東芝情報システム株式会社

リアルタイム3次元移動予測技術

移動予測精度とリアルタイム性の両立に成功

リアルタイム3次元移動予測技術
リアルタイム3次元移動予測技術
カルマンフィルタ、再帰型ニューラルネットワークなど、原理の異なる複数の予測技術があります。これまでの予測技術では、予測精度を上げようとすると、処理に時間がかかります。反対に処理時間を短くするために計算量を減らすと、予測精度が下がります。このように「速度」と「処理時間」はトレードオフの関係にあります。

当社では1層のニューラルネットワークで3回エンコーダ・デコーダを繰り返す独自アルゴリズムにより、処理の高速化と高精度化を同時に実現しました。

リアルタイム3次元移動予測技術の詳細

特長

高速

リアルタイムに時系列で検出されるデータを遅延なく予測できます。

高精度

様々な特徴を持つデータを高精度で予測が可能です

小規模

小規模のため、エッジデバイスへのソフトウェア組込みや、FPGAなどのハードウェア化が可能です。

動画

用途例

タッチパネル

タッチペンの移動予測によりタッチペンの遅延を改善できます。

深度センサー

3次元的に動く物体の移動を予測できます。

ヒートマップ

ヒートマップの移り変わりを予測できます。

これまでのAI予測技術

これまでのAI予測技術

カルマンフィルタ、再帰型ニューラルネットワークなど、原理の異なる複数の予測技術があります。その中で、AIの予測技術が注目されています。

AI予測技術の課題

このように「精度」と「処理時間」のトレードオフ

このように「精度」と「処理時間」のトレードオフ

予測精度を上げるためには計算量を増やす必要があります。その結果、処理に時間がかかります。反対に処理時間を短くするために計算量を減らすと、予測精度が下がります。

データが複雑になると処理に膨大な時間がかかる

データが複雑になると処理に膨大な時間がかかる

1次元、2次元、3次元と、扱うデータが複雑になると、処理に膨大な時間がかかってしまいます。

東芝情報システム株式会社のリアルタイム3次元移動予測技術

東芝情報システム株式会社のリアルタイム3次元移動予測技術

この問題を解決した技術が、東芝情報システムのリアルタイム3次元移動予測技術です。

リアルタイム3次元移動予測技術とは、時系列で変化していく3次元データを、AI技術を活用して予測する技術です。

1層の畳み込みニューラルネットワークをエンコーダとデコーダに実装した独自アルゴリズムによって、処理の高速化と高精度化を同時に実現しました。

このアルゴリズムにより、リアルタイムに時系列で検出されるデータを遅延なく予測できます。また様々な特徴を持つデータを高精度で予測が可能です。さらに小規模のため、エッジデバイスへのソフトウェア組込みや、FPGAなどのハードウェア化が可能です。

リアルタイム3次元移動予測技術のサービスメニュー

リアルタイム3次元移動予測技術 資料

リアルタイム3次元移動予測技術 資料

超高速、高精度なAI予測技術 リアルタイム3次元予測

リアルタイム3次元予測は、時系列で変化していく3次元データを、AI技術を活用して予測する技術です。通常、予測精度を上げるためには計算量を増やす必要がありますが、「精度」と「速度」の間にはトレードオフという問題があります。当社は自社開発した独自のアルゴリズムによってこの問題を解決。深度センサやドローン、VRなど、様々な分野での活用が期待できます。

資料ダウンロード

リアルタイム3次元移動予測技術についてメールで質問・相談

リアルタイム3次元移動予測技術についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「リアルタイム3次元移動予測技術」について東芝情報システム株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

東芝情報システム株式会社

東芝情報システム株式会社

お客様と共に新たな価値を創造し続ける

東芝情報システムは、ICTで人々の暮らしや心を豊かにする社会を目指し、エンベデッドシステム、LSI設計、システムインテグレーションの3つのソリューションで事業を展開しています。

私たちは高度なテクノロジーをベースに、デバイスからプラットフォーム、アプリケーション、サービスまで、幅広いソリューションでお客様のさまざまな課題を解決し、成長を支えていきます。

出展団体情報

出展団体名東芝情報システム株式会社
所在地210-8540 神奈川県 川崎市川崎区日進町 1-53 興和川崎東口ビル
設立年月1962年08月
従業員規模501名以上
URLhttps://www.tjsys.co.jp