東京マシンヴィジョンシステム株式会社

画像処理技術による外観検査システム

東京マシンヴィジョンシステムはヴィスコ・テクノロジーズ社公認システムインテグレーターです。
半導体・電子部品・自動車部品などの外観検査に最適なシステムをご提案いたします。

画像処理技術による外観検査システム
画像処理技術による外観検査システム
外観検査の⾃動化に課題を抱える方に、画像処理を利用した外観検査システムを提案いたします。
様々な工業製品の検査用途に対応できる汎用性と、特定の分野に適合する高い専門性を備えたヴィスコ・テクノロジーズ社製画像処理製品及び周辺機器をインテグレートし、お客様のご要望に合わせたシステムをご提供いたします。
また、画像処理システム導入にあたっては事前の仕様決め、サンプル評価が重要です。弊社は光学技術、電気・機械の知識と経験を元に、システム導入からアフターサポートに至るまでお手伝いさせて頂きます。

画像処理技術による外観検査システムの詳細

特長

性能と拡張性に富んだハイエンドモデル

VTV-9000シリーズはヴィスコ・テクノロジーズ社が独自に開発したソフトウェアVisionManagerと、ハードウェアを一体化した画像処理検査装置。直感的な操作で検査の設定も簡単に、スムーズな立ち上げを実現します。60を超える種類豊富な検査ツールは、VTV-9000シリーズ全製品に全ツールを搭載しています。

モデル名:画像処理装置 VTV-9000ST
VTV-9000STは高速な処理能力だけでなく、メモリ・拡張性・カメラ接続数に長けたモデルで、高速カメラの接続が可能です。

《モデルラインナップ》
4カメラ仕様、8カメラ仕様、高速モード対応2カメラ仕様、4カメラ仕様

性能と拡張性に富んだハイエンドモデル

検査ツール例1:良品のバラツキを考えて欠陥だけを検出

工業製品は、いつも同じ環境・同じ材質で同じ製品を生産できるとは限りません。微妙ではありますがロットごとに違いが出ることがあります。DefFinderは複数の良品モデルを登録することで、統計的に正しい良品画像を作成。傷、汚れ、異物などの外観上の欠陥を安定して検出・検査、バラツキのある検査にも対応します。DefFinderはヴィスコ・テクノロジーズ株式会社の登録商標です。現場で使用され続けて10年以上の実績を誇る外観検査ソフトウェアです。

検査ツール例1:良品のバラツキを考えて欠陥だけを検出

検査ツール例2:対象物の凸凹(膨れ・へこみ)の検出が可能

異なる位置の照明で撮像した複数枚の画像を解析し、表面の"うねり"などをキャンセルして凹凸欠陥のみを検出します。「PMS検査」ツールなら、一般的な光学系では検出が困難な"微小な凹凸"や"緩やかに変化する反り"などを可視化できます。「目視でしか欠陥を見付けることができない」「鏡面の対象物なので打痕の検出が難しい」「表面に模様があるので検査が難しい」など、様々な問題を解決します。

検査ツール例2:対象物の凸凹(膨れ・へこみ)の検出が可能

動画

用途例

大型製品の高速分割撮像

各ステージごとに撮像された画像を貼り合わせて、一つの画像として処理。目視検査と同等の検査を自動化できたことで、さらなる品質安定と生産性向上に貢献します。

高速画像取込みを実現したヴィスコ・テクノロジーズ社の画像処理検査装置VTV-9000miniRと高速・高画素カメラの組み合わせで、製品に要求される精度・処理時間を実現。

大型製品の高速分割撮像
ピンの打痕や上下振れを高精度に検出

プレスフープ品の表面の凹凸を検出します。ヴィスコの光学技術で、従来の手法では検出できなかった「変形しない打痕」や「上下振れ」も見逃しません。今までの1カメラで正面からの撮像では、主に寸法検査を行うことが一般的でした。

ヴィスコでは、独自の光学系とソフトウェア(VTV-9000)によって、正面からの撮像で寸法検査はもちろん、変形しない打痕や傷・上下振れ・ねじれ・緩やかな折れなども検出可能です。また、表面の凹凸を見る手法により、材料のこすれ汚れはキャンセルすることも可能です。

ピンの打痕や上下振れを高精度に検出
円筒形状物の外観検査

円筒形状物を回転させながら、2台のエリアカメラで撮像することで、全周検査(外周・内壁・小口)が可能です。

【エリアカメラだから出来る事】

円筒形やシートなどの連続した検査に有効な「ラインスキャンカメラ」。従来ラインスキャンカメラを使用していた検査対象を、エリアカメラで撮像するメリットをご紹介します。

  • 任意で領域設定ができるので、明視野と暗視野画像など複数の合成画像を一度に取得可能。
  • 位置決め後に画像を切り出すため、ワークが偏心した場合でも検査に適した画像を合成可能。
  • エリアで確認できるため、ピントや照明調整が容易。
円筒形状物の外観検査

よくあるご質問

他社製品との違いは何ですか。
ヴィスコ・テクノロジーズ社の製品は高精度な画像処理技術と、高速処理、人間に近い検査アルゴリズムを備えており、より多くのお客様にご満足いただけるように、画像処理技術が人間の目に少しでも近づくよう日々開発されています。

弊社はその製品を売って終わりでなく、光学系の選定から、自動機のアドバイス、アフターフォローにいたるまで、生産現場で本当に使える外観検査システムを提案しており、導入されたお客様から高いリピート率と満足度をいただいています。
対象物の外観検査が可能か確認したいのですが。
まずは外観検査の項目・精度などをご教示頂き、対象物のサンプルご提供ください。
その内容を元に弊社でサンプル評価を行った上で、システムを提案させて頂きます。
機密事項が含まれる対象物など、サンプルは提供出来ない場合はどの様に評価しますか。
弊社へサンプルを持ちこんで頂く事は可能でしょうか。
対象物や検査の情報を頂けましたら、弊社で過去の経験を元に評価環境を準備してお待ちしております。

画像処理技術による外観検査システムのサービスメニュー

画像処理技術による外観検査システムについてメールで質問・相談

画像処理技術による外観検査システムについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「画像処理技術による外観検査システム」について東京マシンヴィジョンシステム株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

外観検査システム 資料

外観検査システム 資料

半導体・電子部品・自動車部品などの外観検査に最適なシステムをご提案

様々な工業製品の検査用途に対応できる汎用性と、特定の分野に適合する高い専門性を備えたヴィスコ・テクノロジーズ社製画像処理製品及び周辺機器をインテグレートし、お客様のご要望に合わせたシステムをご提供いたします。

資料ダウンロード

東京マシンヴィジョンシステム株式会社

東京マシンヴィジョンシステム株式会社

東京マシンヴィジョンシステムは画像処理のシステムインテグレーターです

画像処理の要素技術は今現在も発展し続けています。
我々はそれらの新技術とこれまでの実績を融合し、画像処理を利用した外観検査システムをお客様にご提供させて頂きます。
さらに付加価値をつける事により、お客様の今後のご発展を支え続けます。

出展団体情報

出展団体名東京マシンヴィジョンシステム株式会社
所在地330-0835 埼玉県 さいたま市大宮区北袋町 1-82 産晃ビル4階
設立年月2007年10月
従業員規模10名以下
URLhttp://tokyomvs.com/

画像処理技術による外観検査システムが出展中のオンライン展示会