Arithmer株式会社

Arithmer Robo

ロボットの可動域で職人技のトレースを実現 技能継承の危機をArithmer Roboが解決致します。

Arithmer Robo
Arithmer Robo
Arithmer株式会社では、高機能なロボットシステムに、弊社独自のAI技術を導入した ArithmerRobo をご提供致します。
世界トップクラスのロボットメーカーと提携し、弊社独自の画像解析、3Dモデリング、AI agent、自然言語処理など、最先端のAI技術をロボットに導入する事で、専門家の能力をはるかに凌ぐAIスマートロボットを実現します。
さらに ArithmerRobo では、これら複数のAIスマートロボットどうしが相互に協調し、より良いパフォーマンスを発揮するためのAIネットワークを構成します。
私達はこの ArithmerRobo によって、AIスマートファクトリーの基盤を構築し、グローバルなビジネスインフラに変革をもたらします。

メッセージ

~高度な技能はロボットが継承する時代~ コロナ禍で非接触へのニーズが高まる中、ロボット技術はますます進化を遂げています。 Arithmerでは、業務改善の用途としてはもちろん、人から人への継承が難しい高度な技能も、高度AI技術を応用してロボットに導入することが可能です。 結果として、技術の継承や人手不足の解消など、社会における様々な課題解決を目指しています。 私たちArithmerは、より良い社会を目指し、AIスマートロボットをご提供致します。

Arithmer株式会社 営業企画本部 営業推進部 森田 詩織

~高度な技能はロボットが継承する時代~ コロナ禍で非接触へのニーズが高まる中、ロボット技術はますます進化を遂げています。 Arithmerでは、業務改善の用途としてはもちろん、人から人への継承が難しい高度な技能も、高度AI技術を応用してロボットに導入することが可能です。 結果として、技術の継承や人手不足の解消など、社会における様々な課題解決を目指しています。 私たちArithmerは、より良い社会を目指し、AIスマートロボットをご提供致します。

Arithmer Roboの詳細

特長

熟練者の作業を再現!職人の後継者不足にさようなら。

Arithmer Roboでは、職人技をロボット化することに取り組んでいます。 応用範囲は、食品・製薬・医療業界など多岐に渡ります。 人間とロボットではできる動作が異なり、可動範囲も制限されますが、ロボットができる動きで人間の動作と同等の効果を生むようにロボットを制御します。 創薬関連では、他の人間が真似できない(効果を出せない)動きをロボットが再現し、期待する効果を出している事例があります。 また、対象物を3次元的に認識する必要があるケースがありますが、画像認識と高度数学を組み合わせることで、対象物の認識を3次元的に正確に行い、ロボット制御との組み合わせで対象物を適切に扱うことが可能となります。

熟練者の作業を再現!職人の後継者不足にさようなら。

対象ワークが安定していなからといって諦めないでください。

Arithmer Roboなら『見極めて掴みます。』 Arithmer Roboは対象物の3次元的な認識に強みを発揮します。 例えば、魚の柵から刺し身を切り出すケースにおいては、柵の形状・体積を3Dデータから推定し、どこで切ったら同じ重さの刺し身を切り出せるかを算出し正確に切り出します。 また、ロボットに任せたい作業が複雑になるにつれ、ワークもワークの置かれる環境も多岐に渡りますが、古典的な画像処理技術や最新のAIアルゴリズムと3次元情報を駆使し安定的にワークを保持して動作を完結させます。

対象ワークが安定していなからといって諦めないでください。

ロボットは人間の動きをコピーできない?

ロボットは人間の動きをそのままコピーできません。 そもそも人体の形状や動作を完全には模していないロボットがほとんどであり、 似た動きをする場合においても可動範囲は大きく異なります。 逆に人間にはできない動きをさせることが可能です。 Arithmer Roboは、ロボットと人間の動作の違いを考慮した上で、人間の動作と同等の効果のある動きをロボットで再現します。

ロボットは人間の動きをコピーできない?

動画

用途例

人間には再現できない「技」をロボットが再現します

同じ人間にも真似できない・再現できない技を持つ職人さんが一定数いらっしゃいます。 人間が似た動作をしているにも関わらず、職人さんとは同じ効果を出せないケースがあります。 Arithmer Roboが手掛けている創薬の分野において、Arithmer Roboの再現力が人間を上回る場合があることが実証されています。 ロボットと人間では形も動作も異なりますが、それらの制約を超えて人間を超える再現力を発揮します。

人間には 再現できない「技」を ロボットが 再現します
寿司職人も ロボットの時代?

回転寿司業界を中心として「寿司を握る」ことに関してはかなり自動化が進んでいます。完全自動化を目指す中で課題の一つとなっているのが「柵から決められた仕様(主に重さ)の刺し身を切り出す」作業です。 この作業は現在は人手で行われていますが、ある種、職人的な技能を必要とします。Arithmer Roboでは柵の3次元的な情報から柵の形状・体積を推定し、重さなどの仕様を満たすような切断面を決定します。 従来は柵の形状がまちまちな場合への対応は困難でしたが、そのような場合においてもロボットが仕様どおりに刺し身を切り出すことに成功しています。

ロボットは人間の動きをコピーできない?

よくあるご質問

どのようなロボットで実績がありますか。
主にデンソーウェーブ社の垂直多関節ロボット/人協働(COBOTTA)などで実績がございます。

Arithmer Roboのサービスメニュー

Arithmer Robo 「3Dビジョンロボットシステム」資料

Arithmer Robo 「3Dビジョンロボットシステム」資料

「Arithmer Robo 3Dビジョンロボットシステム」についての概要資料をダウンロードできます。

資料ダウンロード

Arithmer Roboについてメールで質問・相談

Arithmer Roboについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「Arithmer Robo」についてArithmer株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

Arithmer株式会社

Arithmer株式会社

我々は高度数学を応用して、まだ見ぬ新しいAI・IT技術を創造し社会課題を解決していきます

Arithmerは、数学で社会課題を解決する会社です。
社名の由来は、算術、数学という意味の “Arithmetic” から名付けました。

数学は簡潔にして美しく、世界を変える力を持っています。
これまでの数学者、科学者、技術者達も、それを証明してきました。
そして今、私達は現代数学を応用して様々な社会課題を解決するため、新しい高度AIシステムを導入しています。

この高度AIシステムは、単なる業務効率化や自動化だけにはとどまらず、継承が難しい高度な専門技術や、人間の手では実現不可能な技術の実装も可能です。
その結果として、災害対策や交通事故防止などの安心安全な社会システムの実現、画期的な薬の開発など、人、社会、環境への貢献につながる応用技術を産み出しています。

また、数学はあらゆる科学技術の基礎となっています。
特にその数学のもつ自由な世界感が、様々な現象の本質を記述する上でも、非常に強力なツールとなります。
ビジネスにおいて、属人的な作業は将来大きなリスクとなりえますが、そのほとんどが数学的に計算可能な現象に還元され、計算機、AIで記述可能となるのです。

数学、科学をいかに応用して、社会課題を解決するのか、そしてHope(希望)へとつなげるのか、それを考えるのが私たちの仕事です。
私たちは、現代数学を応用して、まだない新しい技術を創造してゆきます。

出展団体情報

出展団体名Arithmer株式会社
所在地106-6040 東京都 港区六本木 一丁目6-1
設立年月2016年08月
従業員規模51名-100名
URLhttps://arithmer.co.jp/

Arithmer Roboが出展中のオンライン展示会