アラクサラネットワークス株式会社

工場向けネットワークセキュリティ

工場ネットワーク全体の状況を俯瞰して、セキュリティを改善

工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
工場向けネットワークセキュリティ
あらゆる領域でITの利活用が進む中、元来クローズであった工場ネットワークにおいても、クラウド環境への対応や各種セキュリティ脅威への対策がオフィスと同様に求められるようになっています。
ネットワーク構成の複雑化や接続デバイスの多様化など、変化・進歩が速い状況の中で適切に対応していくには、現在の状態を常に把握し、適切なセキュリティ対策を実施することが重要です。

【課題1】端末状況の把握・可視化
・ネットワークに接続している/接続した端末の把握や追跡が困難
・工場の端末には、エージェントソフトを入れられない(OS未対応、CPUパワー不足、動作保証外など)

【課題2】インシデント対応の迅速化
・攻撃の検知から通信の遮断まで、初動対応を速やかに⾏える体制(インフラ)が不⼗分

【課題3】ネットワーク構成・通信状況の把握
・工場には専任の担当者/管理者がいないので、そもそもの現状把握が困難
・専任担当者/管理者はいるが、デバイスの追加や構成変更が頻繁で状況を追い切れていない

アラクサラの「工場向けネットワークセキュリティ」は、ネットワーク側で容易に監視・管理でき、エージェントレスで導入可能なため、上記の課題を解決できます。

工場向けネットワークセキュリティの詳細

工場ネットワーク全体の状況を俯瞰してセキュリティを改善する、3つのソリューション

【工場の特性と必要な対策】

①一度導入されると長く使われるため、レガシーな機器や特殊品が多い
②工場内の端末の性能はピンキリで、機器が自己防衛できるとは限らない
③工場内の端末数が多く、管理が行き届かない

⇒ 工場の特性にあったセキュリティ技術と運用方法が必要

①エージェントレスで動作する
②端末自身ではなく、ネットワーク側で監視・管理する
③多数の端末やトラフィックを、容易に監視できる

工場の特性と必要な対策

【1】端末状況を把握・可視化する「端末トレーサビリティソリューション」

現在のネットワーク環境におけるリスクを把握するためにも、はじめに実施しなければならないことは「現状の把握」

【課題】
ネットワークに接続している/接続した端末の把握や追跡が困難

【解決】
・登録したネットワーク装置(スイッチや無線LANコントローラ)から端末の情報を⾃動収集
・接続している端末の台数/接続場所/ネットワーク装置のポート情報などを⼀覧表⽰

端末トレーサビリティソリューション

【2】インシデント対応を迅速化する「サイバー攻撃自動防御ソリューション」

インシデント発生時には、オフィスネットワークと工場ネットワーク間の通信を遮断

【課題】
攻撃の検知から通信の遮断まで、初動対応を速やかに⾏える体制(インフラ)が不⼗分

【解決】
・問題のある端末を短時間で捜索して特定
・インシデント発生時に、ネットワーク装置へ通信遮断を指⽰

サイバー攻撃自動防御ソリューション

【3】ネットワーク構成・通信状況を把握する「ネットワーク可視化ソリューション」

モニタリングを通じて、ガイドラインやルール/アクセス権限の設定などを定期的・継続的に見直すことで、より強固なセキュリティ環境を作る

【課題】
・専任の担当者/管理者がいないので、そもそもの現状把握が困難
・専任担当者/管理者はいるが、デバイスの追加や構成変更が頻繁で状況を追い切れていない

【解決】
・拠点間やデバイス間の通信状況をグラフィカルに表示して直感的な把握・理解を促進
・ダッシュボード画面でネットワークの変化を把握することで管理者の業務を効果的に支援
・IT/OTネットワークの全体像を可視化して各々の観点から改善の基礎となる知見(情報)を取得

ネットワーク可視化ソリューション

動画

用途例

「端末トレーサビリティソリューション」の事例
(秋田大学様)

【課題】
挙動不審な端末の特定に課題、多くの時間と労力を費やし、ときには無駄足を踏むことも

・ネットワークで不審な動きを見つけた際、その端末を特定するのに多くの時間と労力を費やしていた
・せっかく端末の位置を突き止めても、すでに移動してなくなっていることも

