株式会社協和コンサルタンツ

相反転方式落差型小水力発電装置

落差1mの農業用水路や川が発電所に!「相反転方式落差型小水力発電装置」

相反転方式落差型小水力発電装置
相反転方式落差型小水力発電装置
本装置の最大の特徴は、1mの落差で発電が行えることです。これを実現するために用いた技術が相反転方式です。

メッセージ

本展示会では、皆さまの身近にある農業用水路や小川の落差を利用した小水力発電装置を展示します。これまで見落とされてきた1m程度の落差を発電地点として電力に変換することが可能な装置です。私たちはこの装置の販売のほか、非常時の災害対応や地域活性化のための電力として活用するソフトコンサルティングも行っています。
 皆様の足元にある落差を発電所とした地域づくりを一緒に行いませんか。装置やコンサルティングに興味のある方はアクセス下さい。

株式会社協和コンサルタンツ

本展示会では、皆さまの身近にある農業用水路や小川の落差を利用した小水力発電装置を展示します。これまで見落とされてきた1m程度の落差を発電地点として電力に変換することが可能な装置です。私たちはこの装置の販売のほか、非常時の災害対応や地域活性化のための電力として活用するソフトコンサルティングも行っています。
 皆様の足元にある落差を発電所とした地域づくりを一緒に行いませんか。装置やコンサルティングに興味のある方はアクセス下さい。

相反転方式落差型小水力発電装置の詳細

特長

相反転方式で回転数は増加、1mの落差でもしっかりと発電

相反転方式は、従来技術である磁石がコイルの内側を回り発電することに加えて、磁石の外側のコイルも回転(磁石とは反対方向)する仕組みです。これにより磁石とコイルがお互いに逆方向に回転することで、回転数は増加し、1mの落差でもしっかりと発電が行えることが可能となりました。

相反転方式で回転数は増加

これまで見落とされてきた農業用水路や小さな川の落差が小水力発電の適地に

1mの落差、0.15m3/sの流量で発電した場合、発電した直後の出力は700W近くになり、整流後にはAC100V、500Wを提供できます。 これまで見落とされてきた農業用水路や小さな川の落差が小水力発電の適地として利用できるようになり、地域内でも電力の生産が行えるようになります。これらの電力は地域内消費が向いていることから、地域づくりや地域防災、災害時の利用(インフラマルチパック)に適応しています。

よくあるご質問

装置が設置できる条件(水量、落差)をお教え下さい。
最低水量は0.15m3/s(150ℓ/s)になります。
設置落差は1.0mになります。
水量0.15m3/sはどのようなイメージになりますか。
流量(m3/s)は横断幅(m)×水深(m)×流速(m/s)から求めることができます。
例えば、横断幅0.7m、水深0.20m、流速1.1(m/s)の場合、流量は01.5m3/sとなります。
設置工事はどれくらいの時間がかかりますか。
設置工事はおよそ一日になります。
天候や水路規模等に応じて工事日数は変動します。
発電した電気の特性を教えて下さい。
発電した生の電力は交流(AC)ですが、波形がバラバラになります。
その後、整流をしてAC100V出力になります。
なお、事前の仕様打合せによりAC200Vへも変更可能です。
市販の蓄電池に接続できますか。
市販の蓄電池への接続は保証外になります。
専用の蓄電池(鉛電池)を用意しております。
蓄電容量は9.6kWhになります。
系統連携(売電)はできますか。
系統連系はできません。
また、系統連携に必要な装置の発電特性データ(室内試験データ)の提供も不可となります。
インフラマルチパックの詳細をお教え下さい。
インフラマルチパックとは発電(相反転方式小水力発電)、蓄電(9.6kWh鉛蓄電池)を行い、その電気と小水力発電で利用した用水を利用して飲料水ろ過、そして遠隔地に飲料水や電気(鉛蓄電池)を輸送する超小型EVを組み合わせたシステムです。

相反転方式落差型小水力発電装置のサービスメニュー

相反転方式落差型小水力発電装置についてメールで質問・相談

相反転方式落差型小水力発電装置についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「相反転方式落差型小水力発電装置」について株式会社協和コンサルタンツの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社協和コンサルタンツ

株式会社協和コンサルタンツ

空間を創造する総合建設コンサルタント

協和コンサルタンツは総合建設コンサルタントとして、国民の皆様が豊かに安心して暮らせるよう社会資本整備に携わってきました。そして、少子高齢化問題や多発する災害、地球規模で起こる環境問題などにも深く配慮し、「人・社会・自然との調和を科学する先進技術集団」として民間企業ならではの視線を活かした「未来に向けた新たな価値の創造」に挑戦しています。近年は、「相反転方式落差型小水力発電装置」の開発を実施するとともに、小水力発電を利用した地域活性化事業、防災強化事業にも取り組んでいます。

出展団体情報

出展団体名株式会社協和コンサルタンツ
所在地151-0073 東京都 渋谷区笹塚 1-62-11
設立年月1961年08月
従業員規模101名-500名
URLhttps://www.kyowa-c.co.jp/index.html