株式会社ジーピーシー研究所へ
オンライン名刺をリクエストする

オンライン名刺のURLを入力し「名刺交換リクエスト」ボタンを押してください

オンライン名刺URL * 必須項目

担当者へのメッセージ

オンライン名刺をお持ちでない方

オンライン名刺交換機能とは、Sansan株式会社が提供する名刺管理サービスです。

powered by Sansan, Eight

リクエストを送信しました

オンライン名刺交換リクエストを送信しました。
出展企業からのお返事をしばらくお待ちください。

STORY

「概日リズム(サーカディアンリズム)解析」の誕生ストーリー

SPEAKER

株式会社ジーピーシー研究所 代表取締役 西田 直史

株式会社ジーピーシー研究所 代表取締役 西田 直史

2012年3月:鳥取大学押村教授らとともに、株式会社ジーピーシー研究所を創業。
2017年5月:サーカディアンリズム解析事業を開始。
2018年2月:動物実験代替法としての細胞を用いた皮膚感作性試験の提供を開始。
2018年4月:アップサイクル活動として、鳥取県内の未利用資源活用事業を開始。
2020年2月:炎症性腸疾患に対する研究支援事業を開始。

目次

ジーピーシー研究所の考える「概日リズム」

人間の体には、およそ24時間の周期である「概日リズム」が備わっています。

このこと自体は知られていますが、1日のリズムの中で私たちの身体がどのように変化しているかをさらに理解し、効果的な食事や栄養摂取、、日中や夜間の肌機能、運動や睡眠、効果が高く副作用の少ない医薬品の研究といった、人々の健康な暮らしに役立てるサービスにつなげていきたい、というのが、私たちジーピーシー研究所のビジョンです。

私たちの身体の時刻が制御する生体機能の活用は、非常に複雑で挑戦的な研究領域です。ですが、研究を重ね、人間の身体の時刻である「概日リズム」をより深く知ることで、朝食や夜食に何を食べたら良いのかといった身近な関心から、睡眠障害や生活習慣病の予防、免疫機能や肌機能、運動や仕事のパフォーマンス向上まで、私たちの生活のあらゆる場面に関連した情報が次々にわかってきています。

私たちジーピーシー研究所は、体内時計、「概日リズム」の有効な活用に関するプラットフォームとなることで、これからもますます進むであろう新たな研究結果を、皆さんに広くお知らせできるようになりたいと考えています。

ジーピーシー研究所の役割

蛍やクラゲなどの発光・蛍光たんぱく質を組み込んだ細胞やマウスを研究ツールとして活用し、人間の健康な暮らしに役立つ機能性物質や素材の探索を行います。ベースとなる遺伝子改変の技術に、最先端の生体イメージング技術や発光検出装置などを活用した新しい研究ツールや手法を作っていますが、現状にとどまらず、積極的に新しいテクノロジーを取り入れ、世の中の変化やクライアントのニーズに対応していきたいと思っています。

さらに今後は、探し当てた物質や素材の製品化を行い、化粧品やサプリメントなどの機能性食品として展開することも視野に入れています。

鳥取大学発 ベンチャー企業の創業ヒストリー

ジーピーシー研究所は、鳥取大学の染色体改変技術の第一人者である押村光雄教授による染色体工学技術を、創薬開発研究へ実用化することを目的として2012年に設立しました。染色体工学という研究領域をベースに、様々な遺伝子改変の技術を活用し、そこに生物発光・蛍光イメージングの技術を融合させることで、薬づくりや機能性成分の探索・評価を行い、研究のツールや手法を開発・提供しています。

遺伝子改変の技術を使う研究の対象は実に幅広く、言ってしまえばどんな研究もできてしまうのですが、あえて発光・蛍光イメージングに絞り込むことでユニークさを出しました。「発光・蛍光イメージングを使った概日リズムの研究」を開始するまでが、設立以来、一番苦労したところかもしれません。

何でもできるから何でも引き受けてしまう、という状態の中で、自分たちの技術がどこにどう求められているのかを掘り下げていきました。クライアントに教えていただいたようなものです。クライアント毎に徹底的にディスカッションし、研究プランを組み立て、目的に合わせた新しい提案をさせてもらったりしながら、今日のスタイルが確立されていきました。

何度も事前に議論をして実験手法を確認し、結果が出たら今度はデータの解析や、次のアクションについて話し合うので、クライアントにとっては、自分たちのラボ、自分たちのスタッフのような感覚でお話しいただけているのかなと思っています。私たちを選び、継続的につながってくださるクライアントの存在が、その証左だと考えて良いのではないでしょうか。

「概日リズム」が暮らしにもたらす可能性

ジーピーシー研究所では、発光・蛍光技術を組み込んだ細胞や動物を、研究ツールとして作って販売や、実験データを出すというサービスを行ってきましたが、今後はそこから見つけ出した機能性の素材や物質の販売、機能性食品や化粧品などの製品化といった展開を考えています。

研究のための研究から、世の中の人々、毎日の暮らしの役に立つサービスへ発展させていきます。食事や栄養はもちろん、化粧品や健康食品、薬の評価なども、漫然と行うよりも「概日リズム」を考えあわせることで、より高い効果が期待できるからです。

時刻による体の状態や病状の変化は良く知られており、狙った時刻に望む効果を得られるよう、栄養や薬をどう吸収させるかという研究も進んでいます。栄養も薬も、代謝のリズムを考慮し、一番効果がほしい時間、副作用が起きにくい時間、排泄されやすい/にくい時間、などを考えあわせた効率的な摂取の方法が「概日リズム」を通じて明らかになってきました。体内の時刻と外の時刻、症状の変化と薬効が得られるまでのタイムラグを意識した時間薬理学の概念にも、「概日リズム」は重要な役割を担っています。

こうした「概日リズム」に関する情報をコミットした製品やサービスを、ジーピーシー研究所から広く展開していきたいです。
エビデンスに基づいた本当に価値のあるものを消費者の方々にお届けし、人々の健康的な生活、大きくは人生までサポート出来る存在にしていきたいと考えております。

企業・団体情報

企業名
株式会社ジーピーシー研究所
所在地
〒683-0826
鳥取県 米子市西町 86番地 とっとりバイオフロンティア3階
設立年月
2012年3月
従業員規模
11名-50名
URL
http://www.gpc-lab.co.jp/