これより先のページはユーザー登録が必要です。
登録をご希望の方は新規ユーザー登録から登録して下さい。

PRODUCTS DETAIL

機械加工・工具管理システム WinTool (ウィンツール)

機械加工業務プロセスの最適化に貢献する工具管理ソフトウェア。社内で分散されがちな切削工具・ツーリング情報を一元管理し、加工工程設計・加工工程検討・加工準備・段取り作業の業務効率化を支援します!

WinTool(ウィンツール)ソフトウェアの開発元であるWinTool社は、スイスに本社を構える、機械加工業務分野に特化したソリューションプロバイダーです。1980年の設立後、欧州を中心にビジネスを行い、米国や中国に展開、日本におけるマーケティング活動は2018年から開始しています。

WinToolは、工具管理機能を中心に、機械加工業務プロセス全体を最適化することに貢献することをコンセプトにしたソフトウェアです。WinToolを活用することで、工具データ・工具情報を一元管理するだけでなく、機械加工業務で使用するファイル・データを製造パーツ(部品)別に整理整頓することができます。そして、これらのCNCマスタデータをベースに、生産技術領域のCAMシステムやNC加工シミュレーションシステム、加工現場領域の工具収納管理システムやツールプリセッタやNC工作機械と連携を行えます。また、MES/製造実行システムやERP/生産管理システムやPLM/製品ライフサイクル管理といった業務管理システムとも連携し、機械加工業務プロセスのデジタル化を実現します。

製品・技術の特長

FEATURE 01

自社の切削工具・ツーリング情報を一元管理するプラットフォーム

社内で分散管理されがちな切削工具・ツーリング・冶具・測定機器等のデータを集中管理する工具/生産資源ライブラリを構築することができます。工具コンポーネントデータは、ISO13399やDIN4000に準拠したデータをインポートすることができ、MachiningCloudやToolsUnitedといった工具クラウドから取り込むことができます。
また、工具データ登録作業を簡素化するコピー機能、回転工具のDXF自動作成および工具輪郭自動作成、外部デジタル情報の取り込みといった機能を備えています。また、工具コンポーネントデータのアセンブリについては、DXFの自動アセンブリ・工具輪郭の自動アセンブリ・STEP/STLの自動アセンブリといった機能を備えています。

WinToolを活用して自社特有の工具/生産資源ライブラリを構築することにより、欲しい工具情報にすばやくアクセスでき、自社工具の有効活用を促進できます。また、部門を跨る情報共有を促し、工具カタログデータのみならず自社のノウハウを蓄積するナレッジベースを築けます。

FEATURE 02

機械加工における生産技術業務を効率化

WinTool工具ライブラリからアセンブリ工具データを選択し、自社で使用しているCAMシステムやNC加工シミュレーションシステムへ転送することができます。アセンブリ工具データの形状値以外に工具の3D表現や被削材に対する切削条件情報を転送できます。そして、NCプログラム完成後、該当するアセンブリ工具のリスト情報をWinToolへ転送し、WinToolで工具リストを自動生成し、続く機械加工業務プロセスで活用することを可能にします。

機械加工工程設計・検討時に工具を選択する際に、自社で該当する工具を保有しているかどうか、自社に在庫がいくつあるか、NC工作機械上のポットを含む工具所在情報を把握しながら、工具を選択することができるようになります。特に複数のCAMを運用している場合に有用で、各々のシステムで保持している工具データを集中管理することができます。

FEATURE 03

機械加工現場における加工準備業務を効率化

WinToolの工具ライブラリから出力する正確な工具リスト情報・アセンブリ工具情報により、正確に必要なコンポーネント現物を工具室から払出し、正確にアセンブリ工具現物を組付け、正確にNC工作機械に供給することを支援します。工具の入出庫に関しては、バーコードリーダーとのインタフェースを使用して入力を簡素化することも可能で、工具を収納するハードウェアとソフトウェアが一体になった工具収納管理システムと連携することも可能です。

WinToolはNC工作機械に装着するアセンブリ工具現物の情報をジョブ情報と合わせて管理することもできます。ジョブに紐づく工具リストデータと、NC工作機械上を含む自社に存在するアセンブリ工具現物の情報を比較し、具体的にどの工具現物を次のジョブで使用するか、工具現物の割り当て策定を支援します。
さらに、加工準備作業を中心にジョブのプロセスを管理することで、作業ステップを可視化できます。APS(生産計画スケジューラ)、MES(製造実行システム/工程管理システム)、MMS(マシン管理システム)と連携し、より緻密な加工準備に役立てることも可能です。

用途例

自社が保有する工具/生産資源データベースの構築

WinToolは、工具データをコンポーネント(ドリル・ホルダ・インサート等、各単体)・アセンブリ工具(複数のコンポーネントを組付けたもの)・工具リスト(NCプログラムで使用するアセンブリ工具の一覧)の3階層で、互いに関連付いた形で保持します。また、工具ライブラリは、治具や測定機器なども合わせて管理することができるため、生産資源ライブラリともいえるものです。

機械加工業務で使用するファイル・データの一元管理

工具情報のみならず、CAD/CAMデータ・NCプログラム・段取り手順書等を製造するパーツ(部品)単位ごとにワンストップで管理することができます。さらに、加工現場で発生した情報、例えば最適化したNCプログラムや加工現場の動画・画像等を合わせて保存・管理することにより、機械加工業務ナレッジベースとしての役割を担うことも出来ます。生産技術・加工現場間のコミュニケーション円滑化に大いに役立ちます。

CAMシステム連携・NC加工シミュレーションシステム連携

WinTool工具ライブラリで一元管理している工具データをCAMシステムやNC加工シミュレーションシステムに展開し、各々のシステムで使用できます。自社保有工具の状況・状態を確認しながら機械加工工程設計・機械加工検討で工具データを使用できます。さらに、当該工具データを機械加工業務プロセス全体に渡って活用することができます。

自社保有工具の在庫管理

自社にある工具の在庫状況を可視化し、適正在庫および適切な発注を統制することができます。工具コンポーネントごとに在庫数・有効在庫数・発注残を管理し、発注点基準を設けておくことで工具購買要求データを自動生成し、ショッピングカートで確認することができます。工具管理担当者が工具の供給を正しくタイムリーに行えると共に、加工計画担当者は、工具の供給ボトルネックを事前に認識することができます。

機械加工作業プロセス管理

加工現場における機械加工作業プロセスを管理することで、各ジョブの加工準備ステータスを可視化することができます。工具の状況把握に要する時間を短縮すると共に、該当するNCプログラムの工具リストと自社にあるアセンブリ工具現物の所在情報・状態情報から最適な工具取り付け計画を支援します。また、APS(生産計画スケジューラ)、MES(製造実行システム/工程管理システム)、MMS(マシン管理システム)と連携し、より緻密な加工準備に役立てることも可能です。

よくあるご質問

Q
ソフトウェアライセンス体系はどのようになっていますか?
A
工具/生産資源ライブラリを構築する基盤モジュールを中心に、オプションとして機能要件に合わせて各モジュールを追加することができます。全体のシステム像を描きながら、小さくソフトウェア導入プロジェクトを開始することが可能です。
Q
ソフトウェア導入にどのような作業が必要ですか?
A
WinTool Japanは、お客様のプロジェクト体制を考慮しながらフレキシブルに導入支援サービスを提案・提供させて頂きます。お客様側の作業としては自社が保有する工具情報の整備がプロジェクト当初の主要タスクになりますが、システムデザイン・コンフィグ設定は、WinToolコンサルタントと共にプロジェクトを推進していく形になります。
Q
なぜ、WinTool(ウインツール)?
A
WinToolはソフトウェアメーカーによって開発された工具管理プラットフォームです。WinTool社は機械加工業務分野に特化したソフトウェアビジネスを始めてから40年、WinToolソフトウェアは20年以上におよぶ継続的な開発で、洗練された機能と使用しやすさ及び保守のしやすさが組合った、よく考案されたソフトウェアソリューションです。
また、WinTool Japanは、ソフトウェアを提供するだけでなく、責任感をもった態度で、お客様の課題・問題を解決し、工具管理プラットフォームが貴社の利点になるすべての可能性を提供します。

お客様の声

設備機器メーカー様
【課題】
● 自社に工具データベースが9つある状態でした。各々異なるシステムで工具情報を保持しており、膨大な間接費の原因かつ工具標準化等のカイゼンを阻害する原因になっていました。
● 数字だけでグラフィクスが無い古いシステムを使用しており、工具段取りに手間・作業に時間を要する状況でした。
【WinTool導入メリット】
● 工具管理システムとして使用しやすく理解しやすく、機械加工準備作業のスピードアップ・ミスの減少につながりました。
●以前よりタイトに機械加工作業スケジュールを計画することが可能になりました。
●加工現場とCAMソフトウェアで同じ工具データ・工具情報を使用することにより、ムダな突合せ作業が不要になりました。
機械部品メーカー様
【課題】
● 4,000種類を超える工具をツーリングする複雑な要件があり、工具をタイムリーに準備することが困難で、NC工作機械の稼働率にも悪影響を与えていました。
● 製造スケジュール遅延を招く問題発生を事前防止し、工具段取り時間の短縮を図りたいと考えていました。
【WinTool導入メリット】
● 機械加工業務に携わるすべての作業者が最新の工具データにオンラインでアクセス、各自の席から離れることなく、工具の利用可否や所在を把握することができるようになりました。
● 数回のマウスクリックで工具アセンブリを定義し、セットアップ組合せのすべての可能性を評価できるようになりました。
●素早く代替工具もしくは切削条件を検索し、予期しない切削問題に対して迅速に対処できるようになりました。
航空機部品メーカー様
【課題】
● 機械加工ラインの複雑さや5軸マシンの使用により、機械加工業務において処理するデータ量が増加。CAMソフトウェア・Excelシート・FMS管理ソフトウェア等、数種類のシステムで工具情報が分散している状況でした。
● 製造品質の更なるカイゼン、業務ワークフローのカイゼンを図りたいと考えていました。
【WinTool導入メリット】
● CAMソフトウェア・NC加工シミュレーションシステムでより正確な検証を実施できるようになりました。
● NC工作機械オペレータがNCプログラムと工具リストを容易に管理できるようになりました。
● 工具の標準化、工具在庫の減少を実現できました。

企業・団体情報

企業名
WinTool Japan
所在地
〒532-0004
大阪府 大阪市淀川区西宮原 1-8-24新大阪第3ドイビル6F
設立年月
2018年8月
従業員規模
10名以下
URL
https://www.wintool.com/ja

この製品・技術の資料・お問い合わせ