株式会社エクセス

SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)

自分も相手も全員のメールアドレスをしっかり守れる新発想のメールサービス。 メールアドレスの秘匿・匿名化で情報漏えいをストップ。

SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)
SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)
セイフティ・アンサーの発想は、大人数とのアドレス交換が必要なPTA活動がきっかけで生まれました。ただ自身のアドレスを詐称するための既存の匿名化ツールとは逆の視点で、1つの公開メールアドレスを通して連絡を取り合うことで、送受信者ともにアドレスが匿名化され、お互いを守ることができます。

組織のインターネットゲートウェイと合わせて運用すれば、そもそも顧客のアドレスが組織内に持ち込まれることがなくなります。その結果、情報漏えいに対する不安を大きく払拭することが可能となります。

さらに、組織内のどこへ転送したとしても、転送元のアドレスから返信することができます。従来は各利用者が返信に使用するアドレスのアカウントを設定して運用しなければなりませんでしたが、これを完全に管理者の権限でコントロールすることを可能にしました。

SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)の詳細

特長

自分のメールアドレスを知られずに、メールを受信し返信できる

自分の本来のメールアドレスとは別の「公開しても良いメールアドレス」(以下公開アドレス)を知らせてメールを受信し、受信したメールへ返信すると公開アドレスから送信されます。

自分のメールアドレスを相手に知られることなくやりとりが可能です。

また、メール本文に自分のメールアドレスが記載されていた場合は公開アドレスへ書き換えられます。

自分のメールアドレスを知られずに、メールを受信し返信できる

故意、事故に関わらず、メールアドレスの漏えいを防ぐ

受信するメールの送信者アドレスを全て匿名化することができます。

組織内で個人情報としてのメールアドレスを保有しないため、個人情報としてのメールアドレス漏えいを防ぎます。

故意、事故に関わらず、メールアドレスの漏えいを防ぐ

匿名アドレスへは、許可されたアドレス以外からは送信できないので悪用されない

匿名化された送信者メールアドレスへは、受信者および管理者により許可されたアドレス以外からはメールを送信できません。 万が一、匿名化されたメールアドレスが外部に流出したとしても、外部からメールを送信されることはありませんので、 悪用防止・スパム対策することができます。

アカウントの設定なしで、「info@」など共通メールアドレスからメール送信が可能

転送元アドレスのアカウント設定がなくとも、転送先から転送元アドレスを発信者として正しくメールを返信できます。 また、返信できる転送先のアドレスは、管理者による管理が可能です。

アカウントの設定なしで、「info@」など共通メールアドレスからメール送信が可能

専用システム不要の汎用システム

メールのセキュリティ対策のために専用システムを構築しなくても、現在ご利用の既存のメールシステムに追加して利用可能です。 すぐにご利用いただけることはもちろん、導入費用やランニングコストを大幅に削減可能です。

メール承認プロバイダー

現在お使いのメールシステムに承認機能を追加できます。Outlookやプロバイダーのメールアドレス、Gmailなどでも利用可能です。

自己承認、特定の上司の承認、複数の承認者全員の承認、期限による承認など、メール送信成立の条件を自由に設定できます。

動画

用途例

従業員が安心して利用できる匿名相談窓口

業務に関係しての提案や苦情、相談など、企業内で起こる問題にいち早く対処する為に、匿名の相談窓口はコンプライアンスの強化に効果を発揮します。

無記名アンケートや目安箱などと違い、匿名アドレスへメールを送り返せば確実に匿名の相手と連絡を取ることができます。双方向のコミュニケーションができるので正確な情報を入手できます。

匿名メール連絡網

部署やクラスなどの単位に分けて公開アドレスを決めて連絡網を作成できます。

スマホやPCなど、メールが送受信できる環境があればどなたでもご利用できます。アプリのダウンロードや専用ソフトのインストールも不要で、目的のアドレスへメールを送るだけで、特別な操作は必要ありません。

組織アドレス以外の個人メールアドレス等を用いて緊急連絡網を作成されたい場合などに有効です。

営業先からinfoメール返信SafetyAnswer転送プラス

転送元アドレスのアカウントを設定せずに、転送先からでも転送元アドレスで返信ができます。

infoなどの代表アドレスへ届いたメールを、複数の担当者へ転送してメールを共有するようなケースでは、各転送先で代表アドレスから返信する為には、代表アドレスのアカウントを設定して利用することが必要です。

SafetyAnswerを利用することで、転送元のアカウントを設定せずに infoなどの代表アドレスから返信ができるようになります。代表アドレスからの送信は、管理者が認めたアドレスからだけ許可されます。

その他

特許 第 6418802 号 「メールアドレス秘匿に関する技術」 http://www.hotmock.com/jp/

SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)のサービスメニュー

SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)についてメールで質問・相談

SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「SafetyAnswer(セイフティ・アンサー)」について株式会社エクセスの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社エクセス

株式会社エクセス

匿名でメールを受け取ることで、顧客アドレスの漏えいを防ぐ

メールの送信者アドレスを匿名化することで、個人情報の漏えいリスクを取り去ります。

どんなに厳格な契約を交わしていても、署名・捺印していても、メールアドレスが漏れることを防ぐことは不可能でした。
SafetyAnswerは、独自のアドレス匿名化技術を使って、本当のメール送信者のアドレスを隠ぺいします。

さらに、SafetyAnswerによって匿名化された送信者へは、メールを受信した本人以外からはメールを送信することができないので、アドレスが持ち出されても、他では使うことができないので安心です。

出展団体情報

出展団体名株式会社エクセス
所在地179-0085 東京都 練馬区早宮 1-18-15
設立年月1989年05月
従業員規模10名以下
URLhttp://www.xes.ne.jp