株式会社ジャロック

自律走行協働ロボット「Syrius」

自律走行協働ロボットの導入でピッキングオペレーションを効率化

自律走行協働ロボット「Syrius」
自律走行協働ロボット「Syrius」
自律走行協働ロボット「Syrius」
自律走行協働ロボット「Syrius」
自律走行協働ロボット「Syrius」
自律走行協働ロボット「Syrius」
ピッキング作業は目的の商品が保管された棚まで移動する「歩行時間」と「商品を棚から探す時間」、そして「取り出し時間」の3工程に分かれています。

ジャロックが提案するAMR・Syriusによるソリューションはピッキング作業時間の中で約60%を占める「歩行時間」をロボットが代替し、人間の方が得意な「商品を棚から探す時間」と「取り出し時間」は導入後も従来どおり人間が担当します。
Syriusが保管棚を巡り、人間は自分が担当するゾーンで到着したSyriusのパネルに表示された商品を棚から取り出し積載されているコンテナに入れます。
小物の場合は複数のコンテナを積載してのマルチピッキングも可能です。商品のピックアップが済んだら、Syriusは次の保管棚へ向かい、すべての商品が揃った後梱包エリアに向かいます。

従来物流倉庫自動化ソリューションには大幅な効率改善が見込める一方で、大規模な設備工事やシステムの総入れ替え等大きな投資が必要で、また一度導入すると変更が難しいものでした。
Syriusは自律稼働するAMRのため、工事やシステム入替を必要としません。
導入時に必要なのはSyrius側に既存のシステムを連携させる作業と、導入エリアのマッピングの2つだけです。マッピングもSyriusを連れて物流センター内を一巡するだけで完了するため手間も時間もかかりません。

また、数台規模の導入でも効率改善を検証できるため、低コストでトライアル導入して効果を検証することもできます。

自律走行協働ロボット「Syrius」の詳細

特長

ロボット導入で倉庫や物流センターでのピッキング効率を大幅改善

人に代わって倉庫内を移動しピッキング業務を効率化させるAMR(自律走行ロボット)です。AMRにより事前にマッピングした情報に従って、効率的なルートを自動で生成し搬送します。
AMR(autonomous mobile robot/和文名称:自律走行ロボット)とは 磁気テープなどの誘導体を使用せずガイドレスでセンサなどの情報から自己位置の推定を行い走行。
走行ルート上に人や障害物があっても、自動で認識し回避(一時停止等)することができます。

ロボット導入で倉庫や物流センターでのピッキング効率を大幅改善

小規模な投資で短時間で簡単に導入が可能

従来の物流業界向けソリューションは大幅な効率改善が見込める一方で、物流センターをAIやロボットに合わせるために大規模な内装工事やシステムの総入れ替えを要求するものが多いため、投資額は数億円規模になるケースが多く導入のハードルになっていました。
Syriusはスタンドアローンで稼働するAMRのため、導入先の工事やシステム入替を必要としません。
導入時に必要なのはSyrius側に導入先が運用中の物流システムを連携させる作業と、導入エリアのマッピングの2つだけです。
マッピングもSyriusを連れて物流センター内を一巡するだけで完了するため手間も時間もかかりません。

小規模な投資で短時間で簡単に導入が可能

RaaSで柔軟な運用が可能

RaaS(Robot as a Service)・サブスクリプション制でのご提供となるため、固定費はかかりません。
業務量が増減する場合には柔軟に追加・削減が可能になり、また機種のアップデートが行われても常に最新の機種をご使用頂けます。

RaaSで柔軟な運用が可能

使いやすいインターフェイスで誰でもすぐに使える

タブレット画面はアンドロイドベースで、だれでも短時間で簡単に使いこなすことができます。
作業者はタブレット画面の表示の通りに商品を取り出し、画面の指示通りにロボットに積載された容器に入れ、スキャナーでコードをスキャンするだけです。
勤務経験の浅い作業者でもすぐに稼働が可能で、作業者に対するトレーニングの時間や負担が少なくて済みます。

