株式会社KOSKA

原価管理の「GenKan」

多品種生産の利益改善をセンサで

原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
原価管理の「GenKan」
GenKanは、多品種生産の利益改善に繋がる生産進捗、工数、原価の実績を手間なく正確に把握し、見える化できるIoTサービスです。

RFIDセンサと人感センサにより、作業者の入力負担なしでのデータの自動収集と見える化に加え、利益改善を目的としたデータ分析を原価計算専門家・データサイエンティストより提供致します。

原価管理の「GenKan」の詳細

特長

センサによって作業者の入力等の手間を一切かけず実績を自動取得

案件ごとの指示書にRFIDタグ貼るだけ、各工程・設備に設置されるRFIDセンサにて案件ごとの工程進捗が作業者の入力なしで取得できます。 また、日報で収集しにくい作業者の実績作業時間をカメラセンサでの画像認識機能によって、各工程の案件別実績工数を自動取得できます。

自動取得

システム構築不要のクラウド型見える化ソフトで多品種の実態把握

ブラウザがあればどこからでも利用可能のGenKanソフトから、案件ごとの工程進捗と実績工数(上)に加え、工程別の有人稼働時間(左上)、及び案件ごとの原価計算(右下)をリアルタイムに確認することができます。

クラウド型見える化ソフト

利益改善を目的とした原価計算等データ分析までサポート

センサデータとその他既存のデータに基づき、GenKanの原価計算・データサイエンティスト専門家より、収益性向上の要因を特定した上、要因別の具体的な課題をセンサデータから見える化し、改善のPDCAサイクルをまでサポートします。原価低減するための現場改善から、利益改善をするための見積もり改善(図)までをデータの活用で実現します。

原価計算等データ分析までサポート

動画

用途例

機械加工現場の製品別工数実績

PLC等から設備別の稼働実績を把握できるが、作業者の設備別の工数を正確に配布しにくく、労務費と作業者による生産性のボトルネックが把握できない状況に対し、GenKan RFIDとカメラセンサで作業者の設備別の工数実績を取得し、製品別の作業者人数と工数が判明できる。

機械加工現場の製品別工数実績

原価管理の「GenKan」のサービスメニュー

原価管理の「GenKan」資料

原価管理の「GenKan」資料

利益改善のための進捗・原価管理ツールのご紹介

センサの電源を入れるだけで 進捗、生産性、原価の見える化ができます

資料ダウンロード

原価管理の「GenKan」についてメールで質問・相談

原価管理の「GenKan」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

原価管理の「GenKan」について株式会社KOSKAの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社KOSKA

株式会社KOSKA

行動の価値を、誰でも認識できるように

製造業界は日本を支える基幹業界でありながら、かつてない社会課題と市場競争に陥っています。

ゆえに今、従来通りの「勘、根性、経験」に即した仕事のやり方に加えて、我々KOSKAは原価管理とIoT技術を駆使した、現場から経営まで一人ひとりの行動の価値を認識できるような新たなアプローチを提供し製造業の未来をより明るくします。

出展団体情報

出展団体名株式会社KOSKA
所在地101-0021 東京都 千代田区 神田須田町1-32-4
設立年月2019年09月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.koska.jp/

原価管理の「GenKan」が出展中のオンライン展示会