資料ダウンロード

これより先のページはユーザー登録が必要です。
登録をご希望の方は新規ユーザー登録から登録して下さい。

株式会社横浜環境デザインへ
オンライン名刺をリクエストする

オンライン名刺のURLを入力し「名刺交換リクエスト」ボタンを押してください

オンライン名刺URL * 必須項目

担当者へのメッセージ

オンライン名刺をお持ちでない方

オンライン名刺交換機能とは、Sansan株式会社が提供する名刺管理サービスです。

powered by Sansan, Eight

リクエストを送信しました

オンライン名刺交換リクエストを送信しました。
出展企業からのお返事をしばらくお待ちください。

PRODUCT DETAIL

ヨコハマのでんき / グリーンオプション

MESSAGE

株式会社横浜環境デザイン
総合企画部 福村 亜矢

株式会社横浜環境デザイン 総合企画部 福村 亜矢

本日は横浜環境デザインのブースにお越しいただきましてありがとうございます。弊社ブースでは「ヨコハマのでんき」と環境価値の付与オプション「グリーンオプション」のご紹介をしております。
CO2削減に取り組んでいる、またRE100を目指されている企業様にお勧めの電気プランです。再生可能エネルギーの電気を使いたい工場や物流倉庫をお持ちの企業様やオフィスを再エネ電気で運営したい企業様はぜひ商談予約をお願いします。

概要

これからは再エネ100%の電気を使う時代に! CO2削減、脱炭素経営を目指している企業様へ

地球環境保持や持続可能な社会を目指して、他の電源より電源構成に再生可能エネルギーの比率を多く持つ「ヨコハマのでんき」の電気。

横浜環境デザインでは太陽光発電のリーディングカンパニーとして、再生可能エネルギーの普及促進をおこなっています。現代では、一つの企業やグループ会社だけでなく、サプライチェーン全体でESG投資やRE100といった再生可能エネルギーをより活用した事業運営をすることが求められる時代です。弊社でも自家消費型の太陽光発電の設計施工において、電気料金の削減やCO2削減目標達成に尽力しておりますが、設置面積に限りがある工場や物流倉庫の屋上へ太陽光発電を施工しただけでは、再エネ電気使用率100%を達成することは難しいのが実情です。

そうした中、どうしても再エネ経営を実現したいというお客様のご要望に応えるべく、このたび「グリーンオプション」をリリースしました。こちらは、ヨコハマのでんきへの切り替え+αで「グリーンオプション」を付けていただくことで、実質的に再生可能エネルギーの電気に切り替えていただくものになります。

最近では、機関投資家からESG投資を求められ、メーカーからサプライヤーへのCO2削減要求も厳しく求められるケースが増えてきていますので、ぜひこの電気プランをご活用ください。

特長

FEATURE 01

「グリーンオプション」で「非化石証書」という付加価値を提供

「グリーンオプション」はお客さまへお届けする電力に「非化石証書」という環境価値を付与するものになります。非化石証書は電力の使用量に応じて弊社が購入し、お客様へ付与するものとなります。

FEATURE 02

再生エネルギーへ段階的な切り替えも可能

最初から再エネ100%の付与ではなく、30%や50%など段階的に切り替えていきたいというご要望にも対応可能です!

動画

用途例

事例①
三盆珈琲株式会社様
鎌倉総合工場

事業主体 三本珈琲株式会社
設置形態 屋根置き・自社保有・全量自家消費
設置場所 三本珈琲株式会社 鎌倉工場屋根部分(神奈川県鎌倉市)
発電出力 258.66kW(273,210kWh/年相当)
総工費  約4,000万円⇒2,800万円(補助金利用)

補助金詳細:
総工費の1/3相当である1,200万円分について、鎌倉市環境共生施設整備費補助金(鎌倉市)、神奈川県自家消費型太陽光発電等導入費補助金(神奈川県)

経費回収予定 5年

設置理由:
もともとCSRの観点から環境問題に取り組んでおり、自社グループのさらなるCO2削減と光熱費削減に取り組むため

事例②
工場屋根
自家消費太陽光発電

事業主体 株式会社ブライトイノベーション
設置形態 屋根置き・第三者所有・全量自家消費
設置場所 静岡県富士宮市
発電出力 101.06kW(99,093kWh/年相当)
総工費  約1,550万円⇒補助金利用額4,326,000円

補助金詳細:
2019年度(平成31年度)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)

税制優遇制度 税制優遇制度なし

設置理由:
RE100を宣言しているエンビプロ・ホールディングスのグループ会社であるエコネコルは、初期投資を行わず、かつ現行電気料金と同等のコストでの再エネ自家消費率向上を実現するため、第三者所有PV(PPA)モデルを採用し、自家消費分をPV所有者(ブライトイノベーション)に電気代として支払う

参考URL:https://brightinnovation.jp/news/20020218/

事例③
工場屋根
自家消費太陽光発電

事業主体 横浜環境デザインSPC(特定目的会社)
設置形態 屋根置き・PPA・全量自家消費
設置場所 千葉県
発電出力 1,070kW(kWh/年相当)
総工費  約13,000万円
補助金詳細  補助金利用なし
税制優遇制度 税制優遇制度なし
経費回収予定 15年

設置理由:
物流倉庫のテナントの電気料金削減・再生可能エネルギーの電気を使うことによるCO2削減を社会・投資家にアピール

よくあるご質問

Q
電気を変えると、停電しやすくなることはありますか? 太陽光や風力が発電出来ず、停電が起きることはありませんか?
A
今まで使っていた各地域の一般送配電事業者(東京電力)が、電気を届けてくれるため安定供給は変わりません。
また、発電設備が発電できずに停電が起こるということはありません。万が一、再生可能エネルギーで必要エネルギー量が調達できない場合は、一般電気事業者が不足分を供給するため停電することはありません。
Q
提供エリアはどの範囲ですか?
A
東京電力エリアにお住まいの電気のご契約者様であれば、誰でもお申込みいただけます。なお、20A以下はお申込み頂けませんのでご注意ください。
Q
もしヨコハマのでんきが事業撤退・倒産したら、電気の供給はどうなりますか?
A
事業撤退・倒産の場合は契約解除の15日前までに、ご契約者様へ通知するよう基準が設けられています。ヨコハマのでんきのご契約が解除となった場合には、一般電気事業者の標準的な料金メニューで電気の供給を受けることが出来ます。
Q
申込みをしてから電気供給が開始するまで、期間はどれくらいかかりますか?
A
低圧の場合は切り替えに約1ヶ月、高圧の場合は約2ヶ月かかります。
Q
「グリーンオプション」だけの申込みは可能ですか?
A
こちらのオプションは「ヨコハマのでんき」の電力プランを締結して頂く必要がございます。
電力プランにつきましては下記URLに掲載しております。
https://yokohamanodenki.jp/plan/

企業・団体情報

企業名
株式会社横浜環境デザイン
所在地
〒222-0033
神奈川県 横浜市港北区新横浜 3-18-20 パシフィックマークス新横浜1F/6F/10F
設立年月
1998年7月
従業員規模
51名-100名
URL
https://ykd.co.jp/