株式会社エコム

Miterune

工業炉が健康状態を自ら教える。新しい設備保守の形

Miterune
Miterune
Miterune
Miterune
Miterune(ミテルネ)は、お客さまの工業炉における火炎検出、空燃比、炉内温度や排ガス温度を工業炉内のセンサーで測定し、視える化により工業炉の最適運用のサポートを行います。
サービス開始の際には「カルテ」を作成することで、炉の基礎情報となる健全性を把握し、最適運用コンサルと計画的な設備改修をご提案いたします。
定期レポート配信と定期点検の実施により、常にお客様の設備状態を監視し予防保全を行う事が出来ます。

Miteruneの詳細

特長

「IoT」を活用した視える化により工業炉の予防保全と省エネルギー化をサポート

MiteruneはIoTを活用した視える化システムを導入しており、タブレット端末等でお客さま設備の運転情報、警報履歴等を確認可能です。
傾向監視として、異常が起こる前に注意を促すメール機能も搭載しているため、早めの対応が可能になります。
予防保全の面でも、データをもとに計画的な設備保全を行うことで、トラブルの防止につながります。
また、稼働状況を連続モニタすることにより、最適な運用ができているか解析することができるため、現状把握と運用改善により、省エネルギーが可能です。

「IoT」を活用した視える化により工業炉の予防保全と省エネルギー化をサポート

工業炉の「健康」を常にチェック!クラウドデータ収集サービス

工業炉の稼働状況をPCやタブレットなどの画面に数値やグラフでグラフィカルに表示。外出先からでも閲覧できるので、いつでもどこでも精度の高い運転管理が可能です。
これにより持続的に最適な生産管理を維持できます。また、測定データから工業炉の不具合や故障予知を把握できるため、生産への影響のないタイミングでの保守点検・修理交換ができます。
データは最大32項目を選択して取得可能です。数値データをグラフ化し、一目で傾向が把握できるデザインになっており、画面レイアウトや表示項目などを自分が見やすいデザインにカスタマイズすることも可能です。

【取得データ項目例】
■総合データ
・稼働時間 
・燃焼時間 
・点火時間 
・ガス使用量 

■燃焼データ
・フレーム電圧 
・ガス流量 
・エア流量 
・空気比 
… その他、装置データ、異常データからも項目選択可能

工業炉の「健康」を常にチェック!クラウドデータ収集サービス

データ解析+現場プロの経験によるレポート配信サービス

定期レポート配信サービスでは、工業炉の健康診断と考え、現状を可視化し、最適運用維持と計画的な設備改修をご提案いたします。
レポート配信は3ヶ月に1度で、サービス契約中の数値から得たデータから、エネルギー管理士の資格を持つスタッフが工業炉の稼働状況を評価。
効率や安全性の観点から緊急要修理項目を上げるのはもちろん、省エネの観点からも改善提案や細かい数値の設定提案まで行います。
レポート形式でお届けするので、記録として残すことも可能です。
自社内にノウハウが無くても、本サービスをお使いいただくことでベテランの技術で熱設備の運用ができます。

データ解析+現場プロの経験によるレポート配信サービス

動画

用途例

事例1:
技能伝承が困難

【課題】
担当者の交代や、高齢化により後継が必要だが、経験値による感覚や勘に頼って保全を行っていたため、技能の教育が難しい。
【改善策】
実際に数値を見ながら確認がとれるため、効率よく、感覚に頼るだけではない技能伝承が可能になります。
また、定期レポート配信サービスを利用することで弊社スタッフが炉の稼働状況を評価し提案を行うため、ノウハウが無くてもベテランの技術で熱設備の運用ができます。

事例1:技能伝承が困難
事例2:
トラブルの対処に時間がかかる

【課題】
何かトラブルが発生した時に担当者が不在の場合、状況説明や対応が困難。
【改善策】
担当者が知りたい状況を数値で伝えることができるため、よりスピーディーな問題解決が可能になります。
データは外出先からも閲覧可能です。
また、メーカーへの問い合わせや弊社の緊急対応サービスを利用する際にも、より状況説明がしやすくなります。

