて平文に戻ってしまいます。
DataClasysでは、一度暗号化したファイルはどこに持っていっても暗号化されたままですので、セキュリティの範囲が限定されません。
【使用中も暗号化】
他社のファイル暗号化ソリューションの中には、平文ファイルを作成してそれをアプリケーションに渡している場合があります。
DataClasysでは平文ファイルは作成しないので、高いセキュリティを確保できます。
【機能が損なわれない】
暗号化してもファイル名や拡張子が変わったりしませんので、暗号化前に使用していたアプリケーションの機能を損なうことなくそのまま使用することができます。マクロやリンクなどにも影響を与えません。3D CADのような複数ファイルから構成されるデータにもそのまま対応が可能です。
また、全文検索や個人情報検出など、外部システムとの連携も容易です。

FEATURE 04

緻密な機密情報管理と低い運用負荷

DataClasysは、緻密な機密情報管理を低い運用負荷で実現することを可能にしています。
【機密区分による管理】
ファイルを重要度に応じて管理することが、ISMS(ISO/IES27001)、BS7799や行政文書の電子的管理などで求められています。DataClasysでは、ファイルの機密性や重要度に応じた機密区分を設定し、ファイル単位やフォルダ単位での管理が可能なため、本来守るべき情報資産を的確に管理できます。
【ユーザの利用実態に柔軟対応】
機密区分に対しては、ファイルを利用するユーザの所属情報に応じて権限が自動的に設定されます。権限設定はサーバで管理しているため、暗号化されたファイルはそのままに各ユーザに対して権限の付与・剥奪を反映できます。また、人事異動等により暗号化ファイルに対する権限を振りなおしたりする必要がありません。
【Active Directory連携】
Active Directory連携機能により、Active DirectoryのアカウントをDataClasysに自動的に取り込むことが可能です。これにより管理者はActive DirectoryとDataClasysの二重管理をする必要がなくなり、アカウント管理の手間を大幅に削減することができます。Active Directory側のスキーマを拡張する必要もありません。

動画

用途例

個人情報管理

個人情報検出ソフト「P-Pointer」と連携して、個人情報を含むファイルを自動的に検出・暗号化することにより、個人情報の漏洩を防止した。万が一ファイルが漏洩したとしても、情報自体は暗号化されていて利用することができず、被害を最小限に留めることができた。

テレワーク環境

テレワーク環境の整備を計画する中で、社外でもデータを扱うことによるセキュリティリスクの増大を懸念していた。すべてのファイルを暗号化することにより、利便性を損なわずにセキュアなテレワーク環境を実現できた。

設計データ管理

設計業務を中国拠点で行いたいが、設計データの漏洩の懸念があり、3D CADデータをそのまま渡せないなど、非効率な運用で行っていた。DataClasysでは3D CAD図面ファイルも暗号化してそのまま利用できたので、安心して中国で設計業務を行えるようになり、業務効率が大幅に向上した。

PCI DSS管理

クレジットカード会員データを安全に取り扱うための業界セキュリティ基準であるPCI DSSを満たすためのセキュリティ対策を検討していた。DataClasysでカード番号を個人情報ファイルを暗号化することで、ファイルがクラウドストレージ等も含めてどこに存在していても、安全性を確保することができるようになった。

情報持ち出し対策

社員が転職により退職するときに重要データを持ち出し、競合他社に情報が渡ってしまうことが発生していた。これを防止するため、一切の告知をせずに、土日の間に全業務ファイルを暗号化した。月曜日以降の業務に混乱が発生することも覚悟していたが、利便性がほとんど変わらなかったため、大きな問題もなく業務を継続することができた。

エリア暗号化からの乗り換え

従来よりセキュリティ対策としてファイルサーバ暗号化製品を利用していたが、エリア暗号化であるため、成りすましや標的型攻撃等による情報漏洩を防ぐことができないという問題があった。DataClasysに乗り換えることで、ファイルサーバから外に持ち出された後もセキュリティが確保できるようになった。

よくあるご質問

Q
評価版はありますか?
A
30日間機能制限なくお試し頂ける無償評価版をご用意しております。
ご希望の際は弊社営業窓口までお問い合わせください。
Q
管理可能なファイルに条件や制限はありますか?
A
DataClasysの仕様によるファイルのフォーマットには利用制限はありません。
Windows で扱えるファイルは一部を除き全て暗号化でき、暗号化したまま、編集・印刷などの操作が可能です。
Microsoft Office(2003-2016:Word、Excel、PowerPoint、Access)、Adobe Reader、LibreOffice、一太郎などのビジネス系ソフトウェアからAutoCAD、CATIA、CREO、NX、Adobe Illustrator、Adobe PhotoshopなどのCAD・デザイン ソフトウェアまで、それらで作成したファイルを暗号化したまま利用可能です。(弊社での動作実績)
Q
自社の文書管理システムとDataClasysを連携させたいのですが、プログラム的に自動暗号化や復号はできますか?
A
連携の内容にもよりますが、DataClasysで使用できる各種のコマンドラインインターフェスを『開発キット』というオプション製品でご用意しています。
暗号化・復号・削除等のコマンドがありますので、バッチプログラムや連携先プログラムに組み込んでご利用いただくことが可能です。
Q
DataClasysでファイルを暗号化したまま全文検索ができますか?
A
DataClasysマネージャクライアントで全文検索のアプリケーションを登録していただければ、DataClasysで暗号化したファイルの内、更新/閲覧権限のあるファイルを全文検索可能です。
これまで弊社では、ジャストシステム社の『CBES(ConceptBase Enterprise Search)』、住友電工情報システム社の『QuickSolution』、フリーソフトの『Fess』にて動作を確認しています。他の全文検索システムについては、DataClasys無償評価版にて動作をご確認ください。
Q
クラウドストレージのファイルを守ることは可能ですか?
A
可能です。用途や想定されるリスクなどにより様々なクラウドストレージとの連携方法を用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Q
暗号アルゴリズムは何を使用していますか?強度は大丈夫ですか?
A
公開鍵暗号方式としてRSA2048ビット、共通鍵暗号方式としてAES256ビットを使用しています。これらは、暗号技術検討会及び関連委員会(CRYPTREC)により安全性及び実装性能が確認された「電子政府推奨暗号リスト」に記載されているものです。
Q
製造業での導入実績はありますか?
A
CADデータを含む設計情報の漏洩対策として様々な製造業にてご利用頂いています。
特に設計の効率化や納期短縮を目的とした海外拠点へのデータ提供のセキュリティ対策や設計外注とのデータやり取りからの漏洩対策などで活用頂いています。
また各種PDMやPLMと連携した運用実績もあります。
Q
金融業での導入実績はありますか?
A
金融機関においては金融庁からの監査対応として様々なセキュリティ対策をされているなか、さらなる対策の手段としてファイルの暗号化を選択されています。
またカード業界ではPCI DSSに準拠したセキュリティ対策としてカード会員データを暗号化にて保護することでご利用頂いています。
Q
官公庁や自治体での導入実績はありますか?
A
中央省庁や独立行政法人、自治体でもDataClasysをご利用いただいています。年金機構や自治体への標的型攻撃による漏洩事件を契機にDataClasysの導入が進んでいます。
特に、自治体情報システム強靭化対策として県庁、区役所、中核都市、市町村などでご利用いただいています。また、中央省庁の行政文書のデジタル化に伴い独立行政法人や中央省庁からのお問い合わせも増加しています。
Q
教育機関での導入実績はありますか?
A
国立大学や私立大学でのご利用の他、文部科学省の教育情報セキュリティガイドラインに沿った校務系・学習系・インターネット接続環境の分離環境にDataClasysを導入させていただいています。
外部への漏洩だけでなく児童・生徒から校務系ファイルへの不正アクセス、いたずらから守るシステムを実現しています。

お客様の声

協同組織金融機関
DataClasysを一度導入してしまえば、ユーザーや管理者は何も意識する必要はなく、普段通り仕事をしているだけで、後はシステムが勝手にファイルを暗号化して守ってくれます。利用や運用にほとんど手間が掛かりませんし、万が一ファイルが流出してしまっても、中身の情報は暗号化されており漏えいしませんから、セキュリティを管理する立場としても安心感が増しました。
輸送用機器製造企業
ファイル個別の面倒なパスワード管理が不要になったため、ファイルを送る側と受け取る側の双方で余計な手間がなくなりました。さらには、送る側でいちいち図面ファイルを紙に印刷してスキャンする必要もなくなったため、「業務効率が大幅に改善した」と現場ユーザーにも大変好評です。

その他

特許
第3919700号 「暗号システム及びその暗号文処理方法」

企業・団体情報

企業名
株式会社DataClasys
所在地
〒101-0032
東京都 千代田区岩本町 1-10-5 TMMビル7F
設立年月
2018年10月
従業員規模
11名-50名
URL
https://www.dataclasys.co.jp

この製品・技術の資料・お問い合わせ