ワイヤー 株式会社

プロダクトデザイン

「カッコいい!」だけじゃないんです。開発製品の価値が200%向上するプロダクトデザイン。

プロダクトデザイン
プロダクトデザイン
WIRE は「ダブル・ダイアモンド」というフレームワークで幅広い視点から様々な課題を集めて、解決すべきことを整理します。そして、あらゆる解決策のアイディアを広げて、最適なソリューションに絞り込みます。発散と収束の作業で最適な答えを合理的に導き出します。

メッセージ

デザインはユーザーの要求や潜在的なニーズの発掘から始まります。
開発事業の最上流からデザインが参画すれば、既存事業や他企業との差別化を図ることができます。
当社では、製品プロデュース型のデザインサービスを提供しております。
新製品開発などのデザインについてお困りでしたら、ぜひお問い合わせください。

ワイヤー株式会社

デザインはユーザーの要求や潜在的なニーズの発掘から始まります。
開発事業の最上流からデザインが参画すれば、既存事業や他企業との差別化を図ることができます。
当社では、製品プロデュース型のデザインサービスを提供しております。
新製品開発などのデザインについてお困りでしたら、ぜひお問い合わせください。

プロダクトデザインの詳細

特長

プロジェクト参画型デザイン

あなたのお客様視点を見極めて、新しい価値を生みだします。ブランド力の向上とイノベーションを実現する製品プロデュース型のデザインサービス。デザインはユーザーの要求や潜在的なニーズの発掘から始まります。開発事業の最上流からデザインが参画すれば、既存事業や他企業との差別化を図れます。表層的な見た目だけでなく、技術や機構に合わせた構造的なデザインは開発製品や企業の価値を高めます。

プロジェクト参画型デザイン

ユーザー視点

健康を楽しむ。医療をもっと身近に。ユーザー体験を変えるデザイン。いくつもの操作ボタンが必要で開発や普及が難しいと言われていた高齢患者が利用する医療機器でも、ユーザー視点を持ったコミュニケーション力とプロデュース力で、診断に必要最小限の機能や迷わない操作性、日常的にも使いたくなる見た目など、スペックには表せない価値を創出します。

ユーザー視点

斬新性

「便利」のさらに先を、「欲しい」をデザインして選ばれる製品を提案します。競合するどんな良い製品にも似ていないデザインは、従来と違う使い勝手や新しい仕組みの発想で実現します。効果的なデザイン手法で、つい手に取って使いたくなる、ワクワク感を提供します。

斬新性

動画

用途例

プロダクトデザインの内容
  • 在宅医療・福祉関連の機器及びヘルスケア製品、生体センサデバイス等の意匠提案・設計
  • 計測機器など、比較的小型で手に持って使う電気機器製品の意匠提案・設計
  • ポータブルバッテリー、デジタルサイネージ筐体の意匠提案・設計
  • 開発製品のパッケージ、カタログ、ポスターなどのグラフィックデザイン
  • 開発製品の展示会出展に伴うブースの空間デザイン
  • 1~5の総合的な製品プロデュース

よくあるご質問

これまでデザイナーに依頼したことがありません。まずは専門家の意見を聞きたいのですが、相談からの依頼は可能でしょうか?
はい、可能です。まずはお会いして、貴社の開発案件について幅広くお話を聞かせて頂きます。どのような開発を目指されているか、貴社及び製品技術の強みは何か、ターゲットは誰かなどの情報から、お客様の企画に合う効果的なデザインの可能性を一緒に考えます。
費用はどのくらいかかりますか?
開発コンセプトやニーズ、解決すべき課題などによって効果的なデザイン方法や工程を判断する必要があります。予算のご希望なども伺いながら、お打合せを経てご提案させて頂きます。初回のお打合せは費用を頂いておりませんので、お気軽にお問い合わせください。
複数のデザイン案の中から選択する「コンペ形式」で依頼できますか?
大変申し訳ございませんが、お受けしておりません。お客様のご要望に最適で価値のあるデザイン提供を心がけております。信頼関係を築きながら、社会を豊にするモノ・コトづくりを一緒に進めていくことが、より良い製品開発に繋がると考えています。

プロダクトデザインのサービスメニュー

プロダクトデザインについてメールで質問・相談

プロダクトデザインについてメールで質問・相談

「プロダクトデザイン」についてワイヤー株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

ワイヤー 株式会社

ワイヤー 株式会社

プロジェクト参画型プロダクトデザイン

あなたのお客様視点を見極めて、新しい価値を生みだします。
ブランド力の向上とイノベーションを実現する
製品プロデュース型のデザインサービス。
デザインはユーザーの要求や潜在的なニーズの発掘から始まります。
開発事業の最上流からデザインが参画すれば、既存事業や他企業との差別化を図れます。
表層的な見た目だけでなく、技術や機構に合わせた構造的なデザインは
開発製品や企業の価値を高めます。

出展団体情報

出展団体名ワイヤー 株式会社
所在地180-0002 東京都 武蔵野市吉祥寺東町 1-4-23
設立年月2015年12月
従業員規模10名以下
URLhttp://www.wireinc.jp