ブルードットグリーン株式会社

カーボンオフセット支援

「SDGsの推進」「再エネの実現」のためのカーボンオフセット

カーボンオフセット支援
カーボンオフセット支援
カーボンオフセットとは、日常生活や経済活動におけるCO2等の温室効果ガスの排出のうち、自分ではどうしても削減できない分を、他の場所で実施された温室効果ガス削減事業で創出された削減量(=クレジット)によって“埋め合わせ”(=オフセット)するという考え方です。これにより排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に間接的に投資することができます。

弊社では、事業活動や製品・サービス等によって生みだされる温室効果ガス排出量を計算し、どうしても自らで削減ができない分についてオフセットを行うという原則にしたがって、排出されるCO2に対してのカーボンオフセットの企画から実行までをトータルでご支援しています。また、カーボンフットプリントの算定サービスも提供しています。

メッセージ

皆様、環境経営のための対応はできておりますでしょうか?

環境経営というのは簡単ですが、具体的な取り組みについては何から取り組んだらよいかわからないというのが正直なところというお話も良く耳にします。

弊社は環境経営支援のパイオニアとして現状を把握すること(CO2排出量などの算定支援)からカーボンオフセット(CO2排出量削減活動への間接投資)支援までトータルでのソリューション提供を行っております。

カーボンオフセットを活用することで再エネ利用への参加、SDGsの推進などの実現も可能であり、お客さまの目的に合わせたカーボンオフセットの実施をご支援しております。

ブルードットグリーン株式会社

皆様、環境経営のための対応はできておりますでしょうか?

環境経営というのは簡単ですが、具体的な取り組みについては何から取り組んだらよいかわからないというのが正直なところというお話も良く耳にします。

弊社は環境経営支援のパイオニアとして現状を把握すること(CO2排出量などの算定支援)からカーボンオフセット(CO2排出量削減活動への間接投資)支援までトータルでのソリューション提供を行っております。

カーボンオフセットを活用することで再エネ利用への参加、SDGsの推進などの実現も可能であり、お客さまの目的に合わせたカーボンオフセットの実施をご支援しております。

カーボンオフセット支援の詳細

特長

国際基準のクレジット(環境価値)を活用したカーボンオフセットを実施

国際的な基準にも活用が認められているクレジット(環境価値)を活用したカーボンオフセットを実施することで使用している電力を再エネ化することができ、ブルードットグリーンであれば大幅なコストアップをさせることなく実現が可能でございます。

国際基準のクレジットを活用

SDGsの推進にも効果的

海外クレジットの多くは途上国で実施されるプロジェクトから生み出されており、CO2排出量の削減だけではなくプロジェクトが実施される周辺住民の生活改善や絶滅危惧種の保護といったことにも取り組んでおります。 弊社で扱うクレジットは、SDGsの17目標のいずれかの価値も有しております。このクレジットを用いて自社排出量や製品における排出量のカーボンオフセットを実施することで、対外的なSDGs推進を発信することが可能となります。

用途例

株式会社DNP北海道 様 クレジットの種類 J-VER オフセット量 10t - CO2 株式会社DNP北海道様は、2011年10月25・26日の2日間、「P&Iソリューション展 ~デジタルサイネージが拓く新しいコミュニケーション社会~」を開催。会場となる同社第一工場の2日間分の電力使用量を算出し、会場利用に伴い排出されるCO2を10t-CO2オフセットしました。また、オフセットには同地域の「当別ふれあいバスによる廃食用油由来、パイオディーゼル燃料活用プロジェクト」から創出されるオフセットクレジット(J-VER)を活用することで、当別町の環境推進活動・PR・地域経済の活性化に貢献しました。
スイス大使館 スイス・ビジネス・ハブ 様クレジットの種類 J-VER オフセット量 1t - CO2

 

