太平貿易株式会社

光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」

次世代無線デバイス向け光無線通信技術が世界を繋げる

光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」
光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」
LiFiは、電波を利用した無線周波数(RF)は使用しないため、電磁妨害、干渉の影響は受けません。 周波数帯域はRFよりも広いため、高セキュリティでありながら、高速・安定した通信が可能です。

また、WiFiのようなRF無線技術から置き換えることを目的としていません。将来的にWi-Fiのような他のRFシステムにLiFiを連携させてシームレスな自動切換設定することで、常に接続性を高めた最高のユーザーエクスペリエンスが可能になります。連携された異種ネットワークは安全で信頼性の高い連携した無線ネットワークとなり、スマートビル、インテリジェント輸送(ITS)、スマートシティの通信機能を実現できるでしょう。


メッセージ

LiFiとは"Light Fidelity"の略で、光無線通信技術です。
LED照明の光に音声、動画、データなどの信号を高速に変調させることで、ワイヤレスに光通信することができる新しい技術です。
電波干渉などの影響がないため、途切れにくく、さらにRF制限環境での活用も可能となりました。
デモ紹介や詳細資料などもお送りいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

太平貿易株式会社 開発営業課

LiFiとは"Light Fidelity"の略で、光無線通信技術です。
LED照明の光に音声、動画、データなどの信号を高速に変調させることで、ワイヤレスに光通信することができる新しい技術です。
電波干渉などの影響がないため、途切れにくく、さらにRF制限環境での活用も可能となりました。
デモ紹介や詳細資料などもお送りいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」の詳細

特長

高セキュリティー

光が照射されているエリアが通信可能な範囲であり、光は壁など不透明な材質を透過しないため、アクセス可能な通信エリアを断定することができ、情報漏洩を防ぐことができます。スモールセルによって通信エリアのアクセス制限を管理することにより、個人情報や企業の機密情報のアクセスを制限し、高いセキュリティーでプライバシーを守ることができます。

非干渉性

LiFiは光を通信媒体として使用するため、WiFiなどの無線周波数と干渉しません。また、現時点では可視光スペクトルのライセンスは不要なので、簡単に設置し、帯域を増やすことができます。

屋内ポジショニング

アクセスポイントにはIPアドレスが割り当てられます。LiFiネットワークのすべての照明には固有の識別子があるため、送受信の位置を特定することができます。位置情報のサービス、マーケティングはもちろん、ある特定の場所から持ち出しされた時に自動的に警告を配信するような高度のジオフェンシングとしても構築することができます。

RF制限環境

LiFiは光スペクトルを使う点です。光スペクトルではEMI(電磁妨害)の影響はないので、Li-Fiは電磁波の影響を受けやすい場所での使用に向いています。石油化学工場、病院、製造工場、原子力発電所、地下鉱山、水中など、RFの使用が望ましくない、安全でない、または使用することが不可能な環境でも無線によるデータ接続を提供します。

動画

用途例

スマートホーム

家庭でのLiFiソリューションは、シンプルで安全、信頼性の高い、堅牢な無線通信を可能にします。

LiFiは干渉を防ぎ、通信の品質を向上させます。データ集約と無線による負担を低減させるためのオフロードを提供することができます。スマートホームは真に無線ネットワーク化となり、ユーザ自信によって光を確認することができるため、最適な通信可能範囲を直感的に認識することができます。

デバイス間通信

すべての通信が、インターネットやローカルネットワーク経由で行われる必要はあるとは限りません。

LiFiは信頼性が高く、確実かつ干渉ののない、超高速のデバイス間通信で使用することができます。モバイルからモバイル、デバイスからデバイスへの通信が可能です。

AR/VR

LiFiでは、高速、低遅延、電波干渉のない無線通信が可能であり、VR/AR製品を無線により信頼の高いものにすることができます。また、LiFiでは位置情報サービスとしてのご利用も可能です。

よくあるご質問

どのようにしてLiFiは機能するのでしょうか?
LiFiは光を使用して、音声、映像など、あらゆるデータを無線通信でき、 双方向のネットワークを構築する光空間無線通信の技術です。LED照明の光強度を様々なレートに変調させて光信号を送信します。 送信された光信号は、光検出器によって光強度の変化をデータとして受信することができます。
どうして他の無線技術に比べて安全なのでしょうか?
無線周波数(RF)の電波は使用しないため、電波妨害、ハッキングの影響は受け難いです。また、電波障害・干渉・混線はないため、通信遅延を改善することができます。帯域幅は無線周波数よりも1000×広いため、高速で安定したシームレスな通信が可能です。
直射日光下の明るさでも動作するのはどうしてですか?
光の変調は非常に高いレートで行われ、急激な光強度の変化を受信器で検出します。そのため、太陽光のような一定の光は受信器側で除去することができます。
照明の電源がOFFの場合には動作しますか?
動作しません。
しかしながら、LiFi技術では薄暗い室内照明においてもデータを送信することができます。XCシリーズでは60ルクスの照度でも通信可能です。また可視光ではなく、赤外線の光源にセミカスタムすることもできます。
可視光通信(VLC)との違いを教えてください
VLCは光無線技術の一種であり、可視光線に相当する周波数400-800THz(波長780-375nm)を使用したデータ通信です。
LiFiではアップリンクとダウンリンクの双方からデータを通信することができます。完全なモビリティとハンドオーバーを実現するために、多方向によるネットワークの構築ができます。

光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」のサービスメニュー

光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」についてメールで質問・相談

光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「光を利用した高速通信技術 「pureLiFi」」について太平貿易株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

太平貿易株式会社

太平貿易株式会社

経営基盤の充実と環境負荷の低減活動を通じて地球環境保全にも貢献する

創業以来今日まで、当社は常に世界的視野に立ち、斬新・有効かつ信頼に足る商品を不断に開発することをモットーとし、今後も日本産業の発展に寄与貢献し、地球環境との調和を図り、環境保全を目指すことを念願とするものであります。

出展団体情報

出展団体名太平貿易株式会社
所在地103-0023 東京都 中央区日本橋本町 2-2-2 日本橋本町YSビル
設立年月1955年11月
URLhttps://www.taiheiboeki.co.jp