これより先のページはユーザー登録が必要です。
登録をご希望の方は新規ユーザー登録から登録して下さい。

ジョイテック株式会社へ
オンライン名刺をリクエストする

オンライン名刺のURLを入力し「名刺交換リクエスト」ボタンを押してください

オンライン名刺URL * 必須項目

担当者へのメッセージ

オンライン名刺をお持ちでない方

オンライン名刺交換機能とは、Sansan株式会社が提供する名刺管理サービスです。

powered by Sansan, Eight

リクエストを送信しました

オンライン名刺交換リクエストを送信しました。
出展企業からのお返事をしばらくお待ちください。

PRODUCT DETAIL

BOARD@白板家(はくばんや)

MESSAGE

ジョイテック株式会社

ジョイテック株式会社

当社では、会議や授業でのホワイトボード(黒板)への板書を電子化したい、データで保存したい、というニーズに応える製品「白板家」を提供しております。既存のホワイトボード・マーカーをそのまま使用できること、表示される板書の精度・反応速度の良さ、低コストが大きな魅力です。

業務の中でホワイトボードを使用する全ての方にご覧いただきたい製品ですが、オンラインで会議や授業を行なう方にとっても、遠隔地と鮮明な板書情報を共有できる非常に便利なツールです。

無料トライアルや製品デモ、お見積依頼は随時受け付けておりますので、ぜひお気軽にお声掛け下さい。
また、白板家を販売したい、という代理店様も随時募集しております。よろしくお願い致します。

概要

既存のホワイトボード・マーカーでの板書をデジタル化。 会議や授業の板書をデータで保存・共有。 Web会議システムと一緒に活用し遠隔地でも板書を共有。

開発にあたって、既存の電子ボードとどのように差別化を図るかが大きなテーマでしたが、答えは、「普通のホワイトボードに板書する時と同じ書き心地」でした。

既存の電子ボードは特殊な電子ペンを使用するものが殆どで、普通のホワイトボードと同じ感覚で板書すると、画面上に上手く表示されないというケースが多々あります。いつも通り書けないことは使用する側にとって大きなストレスになり、せっかく高い費用を払って導入しても使われなくなってしまいます。また、特殊な電子ペンは最初に面倒なセッティングが必要となることや、壊れた場合、修理または交換が必要になる点もネックになっており、これらの問題を解決できる画期的な製品を作ろうと考えました。

そこで生まれたのが、白板家という製品です。白板家は赤外線タッチの技術を応用して、普通のマーカーと普通のホワイトボードをそのまま使用できる全く新しい電子ボードです。価格も電子ボード市場の中では、最安値の価格帯を実現しました。

特長

FEATURE 01

既存のホワイトボード・マーカー・イレーザーをそのまま使用でき、 板書をリアルタイムにPC画面上に表示・保存できます。

赤外線センサーを内蔵したフレームを、ホワイトボードに取り付けて使用します。フレーム裏面にマグネットシートが貼ってあり、簡単に取り付けることができます。板面上を赤外線が通っており、マーカー・イレーザーや指が触れることで赤外線が遮断され、位置・動きを検出できる仕組みです。板書情報は、ワンタッチでJPEGデータで保存することができます。板書の反応速度・精度も非常に高く、普通のホワイトボードの感覚で使用できる全く新しい電子ボードです。

FEATURE 02

Web会議システムの画面共有機能と連携し、遠隔地と共有。

PC画面上にホワイトボードの板書を表示できますので、Web会議システムの画面共有機能を一緒に使用することで、他のPC(遠隔地)でも板書を共有することができます。
板書をカメラで撮りながら配信する必要がなく、また、カメラで配信するよりも綺麗に鮮明な板書を見せることができます。
※画面共有機能があれば、どのWeb会議システムでも連携可能です。

動画

用途例

会議や打合せでの利用

【ホワイトボードを有効活用し、会議を活性化&効率化。ペーパーレスも推進。】
ホワイトボード活用のメリット・・・議論が空中戦にならず、参加者の意識が1点に向きます。結論をボード上でまとめて、白板家でデータ保存することで業務を効率化できます。
会議後の議事録作成が不要になります。

講義・研修での利用

広い会場で講義や研修を行なう際に、ホワイトボード(白板家)への板書を、PCを通してプロジェクターやディスプレイで大画面に表示することができます。後方の席に座る方でも板書内容を見やすく、鮮明に確認できます。

オンラインでの利用
(Web会議/オンライン授業・セミナー)

既存のWeb会議システムの画面共有機能を一緒に利用することで、オンラインでの打合せや研修の際に、板書情報をPCを通して遠隔地にとって、非常に見やすい形で配信することができます。

よくあるご質問

Q
板面上の付箋やマグネットの内容を取り込むことはできますか?
A
白板家は赤外線のセンサーによって、マーカー・指・イレーサーの動きを検知する仕組みで動いているため、
付箋やマグネットに書かれている内容を読み取ることはできません。
Q
PC画面に表示したPowerPointやPDF等の会議資料の上に書き込むことはできますか?
A
できません。ホワイトボードの板書をデジタル化するのが、白板家の主な機能です。
Q
フレームを折りたたんだり、分解したりすることはできますか?
A
いずれもできません。お客様で分解された場合は、保証の対象外になります。
Q
板書内容をPDFで保存できますか?
A
PDFでは保存できません。JPEGでの保存になります。
保存したJPEGデータはお客様で自由に編集・加工できます。
Q
自社のホワイトボードサイズに合わせて、フレームをカスタムで製作してもらうことはできますか?
A
可能ですが、最低ロット数の設定があります。(サイズによって異なります。)
また、価格も割高になりますので、標準品でのご検討をお勧め致します。

お客様の声

製造業 人事部様 コンサルティング会社様
Web会議システムを通して、オンラインで研修を配信しています。
講師の方が板書をした際には、カメラでホワイトボードを撮影して配信していましたが、
カメラの画質が悪かったり、蛍光灯が映り込んだりして、配信先では板書が非常に見にくい状況でした。
白板家とWeb会議システムの画面共有機能を活用することで、配信先でも板書を鮮明に確認することができ、
受講者の理解度が向上しました。
システム会社様
会議で図やイラストをホワイトボードに書きながら議論することが多く、
それをそのままデータで保存できるのが魅力的です。
会議後はデータで参加者と板書情報を共有しています。
専門学校様
大きな教室で授業を行なう際に重宝しています。
教室後方に天吊りのモニターがあり、白板家を通してそこに板書情報を映すことで、
後方に座る学生も板書を鮮明に見ることができます。小さい文字でもきれいに表示されるので、
講師の方が字の大きさを気にすることなく板書できるのも良いです。

スペック・仕様

サイズ

タッチフレームセット・・・46・55・62インチ
ホワイトボードセット(片面脚付き)・・・58・76インチ

電源 消費電力

USBバスパワー <2W

入力方法

タッチフレームセット・・・ホワイトボードマーカー イレーザー 指 チョーク
ホワイトボードセット・・・ホワイトボードマーカー イレーザー 指

タッチフレーム材質

アルミ

USBケーブル長さ

1600mm
※USB延長ケーブルを使用可能ですが、全ての製品に対応しているわけではありませんので、ご了承下さい。
ブースター内蔵タイプ推奨。

対応OS

Windows7,8,10 Mac OS 10.10以上

反応速度

7ms

企業・団体情報

企業名
ジョイテック株式会社
所在地
〒252-0303
神奈川県 相模原市南区相模大野 7-7-4
設立年月
2004年11月
従業員規模
11名-50名
URL
https://www.joytec.jp/