株式会社ストリートデザイン

有機系廃棄物エネルギー変換システム

多種多様な有機系廃棄物に対応したガス化発電システム

有機系廃棄物エネルギー変換システム
有機系廃棄物エネルギー変換システム
弊社と東京工業大学、産業技術総合研究所との共同研究により誕生したアスベストの低温溶融無害化技術をベースに、木材、汚泥、廃プラスチック等、炭素分の含まれる有機物を炭化・ガス化し、発電を行うシステムを開発しました。

メッセージ

株式会社ストリートデザイン

当社の独自技術のルーツは東京工業大学および産業技術総合研究所との共同研究技術、アスベストの低温溶融技術にあります。そこから発展した有機系廃棄物の処理技術を保有しているため、競合技術が木質系など単一のバイオマスに対する専用設計であることが多いのに対し、当社のシステムは投入可能なバイオマスの種類が多いことが大きな特徴です。木質系以外にプラスチック系、紙・繊維系、家畜糞系、下水・食品汚泥系など様々な有機系廃棄物を高効率でエネルギーに変換する事が可能です。

有機系廃棄物エネルギー変換システムの詳細

特長

多様なバイオマスへの対応が可能

当社の独自技術のルーツは東京工業大学および産業技術総合研究所との共同研究技術、アスベストの低温溶融技術にあります。そこから発展した有機系廃棄物の処理技術を保有しているため、競合技術が木質系など単一のバイオマスに対する専用設計であることが多いのに対し、当社のシステムは投入可能なバイオマスの種類が多いことが大きな特徴です。木質系以外にプラスチック系、紙・繊維系、家畜糞系、下水・食品汚泥系など様々な有機系廃棄物を高効率でエネルギーに変換する事が可能です。

実用的な設計

トラブル回避のため、投入するウッドチップに非常に低い含水率を求めるあまり、事業採算の合わない輸入システムも存在していますが、当社は、独自の炭化技術とガス化技術を組み合わせることにより、常識的な含水率での投入を可能にし、さらにガス化した際に問題となるタール成分の除去についても解決しています。ガス化発電のみならず、分離した水素ガスから燃料電池発電への発展や、エタノールとして取り出すことも可能であるなど、将来性のあるシステムとしています。 また、部品は全て日本製を採用し、修理対応、メンテナンス面においても安心な設計を実現しています。

3つのエネルギー変換システム

  • 投入原料: バイオマス原料⇒乾燥ホッパー⇒炭化炉⇒ガス化反応炉⇒灰分収集容器
  • 生成ガス: ガス化反応炉⇒熱分解⇒ガス精製⇒熱交換器⇒ガスエンジン
  • 排気ガス: ガスエンジン排気⇒熱交換器⇒大気放出

用途例

バイオマス転換技術について
地場投入有機系廃棄物(以下例)を転換
  • 木質系(木、廃菌床等)
  • 食品産業(搾りかす残渣系)
  • 製紙系(紙廃棄物)
  • 農業畜産(家畜糞系
  • 建設廃材系
  • 生活系、観光系(汚泥等)
  • プラスチック系
  • その他
→エネルギー変換生成物
  • 炭 ・熱 ・電力
  • ガス(可燃ガス、水素等)
  • 液体燃料(エタノール)

よくあるご質問

投入可能なものを教えて下さい。
弊社システムに投入可能な有機系廃棄物は、木材(建築廃材、剪定枝、間伐材等)、廃プラスチック、下水汚泥(汚泥ケーキ)、家畜フン、紙類、布類、食品残渣等です。
投入できないものは何ですか。
金属、塩化ビニール、石、ガラスなどです。無機物はエネルギー化できません。機器の破損につながるため、投入しないでください。
設置面積はどれほど必要でしょうか。
設置予定地の面積に応じて機器配置変更が可能ですので、柔軟に対応させていただきます。第一号機の設置面積はおおよそ30m*40mの範囲に設置しました。(操作盤建屋を含まず)
タールの問題はどう対処しているのでしょうか
タールの問題は、炭化処理時に気体状態となった後、冷えると樹脂状に固まることで配管が閉塞し、発生します。弊社設備では、炭化の際に高温下で処理(1100度以上)することでタールの成分を変質させ、冷えた際に樹脂状化しないようにしています。

有機系廃棄物エネルギー変換システムのサービスメニュー

有機系廃棄物エネルギー変換システムについてメールで質問・相談

有機系廃棄物エネルギー変換システムについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「有機系廃棄物エネルギー変換システム」について株式会社ストリートデザインの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社ストリートデザイン

株式会社ストリートデザイン

新時代のエネルギーシステムを提供する、技術統合革新企業

弊社は技術統合によって社会問題の解決を目指す、技術統合革新企業です。
限界の近づく、大規模で一点からエネルギーを供給する社会システムから、持続可能でエネルギーを地産地消し自給する社会システムへの転換を目指し、炭化技術とガス化技術を組み合わせて小規模な木質バイオマス及び有機系廃棄物のエネルギー化発電システムを開発しています。 ゴミからエネルギーを生み出す、廃棄物処理問題とエネルギー問題を併せて解決するシステムを提供します。

出展団体情報

出展団体名株式会社ストリートデザイン
所在地226-8510 神奈川県 横浜市緑区長津田町4259-3 東京工業大学YVP W302
設立年月1989年09月
従業員規模10名以下
URLhttps://www.street-design.co.jp/