JFE商事エレクトロニクス株式会社

プラントデータと動画の統合管理システム

生産現場の“今”と“あの時”が一目瞭然です。

プラントデータと動画の統合管理システム
プラントデータと動画の統合管理システム
本ソリューションは、プラント内に散在する各種プラントデータ(温度、圧力、流量、回転数、振動数、設備稼働状態、制御設定値、プラント操業状態等)とカメラの動画やサーモカメラの映像をSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システムで融合させ、同一画面に表示させることにより、工場内で起きている事象を一元可視化・集中監視化させるものです。

その特徴として8っの特徴を持ちます。
1) データとライブ動画をワンクリックで表示
2) 同時日時のデータ、録画動画を閲覧
3) 様々な種類のデータと動画を同時表示
4) 過去と直近のデータ&動画の比較
5) 海外工場を含め、ライブ動画を見ながら、遠隔操作を行うことが可能
6) SCADAをベースにしているので、監視画面の制作が容易に可能
7) 複数メーカーのPLC/DCSやカメラを接続可能
8) データ/録画をエクセルシートで管理

メッセージ

JFE商事エレクトロニクス(株)・FS営業本部・スマートファクトリー推進部はJFEグループ内においてIoT、AI、DXといった最先端ソリューションをグループ内外のお客様にご提供する部署です。 高画質・低帯域・低遅延のネットワークカメラを中心に、高性能VMS、映像クラウド、AIなど付加価値の高い製品、サービス、パートナー企業様をコーディネートし、お客様に最適なソリューションをご提供いたします。 その中で今回は工場などのフィールドデータとネットワークカメラの映像を統合したシステムソリューションについてご紹介いたします。 皆様の工場のスマートファクトリー化にお役に立つソリューションと考えております。

JFE商事エレクトロニクス(株) FS営業本部 スマートファクトリー推進部・部長 橋詰 基

JFE商事エレクトロニクス(株)・FS営業本部・スマートファクトリー推進部はJFEグループ内においてIoT、AI、DXといった最先端ソリューションをグループ内外のお客様にご提供する部署です。 高画質・低帯域・低遅延のネットワークカメラを中心に、高性能VMS、映像クラウド、AIなど付加価値の高い製品、サービス、パートナー企業様をコーディネートし、お客様に最適なソリューションをご提供いたします。 その中で今回は工場などのフィールドデータとネットワークカメラの映像を統合したシステムソリューションについてご紹介いたします。 皆様の工場のスマートファクトリー化にお役に立つソリューションと考えております。

プラントデータと動画の統合管理システムの詳細

特長

遠隔からの安全・安定操業、迅速な操業判断、全体最適化操業

●安全・安定操業の促進・異常発生の未然防止     
ライブ動画とプラントデータを一元監視することにより、データだけでは、なかなか判断できなかった現場で起きている現象を正しく判断することができ、プラントの安全操業を確保できます。それらの事により、従来の熟練技術者の感による操業に頼ることなく、安全・安定操業を目指すことができます。  

●大量分散データ・動画の一括統合監視   
広範囲に分散した、プラントデータや動画を一元管理することにより、工場全体の状況が一目で判るようになります。又、関連する設備や施設のデータや動画を同時に監視・比較することにより、現場の状況を多角的に監視、分析することが可能になります。  

●迅速な操業判断    
工場の操業に必要なプラントデータや動画をリアルタイムに一元管理することにより、災害発生、気候環境や経済状況の急激な変化に、柔軟に迅速に対応することが可能になります。

遠隔からの安全・安定操業、迅速な操業判断、全体最適化操業

データトレンドグラフ、アラームトレンド、録画の同時表示が容易

●録画、データトレンドグラフ、アラーム履歴を組み合わせ、ある同時日時前後に発生した、データトレンドグラフ、アラームメッセージ一覧、録画動画を同時閲覧することができます。

●様々な種類のデータを同じトレンドグラフ上に表示し、さらにデータに対応する位置の動画を同時表示させることができます。

●過去のデータトレンドグラフと対応する録画、直近のデータトレンドグラフとライブ画像を並列表示させ、過去の事象と現在の現象を比較することができます。

●ライブ動画を見ながら、ポンプ起動・停止、バルブの開閉、PIDループの設定値変更、設備起動・停止等の操作を遠隔地から行うことが可能です。

●SCADAをベースにしているので、監視画面の制作が容易に可能です。

録画の同時表示が容易

遠い向こうの今とあの時が一目瞭然、遠隔地から全体最適操業

●全体最適化操業の実現  
全国に散らばった工場の操業状態、設備状態、制御情報と動画を一元管理することにより、設備の異常状態、制御データの設定状況、プラントの安定/非安定の確認、エネルギー供給等のアンバランス、又、各工場間の需給バランスをライブ画像と共に正確に把握し、全体最適生産を実現させることができます。

●海外工場の遠隔監視  
低帯域対応のSCADA、低帯域対応のカメラソリューション、海外工場の遠隔監視が日本工場から可能になります。データに加えライブ通信や録画を一緒に閲覧・解析することにより、現地に赴くことなく、現地の状況が把握しやすくなります。又、通信遮断によるデータや画像のバッファリングも可能です。

遠隔地から全体最適操業

AIや映像を駆使した、生産工場のDX化を実現

●AIシステムとの連携
データ上では、正常だが、実際は異常が発生していた場合の判断が不可能な場合でも、AIで検知したアラームやAIで計算したや 様々な種類のデータを可視化、グラフ化することにより、単一データによる判断でなくライブ動画を含めた、多角的な判断が可能。

●国内外多種多様のカメラ/PLC/DCSに対応
国内外の様々のカメラ機種・PLC・DCSが接続可能。今まで統合が難しかったマルチベンダーシステム統合が容易になります。 又、既設のアナログカメラもコンバーターを介して、接続可能で、既設を生かした統合・遠隔監視が可能になります。

●クラウド、オンプレ対応 ためた映像をクラウド上で管理したり、又、オンプレシステムとして構築することも可能です。

生産工場のDX化を実現

動画

 

用途例

河川遠隔統合監視例 ・地図上にカメラの位置や、水位計、流量計等各種センサー値をマッピングすることにより、見たい地域の情報がすぐに閲覧可能

・地図上に各地ライブ動画、録画、データトレンド、データと同期した録画の表示等が可能になります。

・地理情報システムとの連携し、各種センサーやカメラの位置情報も一緒に記録されます。異常時の解析に位置情報履歴も合わせて解析可能です。

・見たいエリアのデータ傾向とそれに同期したカメラ動画をワンクリックで表示 ・異常値になった時、自動的にそのエリアのライブ画像を表示

・見たいエリアをズームインすると、より詳細の画面に切り替わり、ズームアウトすると全体画面に戻る。

河川遠隔統合監視例
製鉄プラント全体監視 ・多数の製鉄所内のカメラやPLC/DCSを取り込み、集中統合監視

・プラント内のプロセスデータが異常になれば、自動的にライブ画像を表示

・AIシステムで計算した各データを取り込み、ライブ動画や録画と同期させて表示 ・エリアをクリックすれば、さらに詳細の状況をライブ画像と一緒に表示

・AIパソコンで計算したアラーム発生時点の録画をワンクリック表示

・様々の工程のデータトレンドやそれに同期した録画を複数、見比べながら表示

・Webクライアントにより、事務所パソコンや遠隔地の端末やスマホからもアクセス可能

・国内外製の多品種のカメラ、PLC、DCS、アナログカメラを統合監視

製鉄プラント全体監視
洋上風力発電、運転・保守 ・サーバー或いはコンピュータの冗長化対応

・Windows 以外の OS サポート

・ 専用ドライバーを始め、DNP3, Modbus, OPC-UA など、いろんなメーカの PLC と接続できること

・異常発生点付近の高速データ収集 によるトラブル解析機能と、同期した録画の表示

・MQTT で、振動や、温度センサーと直接データ収集できること

・画像統合(いちいちナセルまで登らなくても、重要設備の監視をできる)

