株式会社アイキューブデジタル

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」

次世代ものづくりを支援する スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」
スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」
スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」
スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」
Y’s-SFシリーズは、アイキューブデジタルが目指すスマートファクトリーコンセプト「見える、止まらない、つながる工場」を実現するための、自動化支援ソリューションです。

◼︎生産エリアと上位システムを垂直に統合管理し、データの“見える工場”へ
◼︎機械学習・AI技術を活用し、最適化された“止まらない工場”へ
◼︎国内外工場や外部ベンダーとの連携で最適稼働を実現する“つながる工場”へ

ものづくりの根幹である工場の生産ラインをデジタル化とデータ活用に欠かせないシステム群です。機能を選んで導入が可能なため、お客さまの環境や予算に応じてスマート化を進められます。既存設備に影響を与えることなく導入可能です。

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」の詳細

特長

「ヒト・設備・時間」限られた生産資源を最適化し、生産性向上を

Y’s-SF MES(製造実行管理)は生産ラインのさまざまな設備やシステム、機能とリンクし、稼働状態や労働者の作業を監視・管理するシステムです。お客さまの環境に合わせて、必要な機能だけを組み合わせて導入することが可能で既存工場のスマート化に最適です。

生産資源を最適化し、生産性向上を

生産設備のリアルタイム監視でトラブルを早期発見

Y’s-SF Equip(設備監視)は生産エリアの機器稼働情報、装置内情報を収集するシステムです。OPC-UA対応機器をはじめとするさまざまな設備プロトコルに対応します。機器の状態を監視することで異常を早期に発見し、生産計画への影響を最小限に留めることを目指します。

リアルタイム監視でトラブルを早期発見

利活用を前提としたデータの可視化で経営判断のサポートを

Y’s-SF Viewer(見える化)は、MESと連携し、収集したデータを様々な角度で可視化するシステムです。本社管理部門から遠隔監視できることで、不具合時の要因分析や早急な対処に効果を発揮します。計画・実績のマッチングにも有効です。

データの可視化で経営判断のサポートを

迅速かつ正確な計画立案で納期回答を短縮・機会損失を最小限に

Y’s-SF Scheduler(スケジューラ)は、多品種多工程の作業計画(工程スケジュール)を高速に作成するためのシステムです。製造実績を加味した高精度な工程スケジュールをたてることで、生産の無駄をなくし、効率化を促進します。

機会損失を最小限に

指導時間削減・トレーサビリティに​

Y’s-SF WorkNavi(電子手順書)は、MESと連携し作業指示、進捗・実績管理、見える化を行うシステムです。トルク値などの工具制御や部品ピッキングを工程ごとに画面に表示し、作業ミスをなくし品質のムラを改善、作業時間を平準化させることで、多機種・多品種生産に早期に対応することが可能となります。

指導時間削減・トレーサビリティに​

動画

用途例

安川電機様導入事例

【背景】

従来の生産方式では、段取り変更等の効率化を重視した現場裁量によって生産ラインの正確なデータの取得が困難であった。生産計画と連動したリアルタイムな生産実績の把握を行い、タイムリーな納期回答や最適な在庫把握、効率の良い生産を実現したい。

【結果】

  • MES・生産スケジューラを導入し、工場内の可視化を行い業務フロー改善を実施
  • 生産スピード向上3倍、リードタイム短縮1/6、生産効率向上3倍を達成
  • 国内外複数工場への横展開によって、本部で生産状況が管理できる体制に
安川電機様 導入事例
食品メーカー様適用想定シーン

【このような課題に最適】

冷蔵庫温度の管理や異物検査など、生産ラインの各工程における生産実績・検査結果の収集を人が計測、管理しており、負担が大きい。 HACCP方式の義務化に伴い、実績の収集が急務。

【期待される効果】

  • IoTノウハウを活用し設備にセンサを取り付けることで、記録と帳票作成を自動化。
  • 現場の負担を軽減
  • 温度異常や異常停止などの急なトラブルにいち早く気がつき対処が可能
食品メーカー様 適用想定シーン
部品製造メーカー様適用想定シーン

【このような課題に最適】

部材の数が多く、また生産工程も複雑なため、人手による生産計画の立案にかなりの時間を要している。またオーダー変更も多く計画作成にかかる負担が大きい。

【期待される効果】

  • 計画時間は調整も含め日に数時間に及んでいたが、デジタル化することで大きく改善
  • 業務部門や、営業部門へも情報を連携することができ、部材調達の効率化や納期回答の早期化を実現
部品製造メーカー様適用想定シーン

よくあるご質問

どのような業種に適応できますか?
製造業全般に適用できます。特に組立加工業、食品製造業での採用、ご要望が多くなっております。
他にも自動車部品、電子部品、鋳造製品、加工食品などの実績がございます。
IT人材が不足しており、システムに詳しくありませんが導入は可能ですか?
アセスメント(コンサルティング)サービスを準備しております。
お客さまの現状や抱えている課題を明確にし、上位ネットワーク領域・製造現場双方の知見を基に総合的な解決策をご提案いたします。
実現までのプロセスを共に考えていきますのでご安心ください。
ERPや外部システムとの連携はできますか?
はい、連携できます。
ERP-MES-エッジシステムの全体を繋いで工場を最適化する目的で設計されておりますので、さまざまな外部システムとの連携が容易にできる構成となっております。

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」のサービスメニュー

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」資料

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」資料

次世代ものづくりを支援する スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」ご紹介

Y’s-SFシリーズは、アイキューブデジタルが目指すスマートファクトリーコンセプト「見える、止まらない、つながる工場」を実現するための、自動化支援ソリューションです。

資料ダウンロード

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」についてメールで質問・相談

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」」について株式会社アイキューブデジタルの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社アイキューブデジタル

株式会社アイキューブデジタル

生産現場の自動化・最適化を実現する"デジタルシステムインテグレーター″

株式会社アイキューブデジタルは、2020年7月に、株式会社安川電機と株式会社YE DIGITALの合弁会社として設立されました。
社名に使われている「i3(アイキューブ)」は、integrated(統合的)、intelligent(知能的)、innovative(革新的)の3つの「i」を意味し、安川電機とYE DIGITALとともに新たな自動化コンセプトである「i3-Mechatronics」を推進させていくことを表しています。
安川電機が保有するACサーボ、インバータ、ロボットといった競争力のあるメカトロニクス製品やその自動化技術と、YE DIGITALが持つIoT/AI製品や技術ノウハウを融合し、両社の強みを活用した、包括的なソリューションを提供いたします。
加えて、「i3-Mechatronics」に賛同するパートナー各社の製品・サービスを組み合わせ、ハードウェア・ソフトウェアの両面から、最適な製造業向けのIoTソリューションを通じて、生産性向上などのお客さまが抱える経営課題の解決を図り、新たな価値創造に努めてまいります。

出展団体情報

出展団体名株式会社アイキューブデジタル
所在地802-0003 福岡県 北九州市小倉北区米町 2-1-21 APエルテージ米町ビル 2階
設立年月2020年06月
従業員規模51名-100名
URLhttps://www.i3-digital.com/

スマートファクトリーソリューション「Y’s-SF」が出展中のオンライン展示会