桐生電子開発合同会社

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️
農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️
これまでの農業IoT化とは、植物に対する環境整備や成長促成を促すための生育環境の把握であると言われておりました。しかし、これは植物の状態を間接的にみているだけに過ぎず、生育条件には何が最適かを示すことはできていませんでした。

当社の光アグリセンサーは、植物の状態の変化を直接測定することで「成長」「感覚」「技術」を数値化することができます。これまで匠の経験や勘に頼ってきた生育環境の最適解を当社のセンサーとAI技術により短時間で習得が可能となります。

メッセージ

植物の声を直接聞く事ができる全く新しいセンサーです。
このセンサーを活用する事で新たな発見があるかもしれません。

桐生電子開発合同会社 代表取締役

植物の声を直接聞く事ができる全く新しいセンサーです。
このセンサーを活用する事で新たな発見があるかもしれません。

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️の詳細

特長

うるおいセンサー

うるおいセンサーは水分の含有率を光によって相対的に測定する水分計として働きます。この値が高くなれば、植物が多く水分を蓄えた事になり、下がれば、水分を失った事になりますのでこの指標を使って正確に灌水を制御する事が可能になります。

また、植物を傷つける事がありません。 従来、土壌水分をはじめ様々なセンサーを駆使して灌水制御する方法が提案されていましたが、これらは間接的に状態を推測して制御しているにすぎませんでした。この方法では直接植物の状態を把握する事ができますので、効率的で効果的な管理が可能です。

うるおいセンサー

植物成長センサー

植物の茎の中の光合成生成物の増減を検出するセンサーです。光合成で生成された成分は、葉や茎の中を移動すると考えられます。これを茎や葉に取り付けた成長センサーで検出します。 このセンサーの出力をみる事で成長(熟成)の様子がわかる事は勿論、前に説明した水分含有率センサーや、日射量、温度などのデータと共に解析する事で、より精度の高い制御が可能となります。

また、成長センサーの累積値を観察する事で、生産物の適切な集荷時期を判断する事が可能となるため、より付加価値のある安定的な品質を持続する事が可能となります。

植物成長センサー

動画

用途例

適応する作物光が透過するもの。

具体的には、2~3mmの茎があるもので、現在実験を行っているものに苺があります。 また、葉物にも対応。

適応する作物光が透過するもの。

よくあるご質問

広い圃場でいくつ必要ですか?
使い方によります。1つの結果で全体の状態を推定するか、複数設置して場所の隔たりをみるかです。
センサーの出力で何をするか?
今の環境制御がうまくできているか、その評価として使用する方法。
あるいは、このセンサーの出力を使って、環境制御をすることもできます。

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️のサービスメニュー

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️についてメールで質問・相談

農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「農業技術イノベーション 光アグリセンサー®️」について桐生電子開発合同会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

桐生電子開発合同会社

桐生電子開発合同会社

技術開発、製品を通じて社会に貢献できる存在になりたい。

小さな存在であるからこそできる事があります。勿論、開発する製品は自信をもってお届けします。その製品を通して社会に貢献できると信じております。開発する製品は適切な価格でより良い品質を通じてお客様の満足度を提供する事が第一の使命と考えています。また、お客様の新たな付加価値の創造のため、開発を通し常に提案を行ってまいります。これは“電子開発”と社名につけた思いにもあります。

我々は事業として製品開発を行ってまいります。この行動には適切な利益を含みますが、この利益は公平に社会、そして大切な仲間の生活を守るために分配、還元を行います。そして事業を継続し、事業を通じ我々とお付き合いして頂ける全ての方々、地域社会に貢献できるように努力し成長してまいります。

出展団体情報

出展団体名桐生電子開発合同会社
所在地376-0013 群馬県 桐生市広沢町 2丁目 3330-1
設立年月2015年05月
従業員規模10名以下
URLhttp://www.krydk.co.jp