設備管理システム

設備管理システムとは、設備の保全業務の標準化の実現するための手段です。設備管理には、情報を管理する事と、故障や機能低下を防ぐ事が重要で、システム化する事で、人為的ミスを減らし、コストを最小限に押さえながら、効果的な保全業務を実現します。

設備管理システムの製品一覧

株式会社ウェーブフロント

Smart EAM ソリューション

製品画像

状態監視への対応、検討は元より現場業務の電子化から設備台帳の整備、RCMに基づくデータ分析、保全方式の高度化まで一貫して対応

設備の状況をリアルタイムに得られる手法として状態監視は優れた技術ですが、全ての設備の状態をモニタリングする事は手間や費用の観点からも現実的ではありません。それは予知保全でも同様の事が言えます。ポイントは設備の重要度や特性を考慮に入れた上で適切な保全方式、状態を把握する方法を選択する事です。
適切な保全方式や状態把握の方法を選ぶためには設備台帳および保全の履歴が電子化されている事が前提となります。

弊社では保全現場で使用される点検結果報告書やチェックシートの電子化から設備台帳の整備、RCMと呼ばれるフレームワークに基づいた評価分析、モニタリング方法の検討、システムの導入といった設備管理業務の合理化、高度化に関する支援を一貫して提供しております。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社インターネットイニシアティブ

IIJ 産業IoTセキュアリモートマネジメント

製品画像

産業機器メンテナンスの効率化を実現する「IIJ 産業IoTセキュアリモートマネジメント」

「IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント」は産業機械や工場設備をIoT化するための各種デバイスから、セキュアなネットワーク、クラウド、さらにデバイス管理機能やデータを見える化するアプリケーションまでを包括的に提供するソリューションです。

台湾の産業用コンピュータ大手Advantech社(以下アドバンテック)との協業に基づき、同社の産業IoT向けプラットフォーム「WISE-PaaS」にIIJのセキュアなネットワークとクラウドサービスを組み込んだ「WISE-PaaS IIJ Japan-East」を共同開発し、IIJのクラウド「IIJ GIOサービス」上で提供。同プラットフォームにエッジデバイスやネットワーク機能を組み合わせワンストップ提供しています。


本ソリューションでは、産業機械・計測器メーカー向けの「Machinery」と、工場設備・生産管理部門向けの「Factory」の2種類をお客様別にご用意しています。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社ウェーブフロント

カレンダー型設備管理システムFLiPS

製品画像

Excelような使用感で設備や設備に紐づく作業を一元管理!設備状態や費用、保全の状況を見える化します

25年以上の保全システム構築支援の実績及びお客様の声を元に開発されたカレンダー型の設備管理システムです。
Excelをベンチマーク対象とし、使いやすさや見やすさにこだわり製品を開発しております。

計画系に関する予実管理の他、今年必要となるコストや設備の状態に基づくリスクも含めて星取表の形式で設備と保全実施状況の今を見える化できます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

アイコムソフト株式会社

設備稼働モニターシステム「i-Brain®️」

製品画像

稼働状況をリアルタイムに把握できるため、 設備の異常監視や予防保全作業の効率化を実現できます。

工場内の生産設備には多くの場合、稼働状況表示用として信号灯が取り付けられていると思います。
その生産設備にPATLITE社の通信機能付き信号灯「AirGRID」を取付(取替)ることで、設備稼働状態をワイヤレスに転送することが可能となる為、本パッケージ「i-Brain®︎」がインストールされた管理用パソコン上でモニタリングすることが出来るようになります。

標準機能の「アンドン」「リアルタイムモニター」「CSVダウンロード」の他にオプションとして、メール通知やチョコ停モニタリング等、設備の保全や稼働管理に必要な機能をご提供できます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社ウェーブフロント

設備状態の健全性評価および故障時期予測モデルの自動構築ソフトウェア「Neural Deisgner」

製品画像

プログラミング不要!AIを搭載した健全性評価、故障予測モデルを簡単に構築

Neural Deisgnerは深層学習を元に設備状態の健全性評価および故障時期予測モデルを構築するためのソフトウェアです。

従来であれば人の作業が必要であったデータの前処理や統計的な関係性の確認、欠損値の確認といった作業もボタン一つで実行可能であり、実務を行いながら集められているデータを元に設備の健全性評価や故障予測モデル、故障の原因となる因子を特定するといった事が実施できます。
また、作成した予測モデルはCやPythonでの出力の他、数式として各要素間の関係を確認する事も可能です。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

桜井株式会社 (日本製紙グループ)

e-無線巡回

製品画像

現場の声から作られた傾向監視システム 温度と3軸加速度の常時監視でモーターなどの回転機を簡単に見える化。

e-無線巡回は、子機に接続されたセンサで温度と振動加速度を測定し、920MHz帯の無線で親機に送信するシステムです。親機に送信されたデータを確認するため、パソコンとLANケーブルが必要になります。
初回セットには親機1台・子機1台のほか、トレンドグラフを表示できる基本ソフトも含んでいます。
パソコン、LANケーブルは含まれておりません。パソコンとLANケーブルさえご用意いただければ、すぐに設備の見える化が実現できます。

トレンドグラフによって傾向監視が出来るのでトラブルを把握できます。
また、グリスアップやオーバーホール前後のグラフで、メンテナンス効果の確認もできます。

警報(しきい)値を設定し、警報値を超えると画面と音でお知らせします。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー