株式会社中央製作所

「PAL-Plus」

Modbus通信可能な交流電流センサをご紹介します。

「PAL-Plus」
「PAL-Plus」
「PAL-Plus」は遠隔監視が容易に実現できる計測機能内蔵の交流電流センサ(60A)です。
ファクトリーオートメーション(FA)やプロセスオートメーション(PA)分野において広く普及している通信プロトコル Modbus RTU(RS-485)を採用しています。
超小型分割クランプ式センサであるため、通電中の装置内へ、1台から簡単に取り付けできます。

「PAL-Plus」の詳細

特長

超小型 計測・通信回路内蔵でコスト低減、設置場所確保に貢献します。

計測・通信回路を分割クランプ式電流センサ内部へ内蔵することで超小型を実現し、狭い分電盤内へ簡単に取り付けできます。 通信回路をセンサへ内蔵したことで従来必要なアナログ・デジタル変換器が不要となり、コスト低減、設置場所確保に貢献します。

特徴

用途例

コンパクト・シンプルなシステムを構築可能です。

PAL-Plusセンサが出力した電流値を、PAL-Plusユニットを経由し、CEW遠隔監視システム(CEW-M4 遠隔監視サーバーソフトウェア)へ自動蓄積。設備稼働状況の把握、異常の早期発見をサポートし、原因特定や、設備の安定運用に貢献できます。

コンパクト・シンプルなシステムを構築可能

「PAL-Plus」のサービスメニュー

「PAL-Plus」についてメールで質問・相談

「PAL-Plus」についてメールで質問・相談

交流電流計測(Modbus)「PAL-Plus」

「PAL-Plus」について株式会社中央製作所の担当より回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

「PAL-Plus」についての資料

「PAL-Plus」についての資料

交流電流計測(Modbus)「PAL-Plus」資料

省スペースでModbus RTU 通信の遠隔監視が容易に実現できる 計測機能内蔵の交流電流センサ(60A)です。

資料ダウンロード

株式会社中央製作所

株式会社中央製作所

サーバーの電源に安心を供給します。

ICTの進展により、情報通信に使用する電力は今後も増え続けることが想定されます。
そんな電力を、これからも当たり前に存在させ、この情報通信社会を安定して支えていくために、私たちはさまざまな形で電力とともに「安心」を供給してまいります。

出展団体情報

出展団体名株式会社中央製作所
所在地981-1251 宮城県 名取市 愛島台7丁目101-51
設立年月2020年03月
従業員規模101名-500名
URLhttp://www.cew.co.jp/

「PAL-Plus」が出展中のオンライン展示会