アイマトリックス株式会社

マトリックスエージェント

メールセキュリティー企業発の安全な添付ファイル送信ソリューション

マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
マトリックスエージェント
PPAPはメールで解決すべき課題です。
新しい添付ファイル送信の提案であるマトリックスエージェントは「メールでファイルを送る」という業務の形を変えず、その利便性や汎用性をそのままに、ファイル送信において高い安全性を実現します。
企業が持つ機密やプライバシーだけでなく、コミュニケーション自体もしっかりと守っていきます。

マトリックスエージェントの詳細

特長

安全と利便性を両立する新たな脱PPAP解決策

matriXagent(マトリックスエージェント)は中継センターを使った新しい脱PPAPソリューションです。
送信者と受信者がパスワードを共有することなく、お互いのストレージ領域に直接アクセスし合うこともありません。
さらにメール業務の形を変えずに安全な添付ファイル送信を実現します。

脱PPAP解決策

クラウドストレージやIRMでは解決できない脱PPAPの"本質"

PPAPはメールの課題です。安全性の担保はもちろん、メールを使った業務を阻害しないことも重要なポイントです。
クラウドストレージやIRMはファイルの保全を外部に依存し、メールとファイルが紐づかない運用に陥ってしまします。共有用URLとワンタイムパスワードを一緒に送っていてはPPAPのままです。
利用するサービスが増えると、手間だけでなく運用コストや管理コストも増大します。メールの課題はメールで解決しましょう。

PPAP
PPAP2

それぞれの担当者にそれぞれのメリット

マネジメント、システム管理、実用においてユーザーの手間を排しつつ安全性を確保します。

安全性を確保

簡潔なダウンロード画面

受信者はメールアドレスと自身で設定したパスワードでログインした後、ファイルに紐づくダウンロードキーを用いてファイルまたはメールを取得できます。 ログインできないとファイルが取得できないため、ダウンロードキーは平文でやりとりしても問題ありません。

簡潔なダウンロード画面
簡潔なダウンロード画面2

オプションにより拡張可能なセキュリティー

受信者がファイルをダウンロードする際には、自身のメールアドレス、自身で設定したパスワード、メールで送られてきたダウンロードキーの入力が必要です。
アドレスとパスワードはブラウザやパスワード管理ソフトに記憶させておけば毎回の入力は不要です。送信者と受信者がパスワードを共有しないため、情報漏洩の確率が大幅に下がります。

拡張可能なセキュリティー

選びやすい価格

参考モデルでの標準価格です。アカウント規模、一括契約年数によって詳細な価格は異なります。また、提供形態(アプライアンス、仮想アプライアンス、クラウド)によって初期費用が異なります。
詳細な価格についてはぜひアイマトリックスまでお問い合わせ下さい。

選びやすい価格

用途例

安全性の向上と業務効率の改善

課題:
添付ファイルを送る際に、送る本人が機密なデータかどうかを判断し、機密であれば暗号化もしくはクラウドストレージ経由でファイルを受け渡しをするルールになっていた。しかし、個人の裁量と判断に依存するため、本来機密扱いになるファイルが平文で送信されていたり、クラウドストレージのURLとパスワードを同じメールで送ったりして、安全性が低い状態になっていた。メールを送る際に暗号化やアップロードの処理を別途行う必要があり、手間も多かった。

matriXagentを利用することによる解決:
matriXagentを利用したセキュアな添付ファイル送信では、送信者はいつもどおりメールにファイルを添付して送信するだけで、メールサーバーの後段に位置する分離サーバーがメール本文を分離し送信され、添付ファイルは安全な経路にて受信者が取得できるようになります。機密の扱いが個人に依存しないので安全性が向上し、メールを送る以外の手順が発生しないため、業務効率も改善されます。

メールにファイルを添付
メールとファイルが紐づく運用

課題:
クラウドストレージなどを使ってメールとファイルが別々に送られる場合、送信者も受信者も「あの時あのメールで送ったファイルなのですが~」と確認を行う際に、当該メールを送信・受信した日時などからクラウドストレージにアップロードされたファイルを探し、確認することになる。多くのファイルの中から探索することになったり、場合によってはすでにストレージ上から消去されていることもあり、手間がかかっている。また監査・情報保全の観点からもメールとファイルを紐づけて保管したい。

matriXagentを利用することによる解決:
matriXagentを使ったファイル送信の場合、受信者は「ファイルが添付されたメール」を取得することも可能です。メール形式で保管することでメーラーでの閲覧も可能で、後からの確認も楽です。送信者側でもmatriXagentはメールサーバーを通った後に処理を行うので、送信履歴には添付ファイル付きメールとして残ります。アーカイブ製品との連携も可能です。

メールとファイルが紐づく運用
誤送信に気づいた場合にファイルのダウンロードを差し止めたい

課題:
メールを送信した後に、添付するファイルを間違えていたことに気づいた。PPAP運用ではパスワードも自動で送信されてしまうため、誤ったファイルを相手に開かれてしまう。

解決策:
matriXagentでは、誤送信に気づいた時点で、ファイルのダウンロードを差し止め可能です。受信者がファイルをダウンロードする前であれば誤送信による情報漏洩リスクを最小限に抑えられます。受信者がファイルをダウンロードしたかどうかも、リストから把握できます。 また、上長承認機能や送信の一定期間保留機能もオプションで利用可能で、さらにリスクを下げることができます。

誤送信
暗号化された添付ファイルを安全に受け取りたい

課題:
暗号化された添付ファイルはマルウェアスキャンをすり抜けて手元に来てしまうため、感染のリスクがあり、すべて拒否する方法を取るしかない。現状PPAP運用を続けている会社さんも多くあるため、受け取れない旨の説明をし、別の方法で送ってもらうか、平文で送ってもらうなどの運用になってしまう。

解決策:
imatrixの無害化受信機能を使えば、暗号化された添付ファイルをゲートウェイサーバー内で一旦復号し、改めてマルウェアスキャンやマクロ除去などをかけてから手元にダウンロードすることが可能です。一律拒否の運用をせず、安全に暗号化ファイルを受け取ることができます。

暗号化された添付ファイル
万が一のマルウェア拡散を防止したい

課題:
メールアドレスの乗っ取りなどでマルウェア拡散、サプライチェーン攻撃の踏み台にならないようにしたい

解決策:
matriXagentではスパム・マルウェアフィルターのオプションが追加可能です。従来の受信対策だけでなく、送信時に正常なメールかどうかを検査し、アカウントの乗っ取りや潜伏したマルウェアによる関係者への被害拡散を防ぐことができます。 スパム・マルウェアフィルターはアイマトリックスが開発した、シグネチャ型とAI型のハイブリッド方式で動作しています。世界でトレンドになっている攻撃だけでなく、日本企業を標的にした攻撃も独自に分析・対応し、高い検知率と低い誤検知率を実現しています。

マルウェア

よくあるご質問

受信者が行うパスワード設定はどの程度の作業でしょうか?
1.登録ページへのアクセス
2.メールアドレスの入力
3..登録用ワンタイムパスの入力
4.本パスワードの入力で設定完了になります。

次回以降のファイル受け取りはメールアドレスと本パスワードの入力のみになります。
受信者は必ずパスワード設定を行わないといけませんか?
はい。
安全性を考慮し、ワンタイムパスのみでの認証や、共有パスワードでの認証を行っていません。
クラウドストレージ方式ですと、送信者からURLを送り、アップロード先サーバから別のメールでパスワードを送付する方式もありますが、この方式でも両方の経路を盗聴し、ファイルを不正に取得することは可能です。
ファイルを受け取る受信者本人のみが知る情報で認証する方法が最も安全だと考えています。
部署ごとにmatriXagentをオンオフできますか?
部署だけでなく、ユーザー単位でmatriXagentのセキュアなファイル転送機能をオンオフできます。
ただし管理者による設定になり、送信時の選択はできません。
送信者ごとのオンオフだけでなく、宛先ごとや添付ファイル数、拡張子によってもオンオフの設定が可能です。
専用のメールソフトなどを使用する必要がありますか?
いずれのメールソフトからでも利用可能です。
matrixagentはメールサーバーの後段に位置し、配送経路上にて処理を行うので、メールソフトやメールサーバーに依存しません。
受信者も同じく、メールソフトを自由に選択いただけます。
メールサーバーの設定変更は必要ですか?
クラウド版の場合、MXレコードの書き換えが必要です。
配送先をmatriXagentに設定していただく必要があります。
アプライアンスの場合、受信時にmatrixagentを経由する設定をしていただく必要があります。
受信者がファイルを取得できる期間はメールが送られてからどのくらいでしょうか?
またダウンロード回数は設定可能でしょうか?
ファイルの取得期間は2週間を上限としています。より短い期間を設定することも可能です。
ダウンロード回数はデフォルトを1回とし、これも同じく設定によって変更可能です。
複数宛先に送った場合はどのような挙動になりますか?
宛先それぞれにダウンロードコードが発行され、それぞれの受信者がファイルを取得できます。例えば、ダウンロード回数が1回に設定されていれば、各受信者が1回ずつファイルを取得できることになります。
他のサービスとの相違点は?
1, オンライン上にファイルを保管しない
2, 外部ユーザーがファイルの保管場所に直接アクセスしない
3, 「添付ファイル付きのメール」を受け取れる

上記3点が大きな相違点と考えています。
安全性が担保されているポイントなど
・通信の安全性
matriXagentはSTARTTLSに対応し、送信者のメールサーバ、中継センターとのやりとりはすべて暗号化されます。ファイルをダウンロードする際はHTTPSにて通信を行うため、同じく暗号化によって安全性を担保しています。

・データ
matriXagent中継センターではファイルを保管しません。送信者が管理するmatriXagentファイル分離サーバーから受信者までを中継するのみです。

・受信者認証
送信者が宛先に指定したメールアドレスのみパスワード設定可能なので、全くの第三者がアカウントを作ることはできません。またパスワードは受信者自身に決めていただくため、パスワード共有における漏洩リスクがありません。
価格はどの程度ですか?
モデルケースとして、350アカウントの場合。1アカウント当たり月額150円程度になります。
アカウントの数、オプションなどに合わせて単価は変わりますので、詳しくはアイマトリックスまでお問い合わせください。

マトリックスエージェントのサービスメニュー

「マトリックスエージェント」についてメールで質問・相談

「マトリックスエージェント」についてメールで質問・相談

構築担当、技術者に直接質問や相談ができます。

掲載内容に対する疑問、実運用に伴う留意点、お客様の規模での運用コストなど気軽にお問い合わせください。

メール相談

「マトリックスエージェント」カタログ

「マトリックスエージェント」カタログ

メール運用の形を変えずに安全に添付ファイルを送信することができます

マトリックスエージェントはメール・添付ファイルの安全な送信を実現するサービスです。暗号化ZIPファイルでの運用(PPAP)からの脱却に貢献します。
matriXagnet分離サーバーがファイルを自動的にメールから分離し、ファイル転送とユーザ認証を担うmatriXagent中継センターを利用することで、 暗号化された通信経路で、添付ファイルの窃取を防ぎます。

カタログにてその詳細をご覧ください。

資料ダウンロード

アイマトリックス株式会社

アイマトリックス株式会社

電子メールをあらためてDXする

電子メールはビジネスにおける最初期のデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

アイマトリックスは20年以上、メッセージに関わるすべての情報、プライバシー、ユーザーの安全を提供することを目的に技術を積み上げてきました。さまざまなビジネスツールが次々に登場してくる中、電子メールの有用性、安全性、在り方をあらためて考え直し、さらにもう一歩、情報技術の力で変革を進めたいと考えています。
メールシステムやネットワーク技術を専門とする、開発型技術企業として、世界初、日本発のユニークで高性能な製品を生み出していきます。

出展団体情報

出展団体名アイマトリックス株式会社
所在地216-0004 神奈川県 川崎市 宮前区鷺沼3-2-6 鷺沼センタービル4F
設立年月2000年05月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.imatrix.co.jp/

マトリックスエージェントが出展中のオンライン展示会