【効果】
端末特定に要する作業量が大幅に軽減、作業の属人化も解消

・短時間で端末を特定することが可能になり、その後の挙動も把握
・ワンクリックで特定できるため担当者の負荷は大きく軽減され、属人化も解消

端末トレーサビリティソリューション
「サイバー攻撃自動防御ソリューション」の事例
(岡山大学病院様)

【課題】
院内に分散している電子カルテ端末について、何台あるか・どこにあるかを正確に把握したい

・院内にある電子カルテ端末の配置や移動先がわからない
・部署の所在が変わることも多く、とても追いきれない

【効果】
セキュリティ装置と連動し、何かあったとき自動で切断することでサイバー攻撃にも迅速に対応

・FWなどセキュリティ装置と連携し、インシデントの際には自動でネットワークから切断
・自動で情報を収集できるため、端末の接続情報を正確に把握できる
・資産管理システムと連携したことで、電子カルテ端末や医療情報機器の効率的な管理が可能に

サイバー攻撃自動防御ソリューション
「ネットワーク可視化ソリューション」の事例
(某データセンター様)

【課題】
サービスを提供する各サーバの負荷状況を把握したい

・サービスを提供する重要なサーバなので、回線品質を常時ウォッチしておきたい
・帯域(トラフィック量)やサーバ負荷(ユーザ数)の偏りが無いか
・サービス(アプリケーション)の状況(無応答/遅延等)

【効果】
回線帯域の偏りを設定変更により解消し、サービス稼働状況の常時監視も開始

・回線内のフローを可視化することで帯域の偏りを把握し、設定変更により偏りを解消
・サービスの稼働状況(無応答、遅延等)を、マトリクス画面で可視化・監視(直観的に分かりやすい)
・トラブル個所を速やかに特定し、対処可能に

ネットワーク可視化ソリューション

よくあるご質問

「工場向けネットワークセキュリティ」の構成要素を知りたい。
3つのソリューションを組み合わせて、課題を解決します。
【1】端末トレーサビリティソリューション
【2】サイバー攻撃自動防御ソリューション
【3】ネットワーク可視化ソリューション
それぞれのソリューションは、個別に導入することができるのか。
はい、個別にご利用いただくことができます。
アラクサラ以外の機器でネットワークを構成しているが、利用することができるのか。
はい、利用可能です。ただし、利用できない機能もございますので、詳細はお問い合わせください。
お試しで利用することは可能か。
はい、お試しで利用いただくことが可能です。
詳しい条件などは、お問い合わせください。

工場向けネットワークセキュリティのサービスメニュー

「工場向けネットワークセキュリティ」資料

「工場向けネットワークセキュリティ」資料

「工場向けネットワークセキュリティ」 についての詳細資料です

あらゆる領域でITの利活用が進む中、工場などの元来クローズであったネットワークにおいても、クラウド環境への対応や各種セキュリティ脅威への対策がオフィスと同様に求められるようになっています。
本資料では、ネットワーク構成の複雑化や接続デバイスの多様化が著しい環境において、効果的な現状把握手法とネットワークセキュリティについて解説します。

資料ダウンロード

「工場向けネットワークセキュリティ」についてメールで質問・相談

「工場向けネットワークセキュリティ」についてメールで質問・相談

アラクサラの担当者へ直接質問や相談ができます

「工場向けネットワークセキュリティ」について、アラクサラの担当者より回答させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

メール相談

アラクサラネットワークス株式会社

アラクサラネットワークス株式会社

ミッションクリティカルなネットワークを⽀える、⾼品質な「モノ」と「コト」を提供します

アラクサラネットワークスは、2004年にNECと日立が合弁設立した国内トップクラスのネットワーク製品メーカーです。
世界の中でも特に厳しい日本規準の製品品質と、お客様第一の精神で対応する国内メーカーならではのサポート力を、多数のお客様から評価いただいています。

出展団体情報

出展団体名アラクサラネットワークス株式会社
所在地212-0058 神奈川県 川崎市 幸区鹿島田1丁目1番2号 新川崎三井ビル西棟13階
設立年月2004年09月
従業員規模101名-500名
URLhttps://www.alaxala.com/

工場向けネットワークセキュリティが出展中のオンライン展示会