株式会社ハイパーギア

株式会社ハイパーギア

「ペーパレスからセキュリティ強化へ」電子文書(PDF)ソリューションのパイオニア

1998年PDF変換ソフトをリリース、2000年に文書スキャン画像をOCRでテキスト化し、検索可能なレイヤー構造のPDFファイル作成技術を開発しました。QRコード、バーコードによるPDFのファイリング自動化、タイムスタンプ・電子署名による電子文書の真正性保証、PDFの二次利用防止など、常に社会のニーズに先駆けて製品開発を続け、電子文書ソリューションのトップランナーとして走り続けます。

出展団体情報

出展団体名株式会社ハイパーギア
所在地162-0846 東京都 新宿区市谷左内町 21番地市谷山上ビル3F
設立年月1991年10月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.hypergear.com/

株式会社ハイパーギアの製品一覧

株式会社ハイパーギア

PDF二次利用防止システム「PsafeVIEW」

製品画像

マルチブラウザに対応、Webブラウザ上でセキュアにPDFを閲覧できダウンロードや印刷を禁止します。また、閲覧期限日の指定もできます。

マルチブラウザ/デバイス対応のPDFビューアです。
デジタルIDで暗号化したPDFをHTMLに変換して閲覧することができます。
Webサーバー側で起動するビューアの為、クライアント側に専用ビューアをインストールする必要がありません。
OSやブラウザに依存せず、専用ビューアをインストールする必要もなく、Webブラウザ上でのみPDFを閲覧させることでPDFの二次利用を防止します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社ハイパーギア

タイムスタンプで知的財産を守る「WWDS知財アーカイブ」

製品画像

自社のノウハウや独自技術を特許申請せず、タイムスタンプを利用し「先使用権」を活用!

「WWDS知財アーカイブ」は知財関連の電子文書管理を行う文書アーカイブシステムです。

企業活動のグローバル化が進み、特許出願・取得だけでなく、営業秘密の漏えい・不正二次利用の防止対策も含めた包括的な知財戦略が必要となる時代になり、知的財産に関係する電子文書の保存、管理の重要性が増しています。
その中で、自社のノウハウや独自技術を特許申請せず「先使用権」を活用して権利化するためには、タイムスタンプを利用し電子文書をいつ作成・保有していたかの証明が重要です。

「WWDS知財アーカイブ」では電子文書にタイムスタンプ付与し証拠力を高め保管した上で、対象となる電子文書を一元管理し検索・閲覧するための文書管理機能やタイムスタンプの付与漏れを防止する管理機能、タイムスタンプの有効性自動延長処理を提供します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー