日本システムウエア株式会社へ
オンライン名刺をリクエストする

オンライン名刺のURLを入力し「名刺交換リクエスト」ボタンを押してください

オンライン名刺URL * 必須項目

担当者へのメッセージ

オンライン名刺をお持ちでない方

オンライン名刺交換機能とは、Sansan株式会社が提供する名刺管理サービスです。

powered by Sansan, Eight

リクエストを送信しました

オンライン名刺交換リクエストを送信しました。
出展企業からのお返事をしばらくお待ちください。

STORY

工業用スマートグラス「RealWear」が100%ハンズフリーで実現させる世界

SPEAKER

日本システムウエア株式会社 サービスソリューション事業本部 ビジネスイノベーション事業部デジタルテクノロジー部 南 達也

日本システムウエア株式会社 サービスソリューション事業本部 ビジネスイノベーション事業部デジタルテクノロジー部 南 達也

日本システムウエア株式会社に入社後、金融系のシステム開発を経てサービス開発部門に転属。
越境ECサービス、RPAの企画と商品化を手掛けリリースまで行った実績から現在は、サービスマネージャとしてRealWear販売の推進と、DXの企画開発に取り組んでいる。

目次

事業部紹介・RealWearとの出会い

私の所属しているビジネスイノベーション事業部デジタルテクノロジー部は、AI、RPA、クラウド、そして今回ご紹介するRealWearというような製品を取り扱っている部署になります。お客様に最適なシステムや弊社のパッケージをご紹介、ご提案をしております。
弊社はどこにも属していない独立したシステム会社になりますので、多岐にわたるソリューションを扱うことが出来るのが強みとなっております。お客様に本当に最適なソリューションを提供することが我々の使命です。

我々が扱っているスマートグラス「RealWear」は、世界で20,000台以上の販売実績がございます。まだ「RealWear」をご存知ない方々に、その優れた機能や特性、将来性などをご紹介したいと思います。

まず、我々がRealWearを取り扱う事になったきっかけは、アメリカの展示会でした。そこで実物を見た弊社の者が直感で良い製品と感じ、その後、我々の事業部全体でもRealWearの精度の高さや実運用に耐えられる優れた要素を痛感し、この商品は世の中に必要とされると確信したのが始まりでした。
RealWearのプロジェクトが動き始めた当初は、数々の壁がありました。弊社はシステムの会社なため、販売会社の様な体制が無く、製品の輸入販売のための海外との契約や、オペレーション構築は初めての取り組みとなり苦労することは多かったです。
また、始めはお客様にRealWearをご紹介する際に事例が無かった事も苦労したポイントでした。実際に現場で使用して頂くことでその優れた機能を体感して頂けるので、使用経験の無いお客様に魅力をお伝えしていくのはとても大変でした。

RealWearの魅力とは

まずは、音声の操作が優れている部分があげられます。RealWearは100%ハンズフリーでお使い頂けます。現場で手を使って画面を操作する際に、雨で手が濡れると反応しなかったり、手袋をしていると使えなかったりと問題点は多かったと思います。また、片手で操作をすると安全性が損なわれてしまう現場もあります。RealWearは現場での操作を100%ハンズフリーで行えるので、どんな状況下でもストレスなくご使用頂けます。
更に、音声制御も大変優れておりまして、95デシベルの雑音の中でも問題なくお使い頂けます。我々は実際にお客様の工事現場に足を運んだり、RealWearをつけて工場でお客様と一緒の作業をさせて頂いたりしているのですが、その際に、90デシベル近くの騒音の中で問題なく使用する事が出来たので、このノイズキャンセリング機能は我々も身をもってRealWearの強みだと感じております。

またRealWearは大容量電池という部分でも優れております。内蔵型電池で、交換も出来ますし、電池の持ちも大変強みになっています。内蔵型電池なのでコードが出ていないため、作業する方の作業のしやすさや、安全面のサポートにも繋がります。
安全面というポイントでは、もう一つ視野角があげられます。RealWearはディスプレイが、片方の目の下の位置にくる仕様になっているので視野を広くとることが出来ます。これにより、目の前がクリアになるので、現場でも安全に作業をして頂けます。

お客様の声

RealWearは遠隔支援としてもご活用頂いております。今まで無線だけで連携を行っていたお客様がRealWear導入後は、ビジュアルも一緒に入ってくるので現場の状況をかなり細かく把握することが出来て連携作業の効率化に繋がっているというお声をたくさん頂いております。
これにより、熟練の方ではなくても現場に入りRealWearからの遠隔で熟練者のサポートを受ける事で通常業務をこなすことが可能になってきます。

また、海外に製造拠点のあるお客様が、わざわざ出張で海外の工場に出向かなくてもRealWearを送るだけで海外との連携も実現するので、手間やコストの削減にもなっているというお声も頂いております。
RealWearは、アプリケーションをインストールすれば日本から簡単に海外への遠隔操作が出来るので、出張費や教育コストを抑えることが出来ます。

現場で作業する方々からは、両手が自由になり格段に作業がしやすくなっているというお声が一番多いのですが、RealWearは屋外など明るい場所でもディスプレイを鮮明に見ることが出来る部分も大変ご好評頂いております。

DX導入のスタートにも最適

企業がDX導入を考えた際に、実際の業務プロセスの見直しや、システムを業務に合わせるなど、なかなかうまく導入が進まないケースが多くあるかと思います。
RealWearは導入設計から運用までの流れを弊社で全てサポートしておりますので、DXを手軽に始められる第一歩として最適だと考えております。

今後の展望

我々は今後RealWearとAIを連携する事で、更なる広い分野での活用をご提案していきたいと考えております。

昨今、熟練の技術者の高齢化や、労働人口の減少により技術伝承への懸念が高まっています。
上記の課題解決としてAI導入により技術継承や人材育成をサポートしていく動きがありますので、そこにRealWearを連動させていきたいと考えております。
例えば、AIが習得した情報、判断した結果をRealWearに反映させ作業に取り入れて頂いたり、RealWearで取得した音や、ディスプレイに写っている映像を、AIで画像処理、または音声認識をして異常か正常かの判断をして頂く事も我々は可能にしていこうと思っております。
ナレッジがどんどん失われつつある様々な業種の方々にどんどん取り入れて頂き、技術伝承をサポートしつつ人手不足の解消にもRealWearが活用される未来をつくっていきたいと考えております。

日本システムウエアだからこそ実現出来るRealWearの幅広い利用法にもご期待頂ければと思います。

企業・団体情報

企業名
日本システムウエア株式会社
所在地
〒150-0031
東京都 渋谷区桜丘町 12-10渋谷インフォアネックス4-6階
設立年月
1966年8月
従業員規模
501名以上
URL
https://www.nsw.co.jp

この企業・団体の他の
ストーリー