株式会社クリエイティブテクノロジー

IonPad

外部エネルギー不要で使用できる把持・滑り止めパッド

IonPad
IonPad
IonPadは表面を滑らかに仕上げた粘着タイプと、微細な凹凸を形成した非粘着タイプの2種類があります。
主にガラスやフィルム等のピックアップには粘着タイプが用いられ、横滑り防止には非粘着タイプが用いられます。
対象物の材質や用途、使用環境等により最適なIonPadの設計をご提案いたします。

メッセージ

「静電気の力を最大限に引き出し、社会に貢献していく」というビジョンのもと、私たちクリエイティブテクノロジーは事業展開を行っています。 IonPadは「外部エネルギーを必要としない」という点で静電吸着技術とは一線を画しますが、静電チャックとのハイブリッドで工程改善を実現してきた事例も豊富にあり、主要な製品の一つとして広く活躍しています。

株式会社クリエイティブテクノロジー 営業部

「静電気の力を最大限に引き出し、社会に貢献していく」というビジョンのもと、私たちクリエイティブテクノロジーは事業展開を行っています。 IonPadは「外部エネルギーを必要としない」という点で静電吸着技術とは一線を画しますが、静電チャックとのハイブリッドで工程改善を実現してきた事例も豊富にあり、主要な製品の一つとして広く活躍しています。

IonPadの詳細

特長

大気・真空を問わず使用可能

すべての構成材質にアウトガス対策を施した材料を使用しているため、大気環境はもちろんのこと、真空環境でも豊富な使用実績があります。

大気・真空を問わず使用可能

外部エネルギーは一切不要

外部エネルギーを使用する吸着ツールは配線などの取り回しが問題となる場合もありますが、外部エネルギーが不要なIonPadは狭い空間での使用にも適しています。

外部エネルギーは一切不要

高純度樹脂パッドを採用

対象物保持のために粘着テープを用いると、剥がした際の残留物質がしばしば問題になります。 IonPadは粘着物質ではありませんので、対象物側への物質残留が問題になりにくい設計です。

外部エネルギーは一切不要

定期的なクリーニングで繰り返し使用可能

粘着テープと異なり、IonPadは繰り返し使用できることが大きな特徴です。 意外と嵩む粘着テープのランニングコスト削減に是非ご検討ください。

動画

用途例

ガラスの貼り合わせ等に適した粘着タイプ ガラスやフィルム、シリコンウェハといった鏡面の対象物を垂直や天井側に保持するために用いられる粘着タイプです。 パッド厚み1mmと0.1mmをご用意しています。

ガラスの貼り合わせ 等に適した粘着タイプ
ウェハの高速移動等に適した滑り止めタイプ 対象物の水平高速搬送時に位置精度を補う滑り止めタイプです。 既存のハンド部分にも設置できるため、大掛かりな設計変更は必要ありません。

ウェハの高速移動等に適した滑り止めタイプ
ウェットな対象物の吸着用途にも!? 水や油が付着した保持が難しい対象物を吸着する用途開発も進めています。 生産ラインでの実績はありませんが、試作ライン等で動き出しています。

ウェットな対象物の 吸着用途

よくあるご質問

クリーニングしていれば永久に使用できますか?
吸着面は樹脂であり摩耗するため、あくまで消耗品という位置づけです。
繰り返し使用することで吸着力や滑り止め効果は低下します。
どの程度で消耗するかはお客様の工程により異なりますので、標準期間は設定しておりません。
どのようなお手入れが必要ですか?
吸着面にごみやほこりが付くと吸着力が低下してしまいますので、定期的に工業用アルコール(IPA)等を含ませたワイパーで拭き取っていただくことを推奨しています。
パッド部分のみで購入できますか?
申し訳ございませんがパッド部分のみでの購入は承っておりません。
必ず基材に貼り付けてのご提供となります。
対象物の材質や用途、使用環境等により最適なIonPadの設計をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

IonPadのサービスメニュー

IonPad 説明資料

IonPad 説明資料

Ion Padの高い技術

Ion Padは特殊樹脂コーティングとベース素材からなり、Ion Padと対象物の界面に、化学的または物理的結合力を発現させるツールです。

資料ダウンロード

IonPadについてメールで質問・相談

IonPadについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

IonPadについて株式会社クリエイティブテクノロジーの担当より回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社クリエイティブテクノロジー

株式会社クリエイティブテクノロジー

静電気の力を最大限に引き出し、社会に貢献していく
静電チャックのパイオニア

1985年、脆性材料であるファインセラミックスの加工技術開発からクリエイティブテクノロジーはスタートしました。
1990年代には、その加工技術をコアとして、半導体製造装置向け静電チャックの開発に成功し、さらに2000年代前半には、それまで培ってきた静電チャックの開発製造技術をもとに静電チャックの再生事業を立ち上げ、世界中のお客様とのつながりを構築しました。そして現在、私たちは半導体業界で利用されてきた技術をさまざまな形に進化させ、付加価値の高い静電吸着応用製品の開発に取り組んでいます。
クリエイティブテクノロジーは、モノとモノをくっつける技術で、あらゆる分野の省力化・IoT化に貢献していきます。

出展団体情報

出展団体名株式会社クリエイティブテクノロジー
所在地2130034 神奈川県 川崎市高津区上作延507-1
設立年月1985年06月
従業員規模101名-500名
URLhttps://creative-technology.co.jp/

IonPadが出展中のオンライン展示会