事例2:トラブルの対処に時間がかかる
事例3:
設備の緊急停止と修理費増大

【課題】
事前の予測が立ちにくく、小さな問題に気付きにくいため、予期せぬ緊急停止、生産ラインへのダメージが発生してしまう。
小さな問題の積み重ねが大きな問題となり、修理費が増大してしまう。
【改善策】
数値で確認ができるため、小さな問題とその原因解明が容易であり、大事になる前に計画的な解決が可能です。
傾向監視として、異常が起こる前に注意を促すメール機能が基本サービスに含まれています。

事例3:設備の緊急停止と修理費増大
事例4:
メンテナンス要員の不足

【課題】
設備の停止は生産ラインに影響を与えるため、トラブルが起きた際に対応するメンテナンス要員が必要だが、設備トラブルはいつ発生するか分からないので常に人員を確保しておかねばならない。
【改善策】
設備の状態を数値で把握できるため、事前の予測が立てやすく、計画的なメンテナンス要員の確保が可能です。
また、保守点検・緊急対応サービスを利用することで、御社のメンテナンス要員の削減も可能です。

事例4:メンテナンス要員の不足
事例5:
省エネルギー化が必要

【課題】
高まる省エネニーズに応えた生産を行うため、設備や条件を見直す必要がある。
【改善策】
連続的なデータの解析により、現在の状況を把握し、改善策を得ることで、効率よく最適な省エネをすすめることができます。
また、省エネ対策前後での変化をデータ化し検証することで、他装置への省エネ対策の検討材料にもなります。

【例:燃焼時間短縮】
分析により、最大出力時にガス過少・エア過剰な条件であることを発見。 これにより、出力が低下し、無駄な燃料を消費していた。

燃焼調整により、燃料消費量20%削減、昇温時間30分短縮を達成。

過剰エアの削減により排ガス(排出CO₂)量を削減。

事例5:省エネルギー化が必要
事例6:
不定期で不規則なメンテナンスに不満がある

【課題】
予防保全ではなく、トラブルがある度に対応しているため、予定通りの生産ができない。
【改善策】
測定データから不具合や故障予知を把握できるため、生産への影響がないタイミングでの保守点検・修理交換が可能です。
また、保守点検サービスを利用することで、より計画的な設備保全が可能となり、トラブルを未然に防ぐことができます。

保守点検サービス
事例7:
運用改善の限界

【課題】
経験値による感覚や一時的なデータ取りをもとに行う運用改善には限界があり、今後どのように改善すれば良いのかわからない。
【改善策】
稼働状況の連続モニタにより現状の分析ができるため、よりよい運用維持と設備改修を行うことができます。
また、定期レポート配信やオペレーター電話サービスなどのご利用で、現場プロが最適な運用のための提案をいたします。

運用維持と設備改修

よくあるご質問

Miteruneサービス開始することになった理由は
エコムは日本全国で工業炉の販売および保守メンテナンスを展開しております。
保守の面では経験とカン・コツに頼っていたメンテナンスをデータに基づく解析により予防保全に役立てるサービスが必要と考えました。また、オンサイトで行う点検業務を効率よく行うことによりお客様設備の最適運用をサポートできると考えています。
さらに、エネルギー運用のサポートを行うためにはデーターに基づく最適コンサルとチューニングが必要と考えシステムのクラウド化および視える化システムを提供することになりました。
Miteruneとはどの様なサービスか
お客様がお使いの工業炉には様々な計測機器が取り付いています(火炎検出器、ガス流量計、エア流量計、温度センサーなど)。これらは設備を正常な状態で安全にお使い頂くために必要な情報であります。しかしながら日常点検などで管理項目とされている場合もありますが、ほとんどが数値データ化されておらず管理基準も設定されていない事が多くあります。
これらのデータを収集しクラウドにデータ保管することで遠隔で監視し、データをリアルタイムで確認することが出来ます。また、これらのデータを基に傾向監視することにより設備の経時変化や異常状態を発見し予防補選に役立てるシステムです。
データに変化があった場合は予め設定されたしきい値によりアラームメールを発信可能です。さらに、3ヶ月ごとにデータをまとめたレポート配信サービスも行っております。