・天候・海面状態の急激な変化もライブ画像で確認

・数多くの風力監視 SCADA 実績

・通信遮断時もデータや動画バックアップ機能

・Wind Farm Owner から遠く離れた数カ所の Wind Farm を統合監視可能

洋上風力発電、運転・保守

よくあるご質問

規模は、どれ位まで可能ですか。
カメラ台数として、数百台~1,000台、プロセスデータとして100万点以上可能です。
画像やデータの録画・蓄積期間は、どれ位ですか
実際には画像の場合、数日~1ヵ月程度、データの場合は、10年間保存可能です。
監視画面は、ユーザーでも簡単に作れるますか
SCADAをベースにしているので、簡単に作成が可能です。
カメラやコントローラは、どんなメーカーのものをサポートできますか
ONVIF(Open Network Video Interface Forumオンビフ)対応の各社カメラやアナログカメラ、国内外主要メーカーのコントローラを接続できます。
詳細は、お問合せ下さい。
データや、ライブ動画に遅れはありませんか
データは、最速で1sec周期程度で更新、動画は、人が感じる範囲では遅れは有りません。
海外工場の遠隔監視は、可能ですか
はい、可能です。但し動画については、相手先国のネットワーク事情によりリアルタイム性に差がでます。

プラントデータと動画の統合管理システムのサービスメニュー

「プラントデータと動画の統合管理システム」 説明資料

「プラントデータと動画の統合管理システム」 説明資料

プラントデータ+ 動画統合管理ソリューション 海外工場の遠隔監視にも!

工場内で起きている事象を一元可視化・集中監視化させます。

資料ダウンロード

「プラントデータと動画の統合管理システム」についてメールで質問・相談

「プラントデータと動画の統合管理システム」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「プラントデータと動画の統合管理システム」についてJFE商事エレクトロニクス株式会社の担当より回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

JFE商事エレクトロニクス株式会社

JFE商事エレクトロニクス株式会社

JFEグループのエレクトロニクス商社として、新たな価値の創造・提供によって、
国内外のお客様・仕入先様・さらには市場、社会への貢献を徹底追及する企業を目指します。

急速に進歩しているエレクトロニクス技術は、我々の生活や人とのかかわり方、仕事の取組み方を大きく変化させ、経済のグローバル化、人々の価値観、行動様式の多様化等、人類社会に大変革をもたらしています。

このように大きく変貌する社会において、JFE商事エレクトロニクス株式会社は、JFEグループのエレクトロニクス商社として、30年以上にわたる業界での実績をもとに時代を見据え、システム提案力・技術サポート力を高めスピード感をもった対応でお客様・パートナー企業の皆様へ継続的に貢献し存在感ある企業を目指します。

半導体デバイス・ファウンドリー・EMS・実装/洗浄プロセス・計測機器・スマートファクトリーの各事業にて特徴あるプロダクトの取り扱いは勿論、差別性の高いサービス/ソリューションの提供を当社の強みである豊富な海外拠点=グローバルネットワークを活かしながら続けてまいります。

併せて、CSRを企業存続の根幹と位置づけ、JFE商事グループの一員として企業価値の最大化にも努めます。

お客様や仕入先様をはじめてとしたステークホルダーの皆様への感謝の気持ちを持ち続け、社会の皆様から信頼いただきながら、社会と共に歩み続ける魅力溢れるチャレンジ集団でありたい。
それが私たちの目指す姿です。

出展団体情報

出展団体名JFE商事エレクトロニクス株式会社
所在地100-0004 東京都 千代田区大手町2丁目7番1号 JFE商事ビル2階
設立年月2004年09月
従業員規模101名-500名
URLhttps://www.jfe-shoji-ele.co.jp/

プラントデータと動画の統合管理システムが出展中のオンライン展示会