株式会社ゴードーソリューション

IoTによる工場の見える化システム

今お持ちの設備をそのまま活用! 設備・ヒト・モノなど製造にかかわるデータを一元管理

IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
IoTによる工場の見える化システム
Nazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)は、「工場マネジメント」をコンセプトに開発した生産設備向けIoTシステムです。多彩な接続方法に対応し、専用インターフェースがなくても設備と接続できるので、メーカーや年式問わず工場にある様々な設備の稼働データを一元管理できます。

さらに、RFIDやバーコードなど各種センシング機器からのデータ取得にも対応。これにより、設備の稼働状態と合わせて、担当者や作業時間、ワーク情報など、製造にかかわる様々なデータを紐づけして複合的に表示・集計できます。

シンプルなシステム構成と拡張性で、設備の増設にも柔軟に対応。
既存の生産管理システムとの連携もぜひご相談ください。

メッセージ

中国をはじめとした製造業のデジタル化は、世界の競争で勝ち残っていくために必要不可欠になると私たちは考えております。IoTはその第一歩です。 可視化された現場からは、新たなアイディアや自社改善が生まれるだけでなく、日本の新たなビジネスの広がりに繋がります。そこで私たちは、より多くの製造現場のデジタル化を後押しするべく、低価格でミニマムなIoT実現と、お客様に合わせたカスタマイズをご提案してまいります。

株式会社ゴードーソリューション

中国をはじめとした製造業のデジタル化は、世界の競争で勝ち残っていくために必要不可欠になると私たちは考えております。IoTはその第一歩です。 可視化された現場からは、新たなアイディアや自社改善が生まれるだけでなく、日本の新たなビジネスの広がりに繋がります。そこで私たちは、より多くの製造現場のデジタル化を後押しするべく、低価格でミニマムなIoT実現と、お客様に合わせたカスタマイズをご提案してまいります。

IoTによる工場の見える化システムの詳細

特長

メーカーや年式問わず、 様々な生産設備の稼働データを取得

LANや信号灯・電流センサーやドライ接点など、多彩な接続方法に対応。専用のインターフェースがなくても設備と接続できるので、メーカーや年式問わず工場にある様々な設備から稼働データを取得し、工場全体の稼働状態を一括で確認できます。古い設備でもご相談ください。
※接続方法により取得できるデータ内容は異なります

様々な生産設備の稼働データを取得

設備と合わせて担当者や作業時間・ワーク情報など、複合的な情報を紐づけて管理

設備の稼働状態と合わせて、プロジェクト名や作業担当者・拘束時間・アラーム番号・ワーク情報など、製造にかかわる様々な情報を紐づけして表示し、任意の期間で集計することができます。

複合的な情報を紐づけて管理

取得データによる高精度な原価管理が可能

製造番号や図面番号ごとの加工費や設備の消費電力量といった原価管理に必要な数値を算出し、集計して確認できます。

また、この算出機能を応用し、設備の予防保全を目的とした 工具の使用時間表示や、環境問題への取り組みとして製造時に発生するCO2排出量表示といった活用も見込めます。

高精度な原価管理が可能

Webブラウザを利用 パソコンやスマートフォンなど社内のどの端末からでも使える

取得したデータをリアルタイムにWebブラウザ上で分かりやすく表示します。パソコンやスマートフォンなど、社内のどの端末からでも確認できるので、設備の異常停止など万が一の時も早期発見、迅速に対応できます。設備の異常停止や加工完了など、任意の稼働ステータスで自動メール通知も可能です。 同じデータを見ながら話ができることで、社内のコミュニケーションを円滑にします。

どの端末からでも使える

すでにお使いの生産管理システムとの連携も可能

手書きの日報をベースとした曖昧な原価管理ではなく、受注した仕事に関わる全てのデータを自動的に取得し、生産管理システムにフィードバックすることにより、正確な原価管理を実現します。さらに、過去のデータ精度を高めることにより、次回以降の受注時における費用・期間の見積り精度が向上します。

すでにお使いの生産管理システムとの連携も可能

クラウドサービスkintoneと連携 社外からでも迅速な意思決定と納期回答を可能に

Nazca Neo Linkaで取得した工場の稼働データを、サイボウズ社が提供するクラウドサービスkintoneの画面上で確認でき、さらに任意の期間で集計することができます。kintoneと連携すれば、社内ネットワークの設定変更や再構築をすることなく、インターネットに繋がるデバイスさえあれば、外出先や海外拠点など、どこからでも工場の稼働状況を確認できるようになります。

クラウドサービスkintoneと連携

NC工作機械を得意とし、NCプログラムの入出力・管理まで可能

NCプログラム入出力用ソフト「ナスカ・プロマルチ通信」と連携することで、NCプログラムの送受信操作や編集ができます。複数人で同時操作ができ、タブレットやスマートフォンからも通信操作が可能です。さらに、工場内にあるNCプログラムの変更履歴や使用履歴を共有・管理できます。

生産管理システムで指定されたNCプログラムを自動的に機械へ送信するなどの情報連携についてもカスタマイズにて対応しております。情報連携することで、NCプログラムの取り間違えを未然に防ぐことができます。

NCプログラムの入出力・管理まで可能

接続方法のご提案から導入まで専任スタッフにおまかせ

長年NC工作機械用ソフトの開発・販売を行ってきたゴードーソリューションと、製造業向けシステムの受託開発を行ってきた新明和ソフトテクノロジが連携し、お客様の現場に合った最適な導入プランをご提案します。導入も専任のスタッフが直接伺い実施しますので、安心しておまかせください。

ご提案から導入まで専任スタッフにおまかせ

トライアル導入受付中!