計測機器が取り付いていない設備では、弊社が推奨する計測機器を提案し取付工事をおこないます。
Miteruneの導入メリットは
【連続的に状態把握することにより傾向監視による省エネルギーが可能】
・エネルギー消費量を監視し稼働率、季節性などと照合してロスを発見できる
・状態変化を発見しシステム変化やエネルギーロスを発見できる
・バーナの燃焼状態による熱効率の低下を改善できる

【予防保全による安定稼働が可能】
・緊急トラブルによる生産ロスを低減できる。
・計画修理による緊急トラブル対応の人員を管理できる
・トラブル時の原因究明をデータによる解明し早急な対応が可能

【品質の安定化】
設備状況を監視することによるトレサビリティーとして稼働状態のトラッキングが可能
データのセキュリティーは大丈夫ですか
本サービスは関西電力株式会社との共同開発であり、通信網は関西地区で情報インフラを提供しております株式会社オプテージより提供頂いております。
株式会社オプテージは情報通信専門会社としての通信網を確立しており、本サービスの通信は携帯電話と同じSIM通信を採用しておりますので、情報漏えい防止・セキュリティー対策は万全です。ご安心してご利用頂けるサービスとなっております。
問い合わせ/申込み方法は
弊社サービスマンもしくはホームページよりお問い合わせください。
ご使用の設備を確認して最適なプランを提案いたします。
事前に設備図面や資料などを確認させていただきますのでご準備ください。

お申し込みは契約書にご署名頂き翌月よりサービス開始となります。
お支払いは月額制となりますので弊社代金回収システムより引き落としとなります。

Miteruneのサービスメニュー

Miterune  説明資料

Miterune 説明資料

工業炉最適運用サービス「Miterune(ミテルネ)」

お客さまの工業炉における火炎検出、空燃比、炉内温度や排ガス温度を工業炉内のセンサーで測定し、視える化により工業炉の最適運用のサポートを行います。
サービス開始の際には「カルテ」を作成することで、炉の基礎情報となる健全性を把握し、最適運用コンサルと計画的な設備改修をご提案いたします。
スタンダードメニューとして定期レポート配信と定期点検を実施し、常にお客様の設備状態を監視し予防保全を行う事が出来ます。

資料ダウンロード

Miteruneについてメールで質問・相談

Miteruneについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

工業炉最適運用サービス「Miterune(ミテルネ)」について株式会社エコムの担当より回答させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社エコム

株式会社エコム

省エネ、環境に貢献する加熱技術

エコムは加熱設備を通して、CO₂削減に配慮した製品開発を行い、環境問題に積極的に取り組みます。

■エコムのものづくり
工場から排出されるCO₂をいかに削減するか。そしていかにコンパクトに高効率にを意識して効果を導くか。エコムは加熱設備を設計する際、この様な付加価値を提案いたします。そして自社工場で設計・製作・試運転を実施しアフターフォローまで行い、お客様の要望するオンリーワン製品を形にしていきます。これがエコムのものづくりです。

■エコムの設計思想
エコムでは製品設計の際、「省エネルギーであること」を必ず視野に入れます。例えば、対象物を急速昇温することで処理時間を短縮したり、最適な熱回収システムの設計、そして排熱回収バーナを用いて省エネルギー効果を狙うなど、加熱設備に「CO₂削減」という付加価値を加えます。

■エコムの将来ビジョン
オーダーメイドの加熱設備はもちろん、エコムオリジナルの省エネルギー機器を自社開発しています。また、創業当初より行っている加熱設備のメンテナンスを通じて、省エネ、CO₂削減に取り組み、地球環境の改善に貢献する企業を目指しています。

出展団体情報

出展団体名株式会社エコム
所在地431-210 静岡県 浜松市北区新都田4-5-6
設立年月1985年07月
従業員規模51名-100名
URLhttp://www.ecom-jp.co.jp

Miteruneが出展中のオンライン展示会