使いやすいインターフェイスで誰でもすぐに使える

動画

用途例

AMRを導入したスマート倉庫 ロボットが作業の指示、チェックを担当します。
ピッキングや入庫作業専用の物流業務アプリによって、アプリが作業員の操作をガイドし、人によるミスを抑え、二重チェックの時間を減らします。
作業員はゾーンごとのピッキングが可能になり、移動の時間と労力が現象します。
ロボットは最適なルートで自律走行し、異なるゾーンの作業員とも協働で作業します。
一回の倉庫内移動で複数のオーダーをピッキング(マルチオーダーピッキング)することも可能です。
マルチオーダーでピッキングしながら同時に仕分け、トータルでピッキングしたのちに仕分け、等現場運用に合わせてニーズにお応えすることができます。

AMRを導入したスマート倉庫 AMRを導入したスマート倉庫

よくあるご質問

ロボットの安全性は?
ロボットには緊急停止ボタン以外にもマルチセンサーがついていて、障害物を感知して
避ける動作をします。
ロボットの走行スピードも設定が可能なので、お客様に合わせてカスタマイズいたします。
シリウス本体のスペックを教えて下さい
以下はフレックスコメットのスペックです。                                                  

本体重量:60kg
サイズ:630(幅) × 470(奥行き) × 1300(高さ)/mm
最大積載量:50kg
最大速度:2.0m/s
稼働時間:約 12 時間
電池:リチウム電池、24V/45Ah、充電3時間
通信方式:4G, Wi-Fi
使用できない倉庫の床はありますか?
油、水、粉塵が無いコンクリート等の硬い床がベストです。
それ以外の環境でも使用できますが、本体、部品にダメージが発生する場合があります。
また、床面は隙間があっても10mm以内、傾斜は4度以内となります。
本格導入の前に実証実験を行うことはできますか。
人とロボットが協働することになるため、実際に実験を行ってみないと効果の程度がわかりにくいところがあります。
本格的な導入に前に4-6台程度を使用して実証実験を行うことをおすすめしています。
最低の通路幅はどれくらい必要ですか?
800mm以上の通路幅が必要です。
ロボットはどのようにお客様のシステムと連携しますか?
リウスからSDKを提供しますので、お客様側のエンジニアとともにWMS等とシリウスのRMSとのつなぎこみを行います。
投資回収率はどの程度でしょうか?
あるお客様のケースを計算した結果、9~12ヶ月以内で投資コストを回収できました。
理論上倉庫オペレーションの効率は約2~3倍にアップします。
具体的な計算はお客様の環境により異なります。

自律走行協働ロボット「Syrius」のサービスメニュー

Syrius  FlexSwift  資料

Syrius FlexSwift 資料

FlexSwift

高い柔軟性・素早く導入・手軽に使えるを特徴に持つ、協働型ピッキング補助ロボットです。

資料ダウンロード

自律走行協働ロボット「Syrius」についてメールで質問・相談

自律走行協働ロボット「Syrius」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

自律走行協働ロボット「Syrius」について株式会社ジャロックの担当より回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

Syrius  FlexComet SL - 50  資料

Syrius FlexComet SL - 50 資料

FlexComet SL - 50

導入しやすい・使いやすい・台数調整しやすい協働ロボットです。

資料ダウンロード

株式会社ジャロック

株式会社ジャロック

-倉庫をデザインする会社‐

株式会社ジャロックは1963年の創業以来、物流の側面に関する改善提案を行うことで日本の製造業の生産効率アップ、コスト競争力強化に貢献してきました。
例えば日本を代表する自動車メーカーからは増え続ける補給部品の効率的管理の依頼を受ける等、常に製造現場や物流現場への改善提案に努め、お客様と共に歩んで参りました。

近年の「大ロット・大量生産」の「生産物流」が主流の時代から「多品種・小ロット保管」で迅速な荷捌きと出荷が求められる「消費物流」の時代への変化に対応するため、倉庫の空間効率・作業効率を大幅にアップする物流ソリューションが求められるようになりました。

又、少子高齢化による現場の人手不足が叫ばれる中、時代のニーズにマッチした機器を利用したソリューションによって、倉庫をデザインしてオペレーションに変革をもたらす事が必要となってきました。我々ジャロックも、空間と作業効率を最大限にまで高める現場ソリューションを提供していく企業として御客様のご要望にお応えしていきます。

出展団体情報

出展団体名株式会社ジャロック
所在地164-0011 東京都 中野区中央2-59-18
設立年月1974年11月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.jaroc.com/