これより先のページはユーザー登録が必要です。
登録をご希望の方は新規ユーザー登録から登録して下さい。

新電子株式会社へ
オンライン名刺をリクエストする

オンライン名刺のURLを入力し「名刺交換リクエスト」ボタンを押してください

オンライン名刺URL * 必須項目

担当者へのメッセージ

オンライン名刺をお持ちでない方

オンライン名刺交換機能とは、Sansan株式会社が提供する名刺管理サービスです。

powered by Sansan, Eight

リクエストを送信しました

オンライン名刺交換リクエストを送信しました。
出展企業からのお返事をしばらくお待ちください。

PRODUCT DETAIL

オーダーメイドの検査装置

「一度、新電子の製品を使ってみませんか?」

新電子は、これまで業界問わずオーダーメイドで、数多くの装置を製作いたしました。
その中には、仕様書もなく手探りで、お客様と会話を重ねながら製作した装置や数々のメーカーに断られ続けてきた自動化案件を長年検証させて頂き装置化した実績もございます。
お客様からのお問い合わせを親身になって、様々な角度から解決策を模索していく、そのような経験や多くの検証実績が、新電子の技術力やノウハウとして蓄積されております。
自動化でお悩みのお客様、どこに相談しても実現できなかった自動化の課題、あきらめる前に「一度、新電子に相談してみませんか?」
こういう検査がしたい、この工程を自動化したい・・・お気軽に新電子にご相談ください。

MESSAGE

新電子株式会社
営業技術部 水坂 満

新電子株式会社 営業技術部 水坂 満

「もし、こんなことができたら・・・」
新電子の装置は、お客様の「もし・・・」から始まります。

新電子は、電気・画像すべてに渡る知識と技術力を持つスタッフをそろえ、より合理的・機能的・有機的な装置の実現を可能にします。
奇想天外で、しかも意外な分野の難問にも新電子は独創的な装置づくりでお役に立ちます。

特長

FEATURE 01

弊社独自の新方式で行う
【LED検査機】

弊社のLED検査機は、カメラの明るさを8段階変更しながら複数枚撮影し、広いダイナミックレンジで検査を行う独自の新方式を採用しました。カメラの明るさを段階的に変更することによって、LED点灯時の白飛びがなくなり、どのようなLEDでも共通設定でON/OFF、色違い、明るさ違いを検出することが可能です。また、カメラの明るさを段階的に変更しながら撮影することで、カメラが最適な明るさを自動判定するため、設定等に手間がかかりません。本ユニットは、カメラ・カメラケーブル・PC(ソフト付き)の3点セット!!お客様のほうで取り付け場所等を自由に選択できます。ご希望あれば、点灯治具も製作いたします。

FEATURE 02

画像検査装置と目視支援装置が一体となった
【インライン型画像異物検査装置】

高解像度と低解像度2台のラインカメラを搭載し、検出精度に合わせたカメラ選択で基板上並びに狭ピッチのリード間の異物を高速スキャンします。弊社独自の撮影ユニットと画像処理で基板上の異物を逃しません!!また、異物が検出された基板は、目視支援ステージに自動搬送され、上+斜め2台のカメラで検出した異物をリアル画像でチェックすることができます。

FEATURE 03

上+斜め2台のカメラユニットを上下に搭載し、基板両面を同時検査!!
【両面画像検査装置】

撮影ユニットには、固定の上カメラと360°回転する斜めカメラの2台を搭載、照明は、部品用と半田用2種類の切替方式で、多角度からの自動検査が可能です。また、撮影ユニットを上下に搭載することで基板両面を同時に検査します。基板表裏の検査データの統一や基板片面にしかシリアルが印字されていない際のログの統一も可能、そしてなにより1台で両面検査のため、装置コストの低減と省スペース化が可能となります。装置ラインナップは、インライン型・オフライン型をご用意!!

★両面画像検査装置の特徴
①上+斜め360°の2台のカメラにより、多角度からの自動検査が可能
②カメラユニットを上下に搭載し、基板両面の同時検査が可能
③Z軸を搭載し、背の高い部品面にもピント合わせが可能

FEATURE 04

ロールtoロールのシート上の異物や密度を自動検査!!
【光透過検査装置】

光透過検査装置は、シートの上下に照明を搭載し、上照明ではシート上の異物や汚れ・穴を検出、下照明は輝度を複数段階変更しながら撮影し、輝度の異なる画像を複合させる弊社独自の光透過処理により、シートの密度を測定することが可能です。エンコーダからのトリガーを受け、高速カメラで流れるシートを連続撮影+高速処理で判定結果を1シートの画像にし表示します。また、シート単位で検査ログと画像を保存も可能です。シートの全長や速度は、お客様のご仕様に合わせ撮影ユニットを構成いたします。シート下面にカメラを取り付けることで、両面の検査も可能です。

FEATURE 05

スルーホール奥のピン座屈を検出!!
【プレスフィットコネクタピン座屈検査装置】

プレスフィットコネクタピン座屈検査装置は、通常のカメラでは検査不可能なスルーホール奥のピン座屈を弊社独自のカメラユニットを使用することで撮影に成功しました。500万画素のカメラとテレセントリックレンズで構成された座屈用カメラユニットは、同軸照明とTop照明2種類を搭載し、スルーホール内部のピン先端にピントを合わせピン座屈・ピン長短を安定して捉えます。

本装置の特徴は、以下の通りです。
①500万画素のカメラとテレセントリックレンズでスルーホール内のピン先端を捉え、座屈有無を高速検査。
②レーザーユニットを搭載し、基板の歪みや反りの形状による高さの影響をカメラがZ軸可動することにより軽減。
③部品用カメラユニットを搭載することで、座屈以外にコネクタ極性や部品検査が可能。

弊社独自の撮影ユニットと検査アルゴリズムで、これまで不可能だったプレスフィットコネクタのピン座屈の自動検査が可能となります。

よくあるご質問

Q
画像検査以外にも電気検査やファンクション検査、組立ラインの省力化設備の製作も可能ですか?
A
はい、可能です。
最近では個々のお客様のニーズに合わせた省力化設備のご依頼の方が多い時期もございます。
お客様がお考えになる設備の構想をお聞かせ頂ければ、私達が実現させて頂きます。
Q
要望する検査内容に適した検査機がなく、こんな検査がしたいんだけど・・・こんなワークの検査ってできますか?
A
ワークを見ただけでは、検査できます!とは言い切れませんが、まずはお客様が現在抱えている課題や疑問をぜひ新電子にご相談ください。
サンプルワークをお借りできれば、社内で撮影検証を行い、実現の可否をレポートして報告させて頂きます。
Q
市販の検査ユニットでは満足に検査ができません。 どこのメーカーに相談しても「できない」と言われたのですが・・・
A
お客様の検査要望をぜひ新電子にご相談ください。
弊社は、お問い合わせの時点でお断りすることはいたしません。
新電子独自の発想で、お客様のご要望の装置の実現に努力いたします。
Q
現在の生産ラインの工数を減らしたいと思っています。 人の作業工程の自動化を検討しているのですが・・・
A
お客様がご検討されている生産ラインの自動化構想をお聞かせください。
各種生産設備から検査装置に至るまで対応させて頂きます。
Q
装置ではなく、検査ユニットや画像処理ソフトのみの対応も可能ですか?
A
弊社では、装置以外にも画像検査ユニットをお客様の現在ご使用中の装置内に取り付けたり、画像処理ソフトのライセンスの販売も行っております。
特に画像処理ソフトは、弊社内で全ての検査アルゴリズムを開発しておりますので、市場にない斬新な検査方法も開発も可能です。
Q
この画像ユニットを使用した装置を作ってほしいのですが、可能ですか?
A
はい、可能です。
弊社は、社内でメカ設計・電気設計・PLC・PCソフトの開発が可能ですので、お客様からご指定頂いた他メーカーの画像ユニットを使用した装置開発もお受けしております。

企業・団体情報

企業名
新電子株式会社
所在地
〒181-0014
東京都 三鷹市野崎 3-22-20
設立年月
1966年9月
従業員規模
11名-50名
URL
https://www.shindenshi.co.jp