導入検討を目的としたトライアル利用も受け付けております。まずは手軽にIoTを試してみたいという方向けに、機械1台分の稼働監視をお試し頂けるプランもご用意しております。

【無償トライアル】オンラインでお客様PCと接続し、LAN接続可能な設備1台のIoT化
【有償トライアル】現地訪問にてシステム構築または、専用ハードウェアなどを用いた設備との接続

詳細はぜひお問い合わせください。

トライアル導入受付中!

動画

用途例

手書き日報を原価計算のベースにしている方

製造にかかわる原価として、材料、人員、設備などがありますが、材料の原価は管理しているのに、人件費や設備を使用した加工賃の管理は手書きの日報をベースに集計していることはありませんか?

受注番号に対して、誰が何時間作業に携わっていたか、どの設備を何時間稼働していたかといったデータを自動的に取得することで、精度の高い原価管理を可能にします。

手書き日報を原価計算のベースにしている方
生産管理システム指示と現場指示が異なる方

生産管理システムで図面、製造工程、製造指示までできているが、実際の現場での作業まで一気通貫で繋がっていないことはありませんか?

製造において特に間違いが発生しやすいものの一つに、工作機械を動かすためのNCプログラムがあげられます。Nazca Neo Linkaでは、自動的に生産管理システムからの指示番号に紐づくNCプログラムを選択して設備に送ることが可能です。これにより不良品の発生を未然に防ぐことができます。

生産管理システム指示と現場指示が異なる方
個々の工程進捗状況を把握したい方

製造においては、1工程に何時間から何日もかかるケースがあります。Nazca Neo Linkaで取得したデータをリアルタイムに生産管理システムへフィードバックすることで個々の工程の進捗を一括で確認することが可能です。

個々の工程進捗状況を把握したい方

よくあるご質問

どんな設備から情報取得できますか?
各メーカーのNC装置、PLCとのLAN接続による詳細情報取得が可能です。
古い設備については、各種センサーや接点接続してON/OFF情報を取得します。
生産管理機能や工程管理機能はありますか?
品質、原価、納期といったQCDを総合的に管理する機能はありませんが、生産管理システムや工程管理システムへのデータ連携が可能です。
Nazca Neo Linkaで取得した詳細データをそれら上位システムへフィードバックすることにより、正確な原価管理や進捗管理ができます。

また、Nazca Neo Linkaでは、加工計画に対する実績(生産個数)の達成状況をリアルタイムに確認できる「加工生産管理」機能をお使いいただけます。現場で手軽に進捗を確認したい場合にお役立て頂けます。
データ取得からシステム構築まで、どこまでお願いできますか?
データ取得方法の選定から、現地でのシステム構築まですべて対応いたします。

IoTによる工場の見える化システムのサービスメニュー

IoTによる工場の見える化システム紹介資料

IoTによる工場の見える化システム紹介資料

今お持ちの設備をそのまま活用! 設備・ヒト・モノなど製造にかかわるデータを一元管理

Nazca Neo Linkaは、あらゆる生産設備やシステムと繋ぎ、パートナーと進化する唯一のIoTシステムです。
この資料では、国内のIoT導入の実態や実現までのステップ、導入事例にも触れながら、Nazca Neo Linkaについて詳しくご紹介しています。

資料ダウンロード

IoT導入効果試算シート

IoT導入効果試算シート

IoT導入検討にあたって欠かせないのが、費用対効果です。
そこで、費用対効果を簡単に試算できる「簡易試算シート」をご用意しました。
自社のお仕事状況に合わせて数値を入力するだけで、簡単に費用を試算できます。

資料ダウンロード

Nazca Neo Linka導入事例(株式会社 ヤマトウ様)

Nazca Neo Linka導入事例(株式会社 ヤマトウ様)

Nazca Neo Linkaをお使いの株式会社ヤマトウ様の導入事例をご紹介しています。
導入規模や機械側との主な接続方法などの詳細から、導入背景や効果をインタビュー形式で分かりやすくまとめた資料です。

資料ダウンロード

IoTによる工場の見える化システムについてメールで質問・相談

IoTによる工場の見える化システムについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「Nazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)」について株式会社ゴードーソリューションの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社ゴードーソリューション

株式会社ゴードーソリューション

「ナスカ」でお馴染み、NC工作機械向けソフトの国内メーカー

ゴードーソリューションは、CAD/CAMやNC加工シミュレーション・NCプログラム入出力など、NC工作機械向けソフトの国内メーカーです。
開発から販売、サポートまでを自社で行っています。

創業から40余年「ナスカ」の愛称で親しまれ、これまで多くの製造現場のお客様にご愛顧頂き、累計約12万ライセンスを提供してまいりました。

さらに、長年培ってきたNCプログラム入出力技術を活用し、2015年からは製造業向けIoTシステムNazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)の提供を開始しています。

2018年に新明和ソフトテクノロジ株式会社と資本提携。
幅広い製造業向けシステム構築のノウハウを持つ新明和ソフトテクノロジと、NC工作機械用ソフトの開発と豊富な導入実績を持つゴードーソリューションの連携により、お客様の製造現場に合った最適なソリューションをご提案してまいります。

カスタマイズや受託開発もご相談ください。

出展団体情報

出展団体名株式会社ゴードーソリューション
所在地435-0028 静岡県 浜松市南区飯田町 471
設立年月1976年08月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.godo.co.jp/

IoTによる工場の見える化システムが出展中のオンライン展示会