シグマ電子工業株式会社

状態監視計 CM-3001series

振動を常時監視し設備異常を早期に検知します。

状態監視計 CM-3001series
状態監視計 CM-3001series
研削盤砥石の振動監視、工作機械の工具チッピングの検出、送風機・ブロワのモニタリング・トレンド管理などに最適です。

【特徴】
〇既設LANを利用することで、測定データをPCに転送可能です。
〇データログ機能により、測定・分析データをmicroSDに保存可能です。
◯オーバーオール振動監視、周波数帯域監視、アンバランス振動監視など、豊富な振動監視で対象設備に最適な監視を選択可能です。

状態監視計 CM-3001seriesの詳細

特長

最適な監視項目を豊富なオプションから選択可能

5種類の監視モードから最適な監視を選択できます。

『監視項目』
①オーバーオール振動監視(標準装備)
②周波数帯域監視(オプション)
③アンバランス振動監視(オプション)
④温度監視(オプション)
⑤電流監視(オプション)

最適な監視項目を豊富なオプションから選択可能

測定・監視数:最大6

振動入力ch数、監視項目に関わらず最大6パターンの測定・監視が可能です(切替監視)。外部入力による監視の切替も可能です。

ロボットシステム事業

振動入力ch数:最大6ch

振動センサは最大6個まで接続可能です。
(温度監視、電流監視を行う場合、振動センサは最大4個まで)

振動入力ch数:最大6ch

用途例

マシニングセンタの主軸監視 外部からの入力信号を受けて測定を開始することができ、最大6個の監視しきい値を設定することが可能なため、マシニング加工時の複数の工程(複数のツール)をひとつのセンサで振動監視することが可能です。
また、振動だけでなく加工中の主軸温度(温度監視)やモータ負荷(電流監視)も併せて実施でき、本器1台でマシニングセンタの主軸監視が可能です。 マシニングセンタの主軸監視
研削盤砥石軸
の振動監視
砥石の偏摩耗等により発生したアンバランスは、製品の加工精度を悪化させます。
本器はこのアンバランスの発生を振動の変化で検出し、端子台に信号を出力して作業者にバランス修正を促すことが可能です。
アンバランス振動監視の測定値から即座にバランシングが可能です。
研削盤砥石軸の振動監視
加工時の工具チッピング監視 無人運転の加工ラインでは、工具チッピングの発生に気が付かないと不良品を大量に生産してしまいます。
本器は、チッピングの発生を振動の変化で検出し、端子台に信号を出力して、加工を即中止させることが可能です。 加工時の工具チッピング監視

状態監視計 CM-3001seriesのサービスメニュー

状態監視計 CM-3001seriesカタログ

状態監視計 CM-3001seriesカタログ

振動を常時監視し設備異常を早期に検知する状態監視計カタログ

オーバーオール振動監視、周波数帯域監視、アンバランス振動監視など、豊富な振動監視で対象設備に最適な監視を選択できます。
最大6つのしきい値設定が可能な為、1台で複数台の監視や工作機械の加工時の監視等、加工条件で状態が変化する場合でも加工工程毎に違うしきい値に変更して監視ができます。 

資料ダウンロード

状態監視計 CM-3001seriesについてメールで質問・相談

状態監視計 CM-3001seriesについてメールで質問・相談

製品に関する質問・振動問題に関する相談 担当者へ直接質問や相談ができます。

状態監視計、振動計、フィールドバランサの製品に関する質問、
または、機械振動でお困りの方のご相談等、担当よりご回答させて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

メール相談

シグマ電子工業株式会社

シグマ電子工業株式会社

シグマは機械振動を抑え社会環境の改善に貢献する
釣合い試験機の専門メーカーです。

シグマのバランス計測方式は、不釣合いの検出方式に多変量解析手法を採用し、低速から超高速回転領域まで高精度に計測できるという大きな特長があります。
またその後、前述の計測方式を導入した、より高精度な釣合い試験機(バランシングマシン)及び回転機械を常時監視、異常の兆候を発見する状態監視機器の販売も開始しました。
バランサの生産開始後、30年を超え、シグマのバランサはあらゆる産業界で活躍しています。

出展団体情報

出展団体名シグマ電子工業株式会社
所在地719-0104 岡山県 浅口市金光町占見新田185-3
設立年月1986年02月
従業員規模11名-50名
URLhttps://sigma-elec.co.jp/

状態監視計 CM-3001seriesが出展中のオンライン展示会