OSIsoft Japan株式会社

PI system

データからナレッジ、デジタルトランスフォーメーションへ

PI system
PI system
PI system
PI system
PI system
PI system
PI system
PI system
PI system
PI system
PI Systemはオペレーションデータを一元的に記録するシステムです。オペレーション担当者は、データをリアルタイムで視覚化し、プロセス効率の改善、アセットの最適化、持続可能なオペレーションを実現することができます。

また、PI Systemはビッグデータアーキテクチャをサポートし、効率的で拡張可能かつ柔軟な方法で「直ちに分析できるデータ」をストリーミングします。

さらに、データサイエンスの洞察をオペレーションに活かすために必要な時間を短縮すると同時に、予測をPI Systemに戻し、オペレーション担当者の意思決定を支えることが可能です。

メッセージ

「データへのアクセス、そしてオペレーショナルインテリジェンスを通してデジタルトランスフォーメーショ ン(DX)は可能となる」という信念のもと、OSIsoftはセンサーから送られる時系列データを取得して 保存できるオープンデータインフラストラクチャーを開発しました。それがPI SystemTMです。

OSIsoftは、創業当初からの使命を忠実に守り続けて います。顧客企業のあらゆる地点で業務を行う人々が、いつでも、どこでも、必要な方法で、異なる オペレーションソースからセンサーベースの高精度データを取得できるよう、イノベーションを追求し、 オープンデータインフラストラクチャーを開発し続けます。

OSIsoft Japan株式会社

「データへのアクセス、そしてオペレーショナルインテリジェンスを通してデジタルトランスフォーメーショ ン(DX)は可能となる」という信念のもと、OSIsoftはセンサーから送られる時系列データを取得して 保存できるオープンデータインフラストラクチャーを開発しました。それがPI SystemTMです。

OSIsoftは、創業当初からの使命を忠実に守り続けて います。顧客企業のあらゆる地点で業務を行う人々が、いつでも、どこでも、必要な方法で、異なる オペレーションソースからセンサーベースの高精度データを取得できるよう、イノベーションを追求し、 オープンデータインフラストラクチャーを開発し続けます。

PI systemの詳細

PI Systemは、信頼できる高品質のオペレーションデータを通じてデジタルトランスフォーメーションを加速します。あらゆる場所でリアルタイムにデータを収集、拡張、提供できます。エンジニアとオペレーターの能力を強化し、アナリストとデータサイエンティストの作業を加速することにより、新しいビジネス機会への洞察を提供します。

PI Systemの仕組み

収集

レガシー機器、独自開発された機器、リモート、モバイル、産業用IoTデバイスなど、何百種ものアセットからリアルタイムデータを収集します。PI Systemでは、場所や形式に関係なくデータにアクセスできます。

保存

数十年分のデータを秒単位の分解能で保存します。信頼性の高い履歴データ、リアルタイムデータ、予測データにすぐにアクセスして、重要なオペレーションを継続し、ビジネスの洞察を得ることができます。

コンテキスト化

直感的なラベルとメタデータを追加して、データをより意味のあるものにします。運用環境とレポート環境を反映するデータ階層を定義します。コンテキストを使用すると、データポイントだけでなく、全体像を把握できます

可視化と行動

独自のレポートやビューを簡単にカスタマイズして作成できるため、プロセス監視や、その場でのトラブルシューティングを行うことができます。ハイレベルなサマリーからすばやく掘り下げて、個々のアセットの問題を確認できます。ダウンタイム・イベント(稼働停止)とバッチデータセット(停止の要因となりうるデータのセット)を比較して、パターンを特定し、ベストプラクティスを適用することができます。

統合、共有、能力強化

信頼できる分析対応のオペレーションデータを分析ツールと機械学習アルゴリズムに提供して、新しい洞察を導き出します。また、わずか数回クリックするだけでデータをクラウドに簡単に送信して、アナリスト、データサイエンティスト、さらには組織外のパートナーやサービスプロバイダーとの協働を開始できます。簡単な設定で、オペレーションのアジリティが向上します。

PI System img01
PI System img02

PI System導入のメリット

複雑からシンプルへ

PI Systemは企業のレベルに対応した共通のデータ基盤を作成します。異なるデー タソース、複数の制御システム、情報サイロ、非標準的な命名規則が、わかりやすい単一の情報ソース で統合されます。エンジニア、特定領域の専門家、CoE(センターオブエクセレンス:中央組織/横断組織)、 ビジネス管理者は信頼できる単一のデータソースに簡単にアクセスできます。

