株式会社電通サイエンスジャム

脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチ

完全リモートで脳波計測が可能に

脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチ
脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチ
フルリモートニューロリサーチは、オンラインで実験指示を出すことが可能な、非対面方式のニューロリサーチです。家にいながらビデオ通話で直接対話をし、実験指示を通して対象者の「感性」を把握することができます。

電通サイエンスジャムの持つ脳波による感性把握技術は、慶應大学満倉靖恵教授の18年以上の研究によって確立された独自のアルゴリズムを活用しています。その研究は国内外で評価され、多くのクライアント様が商品開発やリサーチ、エビデンス構築などに活用しています。

首都圏に暮らす128世帯の同意を得た生活者の家庭にクラウド連携させた脳波計測器を配布し、在宅型大規模ニューロリサーチパネルを構築しました。実際の生活環境で脳波取得が実現するとともに、スピーディーかつコストパフォーマンスに優れた大規模ニューロリサーチをご提供しております。

脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチの詳細

特長

アンケートだけでは わからない「感性」を把握

脳波から感性を変換する技術により、従来のWebアンケート調査ではわかることができなかったモニターの「感性」をリアルタイムで計測することができ、より深いインサイト調査が可能となります。既存指標にないものでも、構築することが可能です。

指標の一例:興味、好き、ストレス、集中、沈静など

指標の一例:興味、好き、ストレス、集中、沈静など

実施者も対象者もフルリモート

小型の脳波計とタブレットのみで場所にとらわれず、いつでもどこでも簡単に計測ができます。オンラインで対象者と直接コミュニケーションをとりながら、実験指示を行うことにより、飲料、食料を実際に飲む、食べる、香料を嗅ぐ、機器を試すといった複雑な指示を必要とする実験もスムーズに行えます。

3密を回避し負担を軽減できストレスフリーな状態で調査ができます。会場では取れないリアルな生活データが計測可能です。

実施者も対象者もフルリモート

高精度の時間分解能

1秒単位での感性をリアルタイムに取得できるため、どのポイントで気持ちに変化があったのか、時系列での分析が可能です。また、動画や音声との連動を行えば、どんなシーンで変化があったのかの特定ができます。

各感性指標1秒毎のデータをCSVファイルで書き出すことが可能です。

高精度の時間分解能

用途例

エビデンス作りや商品開発の糸口を見つけることが可能

■冷凍食品

調理から喫食の一連の動作でどこでストレスを感じるか

■機能性飲料

飲むことによって感情にどのような効果を与えるか

■動画コンテンツ

ポジティブな反応や興味をもつシーンはどこか

■香りの開発

もっともリラックスできるのはどのような香りか

■ECサイト

どこでストレスを感じるかUIUX調査

■ゲーム・アプリ

没頭できるゲームの感性的特徴とはどのようなものか

■フィットネス動画

心身共にすっきりする動画の開発

■地方自治体

写真や動画から隠れた観光資源の発掘

その他

調査の流れ(動画視聴)

自宅のリラックスした空間で、脳波計を装着してもらいます。専用タブレットにインストールされたBBIアプリを起動させ、脳波を取得できる状態を作ります。

そして、ご自身がお持ちのスマホやPCでクライアント様からご提供いただいた動画等を見ていただき、視聴中の脳波を計測・感性値を脳波DBサーバに送ります。

同様の作業を128世帯のパネルに同時多発的に行っていただき、全モニターの感性値を集約させ、結果をクライアント様に共有します。

調査の流れ(対面調査)

128世帯のパネルの中から、対面調査が可能な対象者を選定します。オンライン会議サービスを利用し、顔をみながらタスクの指示をします。

これにより、どのタイミングでどんな動作をしたのか、そのときの感性はどうなのかをより細かく見ることができます。

よくあるご質問

調査対象者はどのような方ですか?
調査対象者は首都圏に住む20-30代男女になります。
基本的に128世帯全てに調査依頼をかけ協力してもらえた人数が被験者数となります。

脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチのサービスメニュー

脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチについてメールで質問・相談

脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「脳波を活用した感性把握技術 フルリモートニューロリサーチ」について株式会社電通サイエンスジャムの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社電通サイエンスジャム

株式会社電通サイエンスジャム

人の本音を探る。見えないビジネスの先を照らす。
研究者の叡智と先端の技術、そして極端な発送で。

不確実な未来、消費動向、消費者の気持ち。これまで手探りで把握しようとしてきた、これら曖昧なことを可視化できたら。これからの企業活動のキーファクターは、過去の経験則に頼るしかなかった数値化しにくい消費者の感性や気持ちの移り変わりを定量化し、R&Dやマーケティング活動にフィードバックしていくこと。このような企業ニーズを背景に、2013年 電通サイエンスジャムが設立されました。

電通サイエンスジャムでは脳波をはじめとする生体信号解析をベースに、複雑化している消費者の動向を探るお手伝いをしています。国内外で活躍されているさまざまな分野の研究者とアライアンスを組み、企業との共同研究やR&Dを推進。電通が誇る要件定義と的確なプロジェクトマネジメント力で「結果をだすR&D」「エビデンス開発」「製品クリエイティブ」の構築に貢献します。

出展団体情報

出展団体名株式会社電通サイエンスジャム
所在地107-0052 東京都 港区赤坂 4-2-28 TRES 赤坂 102
設立年月2013年08月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.dentsusciencejam.com