計測検査株式会社

高機能ドローンを用いた検査・点検サービス

「簡単かつ安全な高所の点検」を可能に

高機能ドローンを用いた検査・点検サービス
高機能ドローンを用いた検査・点検サービス
高機能ドローンを用いた検査・点検サービス
高機能ドローンを用いた検査・点検サービス
高機能ドローンを用いた検査・点検サービス
高機能ドローンを用いた検査・点検サービス
高所の目視検査や赤外線熱画像/俯瞰画像または、狭所などの直接目視による検査や撮影が出来ない場所において、このドローンを用いてモニターで確認しながら空撮及び目視検査を行います。 また、広範囲の壁面や構造物等を撮影し、詳細目視可能な1枚の静止画へ画像処理を行います。

・足場を掛ける前に、高所の状況を見たい。(足場を掛ける場所を決めやすい)
・非破壊検査員の目で空撮及び目視検査をしてほしい。
・大型構造物の全景写真や熱画像による温度分布が知りたい。
など、様々なご要望に対応しております。

メッセージ

高所などの人のアクセスが容易でない所で特にこのドローンは有用性があります。
安全なのはもちろん、高機能なドローンのため高倍率ズーム撮影や温度分布など様々な調査に対応しております。
全国どこでも検査にお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

計測検査株式会社 検査部

高所などの人のアクセスが容易でない所で特にこのドローンは有用性があります。
安全なのはもちろん、高機能なドローンのため高倍率ズーム撮影や温度分布など様々な調査に対応しております。
全国どこでも検査にお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

高機能ドローンを用いた検査・点検サービスの詳細

特長

赤外線カメラにより温度分布が一目瞭然

熱画像撮影により、コンクリート構造物の浮き・剥離や温度異常箇所の検出など様々な検査において、高い効果を発揮します。

可視カメラと赤外線カメラの同時搭載でモニター切り替えも可能となり、ホットスポットの原因把握なども容易に実現します。

赤外線カメラにより温度分布が一目瞭然

光学30倍ズームカメラ搭載

遠距離からの撮影により、異常箇所を見つける為に無理な飛行をせず、安全な場所から撮影することが可能となります。支柱腐食状況や設備の点検の際にもより安全に進めることができます。 また飛行中での動画⇄静止画撮影の切り替え変更が可能となり、これまで以上の検出能力が期待できます。

光学30倍ズームカメラ搭載

独自の画像処理技術を用いて、損傷部分を抽出

撮影した動画データを連続したコマ画像(静止画)に変換し、1枚ずつ歪補正・修正を行い結合することで全景が映った1枚の高精細な画像に仕上げます。そこから目視による画像処理を行い、損傷部分を可視化できるようにします。将来的には、AIで処理することを目指しています。

独自の画像処理技術を用いて、損傷部分を抽出

動画

用途例

その他

インフラ関係

ダムの壁面、橋梁 など

インフラ関係
ソーラー施設

ホットスポットの原因調査

ソーラー施設
狭所

配管内部、建屋内など

狭所

よくあるご質問

検査会社のドローン検査サービスとは?
単なる撮影画像のみの提供ではなく非破壊検査会社という観点から、ドローンのカメラを通して技術者の目による検査及び分析から報告書作成まで一貫して行えるサービスです。
どの辺が損傷しやすいかのノウハウを持っていますので、そのような視点からの撮影が行えます。
検出精度はどれくらいなの?
コンクリート構造物であれば最小0.2mmのひび割れ幅まで検出することが可能です。
報告書はどのような形で出てくるの?
お客様の要望に応じて提出しています。
損傷箇所の場所情報を記載しその写真を掲載しての提出や弊社内の専用ソフトにて、調査対象物全体の画像合成・損傷抽出を行うことで経年変化の確認データとして活用できるような形での提出も可能です。
金額に応じてご提案させていただいてます。
どのような環境で使えるの?
・屋外で使用する機体では、離着陸場所(周囲3m程)、風速が12m/s以下(理想は8m/s以下の飛行が望ましい)、雨天でない環境で飛行可能です。
対象物からは30m程度離れていてもズームカメラを使用し検査可能の為、対象物から離れた検査も可能です。
・屋内など狭所(1㎡以上)では球体ガード付きドローンによる検査が可能です。
所有機体と特徴は?
Matrice210 RTK:赤外線カメラ、高解像度カメラ(2080万画素)、光学30倍ズームカメラを搭載し、二つのカメラでの同時撮影が可能です。RTK機能を使用でき、電磁波等の影響を軽減し安定した飛行が可能です。

Phantm4 Pro:Matrice210 RTKより機体が小さい為、より狭い空間での飛行が可能であり、手軽に短時間で飛行することが出来ます。

Mavic Air:球体ガードを取り付けることができ、屋内等の狭所空間での飛行が可能です。
ドローンの開発、販売は行っているの?
弊社所有機体は、全て市販の機体です。
日本全国どこでも飛ばせるの?
はい。日本全国飛行できる許可・承認(人口集中地区の上空、人又は物から30m未満の飛行、夜間飛行、目視外飛行)を大阪航空局より頂いてます。
但し、電波状況が悪く操作に影響がある場合は飛行できないこともあります。
墜落はしないの?安全面は?
電波異常があるところでは墜落の危険性はありますが、弊社では飛行前準備として風速の確認及び周辺の電磁波状況の確認を行った上、低空にて必ず挙動確認を実施し上空へ上げていきます。

高機能ドローンを用いた検査・点検サービスのサービスメニュー

高機能ドローンを用いた検査・点検サービスについてメールで質問・相談

高機能ドローンを用いた検査・点検サービスについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「高機能ドローンを用いた検査・点検サービス」について計測検査株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

計測検査株式会社

計測検査株式会社

都市の未来を新技術でサポート

当社は、昭和49年(1974年)に各種構造物・機械設備等の総合的設備診断を行う会社として北九州市に設立しました。
非破壊検査を主とした検査部、応力・振動測定を主とした計測部を中心に業務を行ってきました。
その後、新幹線福岡トンネルの崩落事故をきっかけにトンネルの画像を撮影し、解析する構造調査部と金属組織や成分分析を行う技術部を加え、現在は4部門で業務を行っています。
近年、交通規制を行わずに画像撮影のできる車両(MIMM)を開発し、短時間で効率の良い測定を行えるようになりました。

出展団体情報

出展団体名計測検査株式会社
所在地807-0821 福岡県 北九州市八幡西区陣原 1丁目8番3号
設立年月1974年11月
従業員規模101名-500名
URLhttp://www.keisokukensa.co.jp