株式会社セキュリティハウス・センター

炎センサーシリーズ

炎センサーなら小さな炎を見逃しません

炎センサーシリーズ
炎センサーシリーズ
炎センサーシリーズ
炎センサーシリーズ
本システムは、小さな炎を瞬時に検知し、事務所や詰所で監視できるシステムのため、炎を早期発見することで、火災に至る前の初期段階で対処することができます。

昨今の工場は、自動化による省人化がすすみ、以前に比べて人の目が少なくなったことが、発火した際の発見の遅れにつながっていると指摘されています。

メッセージ

各地で多発する工場火災。炎センサーなら小さな炎を見逃しません。
火災の予防と出火の早期発見に炎センサーをご利用ください。
高額な機械や設備、そして、社員を守ることが可能です。

最近の主な工場火災(新聞発表より)------------------------
2020年 10月 某電子部品メーカーの工場で発生、半導体の製造が困難となり取引先の生産に大きく影響
2020年 11月 某樹脂メーカーの工場で発生、供給先の製造ラインが一時休止

2017年 1月22日 東燃ゼネラル石油和歌山工場の製造装置付近で火災(和歌山県)
2017年 2月 4日 大昭和紙工産業吉原工場の倉庫で火災(静岡県) 
2017年 2月 6日 秋田プライウッド第1工場で製造機械から出火(秋田県)
2017年 3月17日 三和油化工業茨城工場で火災、1人死亡(茨城県)
2017年 3月20日 トヨタ車体いなべ工場の第二工場で火災(三重県)
------------------------------------------------------------

株式会社セキュリティハウス・センター

各地で多発する工場火災。炎センサーなら小さな炎を見逃しません。
火災の予防と出火の早期発見に炎センサーをご利用ください。
高額な機械や設備、そして、社員を守ることが可能です。

最近の主な工場火災(新聞発表より)------------------------
2020年 10月 某電子部品メーカーの工場で発生、半導体の製造が困難となり取引先の生産に大きく影響
2020年 11月 某樹脂メーカーの工場で発生、供給先の製造ラインが一時休止

2017年 1月22日 東燃ゼネラル石油和歌山工場の製造装置付近で火災(和歌山県)
2017年 2月 4日 大昭和紙工産業吉原工場の倉庫で火災(静岡県) 
2017年 2月 6日 秋田プライウッド第1工場で製造機械から出火(秋田県)
2017年 3月17日 三和油化工業茨城工場で火災、1人死亡(茨城県)
2017年 3月20日 トヨタ車体いなべ工場の第二工場で火災(三重県)
------------------------------------------------------------

炎センサーシリーズの詳細

特長

特長

●工場内の高額な機械や設備などを火災から守ることが可能です。

●「すぐに!簡単に!」そして「効果的に!」をコンセプトにしています。

●検知エリアは10m先、正面でライター炎7cmを検知できるため、初期消火の対応が迅速に行えます。

●工場が24時間稼働の場合など特に夜間は監視不足になりがちです。
 そこで、配線施工が不要な“ワイヤレス式 炎センサシステム”のご提案です。
★ワイヤレス式なので、工場内のレイアウト変更などがあっても簡単に移設することができます。

喫煙防止用用途

ライターの炎を超高感度で検知
検知感度は超高感度、7cmの炎を10m先で瞬時にキャッチ
音声メッセージで喫煙防止を呼びかける機器もあります。
(メッセージ内容:ここは禁煙になっております お煙草はどうぞご遠慮下さい)等

喫煙防止用2
喫煙防止用1

放火検知用途

放火の炎を検知し、威嚇すると共に指定場所へ通報することができます。
1.まず音声メッセージで炎使用厳禁を呼びかけます
(メッセージ内容:ここは火気厳禁です。 所定場所以外の火気の使用は固くお断りいたします)
2.さらに一定時間以上炎を検知し続けると通報を行うことができます。

放火

防犯システムや防犯カメラシステムとの組合わせにより、さらなる安全・安心の実現を支援。

① 防犯システム
 放火直後の小さな炎を瞬時に検知し、大音量スピーカーで威嚇!

② 防犯カメラ
 炎検知時の外部出力動作により防犯カメラとの連携が可能!
 炎を検知した瞬間を画像確認できます!

ワイヤレスシステムが便利

配線施工が不要なので、工場内のレイアウト変更などがあっても簡単に移設することができます。

納入実績

多様な業界への導入実績があります。

  • ショッピングモール、百貨店、スーパー、テナントビル、ホテル、など
  • 各種公共施設:空港、JR/私鉄駅、高速道路SA/PA 病院、学校(大学)、図書館、など
 

株式会社セキュリティハウス・センター PR動画

【安心・快適・実績のセキュリティハウス】

よくあるご質問

炎センサーと火災報知器は、何が違うのでしょうか。
火災感知器は65℃以上になって初めて火災を検知するので、ある程度建物が燃えてしまっています。
一方、炎センサーは10m先の7㎝の炎を検知し、警告をするので、ライターの火などの小さな火もすぐに検知することができます。
炎センサーは炎を検知した時点でその場で音声メッセージで威嚇したり、周囲に連絡したりすることができます。
禁煙場所での喫煙を防止するために注意を喚起したり放火犯を威嚇したりすることが可能です。
ワイヤレスシステムの場合、どのくらい距離まで電波が届きますか。
電波は、見通し距離100メートルです。
建物内の壁など、障害物がある場合、距離が短くなります。
その場合、電波を中継する中継器を設置することで、電波距離を延長することができます。
外国人の従業員がたくさんいるのですが、英語のメッセージも対応していますか。
音声は、日本語の他に、英語、中国語、韓国語、スペイン語の5ヵ国語から自由に選択できます。
導入費用及びランニング費用はどれぐらいでしょうか?
お客様のご要件やシステム構築の規模感により、費用は変動します。まずは一度お気軽にご相談下さい。

炎センサーシリーズのサービスメニュー

工場向け炎検知システム【炎センサワイヤレスシステム】のご提案資料

工場向け炎検知システム【炎センサワイヤレスシステム】のご提案資料

工場での発火に備えたBCP対策は十分ですか?

本システムは、小さな炎を瞬時に検知した後、検知信号をワイヤレス送信して離れた事務所や詰所で監視 できるシステムのため、炎を早期発見することで、火災に至る前の初期段階で対処する ことができます。

資料ダウンロード

工場向け火災報知【炎センサー】ご提案資料

工場向け火災報知【炎センサー】ご提案資料

炎センサーなら小さな炎を見逃しません

各地で多発する工場火災!
高額な機械や設備、そして、社員を守る
火災の予防と出火の早期発見に炎センサーをご提案します。

資料ダウンロード

「炎センサーシリーズ」についてメールで質問・相談

「炎センサーシリーズ」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「炎センサーシリーズ」について株式会社セキュリティハウス・センターの担当よりご回答させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社セキュリティハウス・センター

株式会社セキュリティハウス・センター

安心・快適・実績のセキュリティハウス

株式会社セキュリティハウス・センターは、北は北海道・南は沖縄まで、日本全国に130社を超える加盟企業を持つ、防犯・防災・防御システム専門企業の全国組織の運営本部です。 

昭和59年より日本初の「セキュリティシステム専門企業」のチェーン展開を開始。
創業当時からお客様に真の安心・安全をお届けする「防犯のプロフェッショナル」であることにこだわり続けています。
                                                                                            著名納入先
全国都道府県庁舎(侵入警戒・出入管理・カメラ監視)
警視庁・警察庁(画像管理・画像伝送・侵入警戒・出入管理他)

出展団体情報

出展団体名株式会社セキュリティハウス・センター
所在地607-8141 京都府 京都市 山科区東野北井ノ上町5-22
設立年月1982年05月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.securityhouse.net/

炎センサーシリーズが出展中のオンライン展示会