アシザワ・ファインテック株式会社

アシザワ・ファインテック株式会社

乾式粉砕でサブミクロン・湿式分散でナノサイズまでの微細化を実現する
微粉砕・分散機の総合メーカー

アシザワ・ファインテックは、人類と地球の未来のために、お客様とビジョンを共有し、微粉砕・分散のお困りことにチャレンジする、コンサルティング発想の微粉砕・分散機メーカーです。
当社は、トップダウンの手法でナノ・サブミクロンレベルまで微粉砕・分散させるビーズミル(湿式/乾式 微粉砕・分散機)をはじめとする、攪拌機・脱泡機等の微細化工程をサポートする前後工程機や技術をトータルでご提案・ご提供しています。

事業内容:
1. ナノサイズまでの微粒子を開発、生産または利用されるお客様に対する技術サポート
2. 粉砕機・分散機(ビーズミル)をはじめとする産業用粉体機器の開発・製作・メンテナンス
3. 粉砕機・分散機(ビーズミル)などを使用する受託加工

出展団体情報

出展団体名アシザワ・ファインテック株式会社
所在地275-8572 千葉県 習志野市茜浜(あかねはま)1-4-2
設立年月2002年12月
従業員規模101名-500名
URLhttps://www.ashizawa.com

アシザワ・ファインテック株式会社の製品一覧

ラボスター®︎ミニ

製品画像

【卓上サイズ】研究開発・少量サンプル作製用 湿式ビーズミル

アシザワ・ファインテックでは、対象物を微細化するにあたり、その目的が「粉砕」か「分散」か見極めることにより、最適な処理方法をご提案しております。
ラボスター®︎ミニは、粉砕室を入れ替えることで「粉砕」・「分散」の処理を一台で可能な卓上ラボ機です。
さらに、少量サンプル作成向けのバッチ式も共通フレームでご使用いただけます。

【ラインナップ】

<ラボスター®︎ミニ LMZ015>
大流量循環運転 スタンダードミル スターミル LMZの小型機。
分散向けのDMS65に対しLMZ015は微粉砕向け。

<ラボスター®︎ミニ DMS65>
ナノ粒子向け 分散機 ナノ・ゲッター®︎の小型機。
大型機へのスケールアップの実績あり。

<ラボスター®︎ミニ HFM02>
ナノ粒子向け 分散機 MAXナノ・ゲッター®︎のバッチ式ミル。
サンプル量100mLより運転が可能。

詳細を見る

ムゲンフロー®︎

製品画像

【ビーズ分離能力強化型】 湿式プレミアムビーズミル

ムゲンフロー®MGFは、従来機よりも生産効率を飛躍的に向上させた、高機能モデルのビーズミルです。
スラリー配合の常識を覆すほどの高粘度・高濃度のスラリーにも対応し、ナノ・サブミクロン領域まで微細化させることができます。

詳細を見る

ドライスター®︎SDA

製品画像

【乾式粉砕でサブミクロンを実現‼】 連続式 乾式ビーズミル

100〜150μm程度の原料を1パスでシングル・サブミクロンまで粉砕する連続式 乾式ビーズミル。
エネルギーコストも他の粉砕機(ボールミルやジェットミル)と比較すると極小に抑え、粒度コントロールも容易なため、効率よくシャープな分布を得ることができます。
また、湿式ビーズミルとの組合せにより、湿式のみでの処理と比較して、省エネでの処理(エコ粉砕)とコンタミネーションを抑制した処理が可能です。

詳細を見る

シグマドライ®︎

製品画像

【分級機内蔵型】 乾式ビーズミル

<分級ロータで微粉をカットして付着を防止!>

分級機内蔵型 乾式ビーズミル『シグマドライ®︎(型式:SGD)』は、乾式ビーズミル『ドライスター(型式:SDA)』と分級機『セパアルファ(型式:CFA)』それぞれの技術を複合化させた装置として開発されました。
これまでよりもさらに効率的に乾式粉砕を行うことが可能であり、1台の機械で理想的な自由粉砕※を実現します。

※自由粉砕...微粉を除去して十分に力の伝達が可能な状態で粉砕する操作のこと。
粉砕の過程では微粉が増加し、その微粉自体が緩衝剤となり粉砕速度や粉砕のエネルギーを低下させることがある。

詳細を見る

OMEGA®︎

製品画像

湿式 メディアレス分散・乳化機

<高粘度スラリー対応 メディアレスで幅広い用途の分散・乳化>
OMEGA®︎は4つのモジュールを組み合わせた新しい概念の分散・乳化機です。
比較的低圧力(70MPa程度)で運転ができるため温度上昇が少なく、構造がシンプルで大量処理に対応します。
さらにメディアレスなため、コンタミの心配がなく、粘度に関係なく幅広い用途にご使用いただけます。

詳細を見る

MAXナノ・ゲッター®︎

製品画像

【高品質の分散を実現‼】 ナノ粒子対象生産用 湿式分散機

MAX ナノ・ゲッター®︎は、ナノ粒子分散の大量処理向けビーズミルです。
混合・攪拌機の構造をビーズミルに採用したことにより大型化へのスケールアップが容易となり、大量処理(時間あたり最大数百kg程度<業界最大>)が可能となりました。
対象物の種類や粘度の変化に応じてビーズの動きを自在にコントロールできるため、多種多様な対象物にも対応します。

詳細を見る