より詳細に状況を把握

迅速かつリアルタイムのモニタリング機能により、素早い対応が可能になり、 重要なデータを絶え間なくモニターすることができます。データの取り纏めやアセットベースの計算により、 現場をまたいで、不具合や非効率的なプロセス、パフォーマンスの劣っている部分を特定します。

アクセスとユーザー設定が容易に

インフラストラクチャーにはセルフサービスツールが含まれており、 ユーザーは、設定が簡単ですぐに使えるツールを用いて、役割に合わせた表示設定やレポートの作成がで きます。そのため、カスタマイズの必要性やITサポート、データサイエンティストのヘルプを減らすことが できます。こうしたツールを利用することで、納期を短縮し、カスタムコーディング、外部アプリケーション のコストを削減できます。

コンテキストを備えた情報

インフラストラクチャーには、オペレーションデータにコンテキストを付加 するメタデータレイヤーが組み込まれており、ユーザーはアセット、システム、プロセス、プラントに関 連する生のデータストリームをより深く理解することができます。複雑な計算は、正確なコンテキストを 維持しながら、受信データストリームとアーカイブデータの両方で自動的に実行され、意味のある情報 を生成します。

ITの複雑性とコストの軽減

オペレーショナルテクノロジー(OT)、自動化システム、エンタープライズ向 けビジネスアプリケーションの間に共通のソフトウェアシステムを導入すると、OTシステムとITシステムの 統合(OT-IT統合)とアーキテクチャを簡素化することができます。また、このレイヤーを維持することで、 システム全体が機動的になります。企業は、最新のITアプリケーション、テクノロジー、ソリューションを、 自社のOTアーキテクチャを再統合したり、刷新することなく、迅速に活用することができます。

Edge-to-cloud のデータ管理インフラストラクチャー

PI Systemは、運用の中核として、またエッジからクラウドへの接続としても、ニーズに合わせてご使用いただけます。

ニーズに合わせて構築

PI Core

リアルタイムのデータストリームを収集し、単一の記録システムを作成。生データをクレンジング、保存、拡張、整理。ユーザーにセルフサービスのデータ視覚化ツールを提供。異常を特定し、アラートを送信。

PI Cloud

拡張性のあるクラウドネイティブプラットフォームでオペレーションデータを統合。標準的なREST APIを介して、データサイエンティストやサービスプロバイダーとデータを共有。

PI Edge

リモートアセットを含めた運用管理の視野を拡張。厳しい条件と断続的な接続への対応を考慮して構築された小型で低コストのデバイスへの展開。

パートナー企業のご紹介
PI Systemご導入に際し、経験豊富なパートナー企業と共にお客様をサポートします。本展示会に出展している株式会社宇部情報システムの出展コンテンツも是非ご参照ください。

PI System導入効果事例

設備や機器の健全性 初年度で2,500万ドル分の経費節減
省エネルギー 最初の8か月でROIを十倍改善
プロセス最適化 2,600万トンの増産と1億2千万ドルの増収
品質管理 800万ドル分の設備改修費を節約
環境規制監視 初動までの時間を13時間短縮しカキの養殖 場を保護
安全性セキュリティ 10年近く停止事故を防ぐ

PI systemのサービスメニュー

データ活用でPI Systemがもたらす ビジネスインパクト

データ活用でPI Systemがもたらす ビジネスインパクト

数字で見る海外事例

本資料に、これまでPI Systemを通じてデータを活用した企業の事例をまとめました。
今後データを活用して成果をあげたいと考えていらっしゃる皆さまのご参考になれば幸いです。

掲載事例
・800万ドルの不要な設備投資を延期
・生産時間を最大72時間短縮
・データ抽出プロセスを「740時間」から「5分」に短縮
・年間330万ドルの節約

資料ダウンロード

PI Systemについてメールで質問・相談

PI Systemについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。


メール相談

OSIsoft Japan株式会社

OSIsoft Japan株式会社

私たちは、信頼できるデータがより良い世界を生み出すことができると信じています

信頼性の高い産業データは、より安全、健康的でより持続可能な世界を形成するための必要不可欠な基盤となります。だからこそ、当社は40年にも渡りオペレーション技術の未来を発明することに専念してきました。

OSIsoftは、顧客企業のあらゆる地点で業務を行う人々が、いつでも、どこでも、必要な方法で、異なるオペレーションソースから高精度データを取得できるよう、イ ノベーションを追求し、ソフトウェアを開発し続けます。

出展団体情報

出展団体名OSIsoft Japan株式会社
所在地108-0023 東京都 港区芝浦2-15-6 オアーゼ芝浦MJビル3階
設立年月2005年06月
従業員規模51名-100名
URLhttps://www.osisoft.jp/