東亜グラウト工業株式会社

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』

東亜グラウト工業株式会社

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』
クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』
東亜グラウト工業株式会社のページをご覧いただき、ありがとうございます。弊社は、地下鉄のトンネルや橋梁の補修工事、法面・斜面の落石防護、下水道管路の維持管理など、インフラメンテナンス事業を行う会社です。

「ヒートライナー工法」は、弊社の得意とする下水道管路のリニューアル工事と、クリーンな下水熱エネルギーの有効活用を同時にかなえる技術です。排熱を「空調・給湯・床暖房・融雪」などに利用することで、電気や化石燃料の使用を抑え省エネやCO2削減を目指します。
インフラメンテナンスと省エネ2つの課題解決が期待できることなどから、平成30年度にはインフラメンテナンス大賞、環境省、省エネ大賞などを受賞いたしました。

そのほかにも、弊社のバリエーション豊富な工法はバーチャル展示でご紹介中です。ぜひご覧ください。
【下水道管路技術をバーチャル展示中】

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』の詳細

特長

「管路のリニューアル」と「省エネ」の二つの効果

古くなった下水道管のリニューアル(管路更生)と同時に、未利用の下水熱を有効活用する技術です。高度成長期に整備された下水道管が、これからその寿命である「 5 0 歳 」を迎えます 。 一方 、地球温暖化を防止するために 、未利用エネルギーの活用はますます重要になります。その2つの課題を同時に解決する「ヒートライナー工法」は、未来志向の技術です。

下水熱は未来のエネルギー

わたしたちの身近に存在する下水道。この下水の温度は年間を通して安定しており、外気と比較して夏は冷たく、冬は暖かい 性質があるため、生活に合わせて利用しやすい優れたエネルギー源なのです。 社会インフラとして既に張り巡らされた下水道から、これまで未利用だったエネルギーを回収することで、省エネで環境にやさしい サステナブルなくらしを実現します。

下水熱は未来のエネルギー

下水熱の導入メリット

  • 環境面:CO2排出量削減効果 / ヒートアイランド現象の抑制
  • 経済面:節電・省エネ効果
  • 社会面:広範囲で導入可能 / 市民・利用者へのアピール効果
下水熱の導入メリット

動画

用途例

【空調】ストーブの灯油補充頻度が「2日に1度」から「2週間に1度」へと改善しました

保育園事務室(25㎡)

  • 既設管径 Φ800mm
  • 設置延長 57m (新潟県十日町市)

よくあるご質問

臭気が心配ですが…
採熱部が直接下水に触れない構造になっているため、臭気は全くありません。
耐用年数はどのくらいですか?
一度設置すれば永続的に熱エネルギーを活用できます。
(下水管内の配管は下水管と同様50年程度です。)
どのような用途に使えますか?
冷暖房(エアコン)のほか、給湯器、風呂、床暖房、融雪
(ロードヒーティング、屋根の融雪)などへも応用できます。
一般家庭には設置できるのか?/民間だけで設置できるのか?
下水道法の改正で民間業者が熱交換設備を下水道管内に設置できるようにはなったが、公共施設のため自治体の許可協力が必要なので公共性の高い施設(保育園、給食センター、病院、市民施設など)のほうが導入可能性が高いです。
設置の適用径と延長は?
φ250~φ800mmです。最長L=100mです。

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』のサービスメニュー

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』についてメールで質問・相談

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』」について東亜グラウト工業株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

東亜グラウト工業株式会社

東亜グラウト工業株式会社

バリエーション豊かな工法と熟練の技術で、まちのインフラを守ります

弊社は1958年の創業以来、独自の地盤改良技術を通じて、国土建設の一翼を担ってまいりました。その後、社会資本整備の変遷に呼応する方てで、時代のニーズに適応する技術を磨き上げ、また時には獲得することで業容拡大を図り、現在では「地盤改良・構造物メンテナンス」「斜面防災」「管路メンテナンス」の3つ柱を築くに至っています。これからもバリエーション豊富な工法と熟練の技術で、安心・安全なまちづくりに貢献してまいります。
【下水道管路技術をバーチャル展示中】http://virtual-toa-g.jp/index.html

【事業内容】
・改良グループ
地下工事の多様な場面で活躍する「地盤改良工事」と、既存の構造物を整備する「構造物メンテナンス工事」を柱に、安心の社会基盤整備に貢献します。

・防災グループ
特殊な技術で落石や土砂、土石流、雪崩などの自然災害から人命や財産を守り、安心して住める国土づくりに貢献します。

・管路グループ
耐震化対策・維持管理時代を迎えるライフライン(管路)を調査診断し、豊富な工法バリエーションで修繕・改築し、予防保全や機能の回復を行います。

出展団体情報

出展団体名東亜グラウト工業株式会社
所在地160-0004 東京都 新宿区四谷 2-10-3
設立年月1958年06月
従業員規模101名-500名
URLhttp://www.toa-g.co.jp