2012年3月1日開催のセミナー「Swiss Green Technologies Seminar」(会場:東京コンファレンスセンター有明)において会場使用(電気利用)に伴い排出されるCO2を「岩手県県有林における森林吸収量取引プロジェクト」により創出されたオフセット・クレジット(J-VER)を活用して約1t-CO2のオフセットを実施しました。

 

本取組は2011年3月11日に発生した「東日本大震災」による未曾有の被害を鑑み、復興支援の一環として被災地・岩手で創出されたJ-VERクレジットを活用しました。 クレジットの無効化はオフセットプロバイダーである弊社が行います。

株式会社和大地 様 クレジットの種類 J-VER 調達地域 宮城県みどりの オフセット量 6t - CO2

【事業内容】 株式会社和大地様が運営する「みどりのともだちプロジェクト」は土をこねて自らつくるナチュラルインテリアの“こけだま”を通じて、五感をフルに使った環境教育に結びつける取組です。さらに“こけだま”は作って終わりでなく、その後育てていく中でも学び、継続的に活動に関してのリマインドがされていくプログラムです。

本事業では、こけだま製作時間の半日と合わせて、こけだま1個あたり、こけだま購入者の日常生活で生じる半日分のCO2排出量3kg-CO2をオフセットします。こどもも大人も楽しめる環境教育素材のこけだまをオフセット付とし、オフセットについても遊びの中から学び、日々の暮らしの中で感じてもらうことで、環境問題についてよく知らない一般消費者に対しても、カーボン・オフセットを広く普及していきます。

【削減努力】

  • こけだまの材料の仕入れを極力近場から行うことにより、輸送時の排出量を抑制を実施
  • こけを育成するビニールハウス内の電気使用量の把握及び冷暖房をなるべく使用せず、自然の力を最大限使って省エネ対策を実施

【オフセット対象範囲】 こけだま製作時間をワークショップへの参加にかかる半日とし、こけだま1個あたり個人の日常生活に伴って発生する半日分のCO2排出量

【参考】 ともだちプロジェクト http://www.green-friend.net/gallery/

よくあるご質問

どのクレジットでも電力の再エネ化は実現できるのでしょうか。
電力の再エネ化をするために活用できるクレジットは国内ではJクレジット(再エネ由来)のみとなっております。そのほか、グリーン電力証書、非化石証書(※)が活用可能でございます。
(※)電力小売事業者様のみが取り扱うことができます。
クレジットにはどのような種類があるのでしょうか?
クレジットは大きく分けてJ-クレジット、J-VER、国内クレジット、海外VERなどが存在しております。その中でもCO2排出量の削減活動によるもの、森林吸収活動によるものなど多岐にわたっております。また、再エネ証書(グリーン電力証書など)というものも存在しています。
どの種類のものを活用するかは目的によって大きく異なるため、カーボンオフセットを検討されている場合には一度、ご相談ください。
クレジットなどの代金は最終的に誰に渡るのでしょうか?
クレジットの代金につきましては最終的には環境価値を生み出している事業者様に渡ることになります。現時点においては環境価値を生み出す活動で利益を多く生み出すことは難しくクレジットの購入代金が環境価値を生み出す活動の原資の一部となり、活動の継続に繋がります。

カーボンオフセット支援のサービスメニュー

カーボンオフセット支援についてメールで質問・相談

カーボンオフセット支援についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「カーボンオフセット支援」についてブルードットグリーン株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

ブルードットグリーン株式会社

ブルードットグリーン株式会社

We want to shape our future with you.

私たち「ブルー・ドット・グリーン」は
効果的な気候変動対策のためのパートナーです。
コンサルティングサービスと気候保護対策を通して、
あなたとともに未来を形にしたいと考えています。

出展団体情報

出展団体名ブルードットグリーン株式会社
所在地101-0021 東京都 千代田区外神田 1-18-13 秋葉原ダイビル9F
設立年月2011年11月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.bluedotgreen.co.jp/