株式会社シーイーシー

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)

IoTデータを価値ある“気づき”に変える工場専用の情報基盤

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)
Visual Factory(ビジュアルファクトリー)
Visual Factory(ビジュアルファクトリー)は、設備、人、モノなどの工場データを相互に紐づけて可視化する“工場情報基盤”です。

工場データを製造現場が必要とする情報に変換し、品質/コスト/納期/安全性の向上に役立つ情報として可視化。
IoTで取得したデータを単に表示させるだけでは見えなかった、価値ある“気づき”を提供し、製造現場の迅速な意思決定を支援します。

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)の詳細

特長

データを現場に役立つ形で見える化 工場専用設計の“情報基盤”

IoTデータを単に表示しただけでは、工場の現場に価値ある情報とはなりません。

Visual Factoryは、生産現場のシステム・FA機器の制御に長年携わってきたシーイーシーが、そのノウハウを活用して専用に設計した「工場情報基盤」です。モデルユーザーの知見を元に、「工場現場が知りたい情報」を起点として開発した画面テンプレートを提供。工場のデータを価値ある“気づき”として見える化します。

また、シーイーシーが多数手がけてきた工場IoTシステムの開発経験を活かして開発した、工場データ専用のマッピング機構「工場データモデル」を搭載。人、モノ、設備の情報をはじめとするデータを処理するエンジンとして、製品品質向上の取り組みや製造プロセス改善へのデータ活用を支援します。

データを現場に役立つ形で見える化

QCD改善への“気づき”を可視化する画面テンプレートを提供

モデルユーザーの知見を取り入れ、QCD改善につながる“気づき”を可視化する画面テンプレートを提供。あんどん、設備総合効率(OEE)、ワーク通過履歴など、生産現場で使いやすく、役立つテンプレートが数多く用意されており、必要に応じて選択することができます。

「データを見る」のではなく、対処すべき突発事象の把握/品質向上・歩留向上・トレーサビリティ/設備効率向上/作業効率向上といった「目的にあわせてデータを整理する」発想で設計された画面が、現場の迅速な意思決定を支援します。

ゼロから画面を構築する場合、データの定義付けから、表示項目、グラフの要素決めなど、要件定義に膨大な時間を要することが一般的です。Visual Factoryは、あらかじめ用意された画面テンプレートを活用することで、こうした導入リードタイムを短縮します。また、ご要望に応じた画面カスタマイズも承ります。

QCD改善へ

「工場データモデル」で工場DXに向けたデータ活用を支援

工程が進むにつれ識別キーが変化するなど、工場データは複雑でその整理や紐づけは困難です。また生産現場では、さまざまなシステムが目的別に構築された結果、そのデータが分散・分断しており、これらのことが工場データ活用の妨げとなっています。

Visual Factoryは、シーイーシーが多数手がけてきた工場IoTシステムの開発経験を活かして開発した、工場データ専用のマッピング機構「工場データモデル」を搭載。工場内の人、モノ、設備の情報や工程間で発生する製品構成のデータ連携(紐づけ)、整理・統合・加工を行うデータ処理エンジンとなっています。

既存システムやデータ資産を活かし、製品品質向上の取り組みや製造プロセス改善へのデータ活用を支援、工場DXを進めるための情報基盤として活用いただけます。

工場DXに向けたデータ活用を支援

動画

用途例

 
活用例1:稼働・進捗のリアルタイム把握と通知で 突発事象への対応を支援

設備の稼働状況やアラートとともに、出来高や作業予実を一覧できる「作業予定あんどん」画面を提供。
計画に対する進捗表示や設備状況のリアルタイム監視で、ボトルネックを可視化し、すばやい対処が必要な突発事象への迅速対応を支援します。

重大アラーム発生時には画面で強調表示するほか、作業者の現在地、スキルに紐づけた応援呼び出しが可能な通知システム(連携製品:SmartFollow)の活用で、作業者の手元にあるスマートデバイスへも通知、迅速な対応を促すことも可能です。

       稼働・進捗のリアルタイム把握と通知
活用例2:品質向上・歩留向上・品質管理を支援する 生産トレーサビリティ

製品・部品単位の作業条件や生産方法、部品構成、品質状態を工程・単一ライン・複数ラインで確認、分析できる生産トレーサビリティ画面を提供。
素材から完成品までの識別番号を紐づけ、ワークの通過履歴・滞留・移動、通過時の設備状況、品質測定値を追跡でき、品質不良発生時のトレースバック/トレースフォワードを支援します。

また、品質不良が発生しやすい部品群の抽出や、製品/構成部品間の品質相関分析、製造条件/品質の相関分析機能も用意。製品品質に影響する構成部品・製造条件の特定に役立ちます。

       品質向上・歩留向上・品質管理を支援す
活用例3:工場・ラインを俯瞰して出来高低下を把握、 設備稼働や作業の効率を確認して改善を指示

出来高の低下など、すぐに対処すべき事象を把握できるよう、工場やラインを俯瞰できる画面を提供。
以降、中間在庫の確認、設備総合効率(OEE)、作業総合効率などと順を追って確認することで、改善指示のポイントをあぶりだすことが可能です。 

工場・ラインを俯瞰して出来高低下を把握
活用例4:設備停止・不良でロスが多発、3Mチャートの確認で本質的な原因を発見

大きなロスにつながる設備停止。 ロス要因分析画面をチェックし、設備停止・不良が多い場合は、さらに状況を詳細に確認するために、設備・人・ワークの状態を確認する3Mチャートを用意しています。

「有識者が多台持ちのため、設備アラーム発生時の対応遅れが常態化している」といったことを発見することが可能。 本質的な原因の追及に役立ち、改善に向けた対処の検討につながります。

       3Mチャートの確認で本質的な原因を発見

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)のサービスメニュー

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)資料

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)資料

IoTデータを価値ある“気づき”に変えるソリューションのご紹介

工場データを製造現場が必要とする情報に変換し、品質/コスト/納期/安全性の向上に役立つ情報として可視化。
IoTで取得したデータを単に表示させるだけでは見えなかった、価値ある“気づき”を提供し、製造現場の迅速な意思決定を支援します。

資料ダウンロード

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)についてメールで質問・相談

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「Visual Factory(ビジュアルファクトリー)」について株式会社シーイーシーの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー

工場現場をICTで可視化、生産の最適化・自動化・自律化へ

シーイーシーは長年、生産現場のシステムに携わってきました。
生産自動化関連の制御ソフトウェア、CAD/CAM/CAEの開発運用、各種機械制御などで培ったノウハウを元に2008年から「ものづくりソリューション VR+R(ヴィ・アール・アール)」をご提供。
製造現場のニーズをもとに開発した自社製品を展開しています。

また、工作機械やPLC、産業ロボットなど、FA機器の制御やデータを熟知している技術者が、オーダーメイドのIoTソリューション開発にも対応。
生産現場を知るシステムインテグレーターとして、これからもソフトウェアの面から、ものづくりを支援します。

出展団体情報

出展団体名株式会社シーイーシー
所在地150-0022 東京都 渋谷区恵比寿南 1-5-5 JR恵比寿ビル
設立年月1968年01月
従業員規模501名以上
URLhttps://vrr.cec-ltd.co.jp/

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)が出展中のオンライン展示会