工場設備の保全管理とは?おすすめのシステム6選

工場設備の保全管理とは?おすすめのシステム6選
工場設備における保全管理とは、機械設備が正常に安定的に稼働するように管理を行うことを指します。この記事では工場設備の保全管理につてとおすすめのシステム6選をご紹介しています。

工場設備の保全管理とは?

工場設備の保全管理とは?

工場設備における保全管理とは、機械設備が正常に安定的に稼働するように管理を行うことを指します。

保全管理を適切に実施ができていないと、定期的に設備に不具合や故障が生じたり、最悪の場合は生産ラインをストップする事態を引き起こしかねません。生産ラインのストップはそのまま生産量の減少を意味するため、このような直接的なリスクを起こさないためにも設備の保全管理をきちんと実施する必要があります。

保全管理の種類には、そのメンテナンスを行うタイミングの違いによって「事後保全」「予防保全」「予知保全」があります。

事後保全

事後保全とは、機械設備に不具合や故障などの何らかのトラブルが発生した後に設備保全を行う手法です。

実際の設備トラブルが発生した後に対処をする方法のため、定期的なメンテナンスを行うよりもコストを抑えられる可能性があります。しかしその一方で、事前にリスクを把握して設備トラブルを防ぐことはできなたいめ、生産ラインのストップや設備の買い替えなどが起こりうる可能性は高まるため、結果的により多くのコストが生まれる懸念もあります。

予防保全

予防保全とは、事前に策定した保全計画に基づいて定期的な点検や修理・部品交換などを行う手法です。事後保全は機械設備のトラブル後に対応するのと比べて、予防保全は未然に防ぐことを目的とする点が大きく異なります。

予知保全

予知保全とは、機械設備にデータ収集のためのセンサ等を取り付け、収集したデータを分析することによって機械設備のトラブルを防ぐ手法です。

予防保全と同様に事前にトラブルを防ぐことに目的を置いていますが、リアルタイムでのデータ収集によって、より適切なタイミングでメンテナンスを実施することができるようになります。

メンテナンスの計画立案を支援する保全管理システムとは?

メンテナンスの計画立案を支援する保全管理システムとは?

工場設備の保全管理を適切に行うのに有効なツールが「保全管理システム」です。保全管理システムは、設備が安定的に稼働するために必要なメンテナンス計画の立案をサポートするシステムのことを指します。

単にメンテナンスの時期を計画的に作成できるだけでなく、保全にまつわる予算の管理であったり、データ収集に基づいた故障の傾向分析に有効な機能を付与されているようなシステムもあります。

保全管理システムを導入するメリット

保全管理システムを導入するメリット

稼働状況の可視化

保全管理システムを活用することによって、機械設備の稼働状態をリアルタイムで可視化(見える化)することができるようになります。機械設備にセンサ等を取り付け、PCやタブレット等のディスプレイでモニタリングを行うことができれば、作業者による現地での点検の負担を軽減することにも繋がります。

無駄のないメンテナンス計画

保全管理システムの大きなメリットとして予知保全の実現に貢献できる点が挙げられますが、それはデータ収集に基づいた「攻め」のメンテナンス計画を立案できる為です。

データの分析によって故障設備の傾向であったり、優先的にメンテナンスを施す必要がある設備の可視化をすることができるようなるため、トラブルを未然に防ぐ最適なメンテナンス計画を立案することができます。また、メンテナンスの優先度を適切に決められることによって、保全に関する無駄なコストを発生させるリスクを抑えることができます。

保全管理システムを活用した計画的な設備保全を実現しませんか?

保全管理システムを導入することによって、無駄の少ない計画的な設備保全を実現することができます。

システムは大きく「クラウド型」と「オンプレミス型」に分けられます。クラウド型は外部のサーバーを利用し、オンプレミス型は自社のサーバーにシステム環境を構築します。それぞれの方式によって初期費用やカスタマイズの柔軟性に違いがある為、自社に適したシステムを導入するようにしましょう。

おすすめシステム6選

マルティスープ株式会社

iField indoor

製品画像

GPSが届かない工場や倉庫内で人、モノ、車両など対象物の位置情報を取得し、現在地の把握や移動履歴、取得したデータ見える化で現場を改善するソリューションです。

リアルタイムの位置情報把握や過去動線の再生はもちろん、取得したデータをヒートマップやグラフなどで可視化。
さらにMESやWMSなどのデータと連携させることで、現場のデジタルツイン化を実現します。

工場や倉庫の自動化を進める前には、まず現状をしっかり把握し、ベストプラクティスを見つけ出すことが重要になってきます。
人やモノが「どんなときにどんな動きをしているか?」ということはわかっているようで案外漠然としか把握していないものです。
『iField indoor』を利用することで現場を定量的に見える化し、客観性のある改善策を見つけ続けることができます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

OSIsoft Japan株式会社

AVEVA APM (Asset Performance Management)

製品画像

これまでも様々な保全対策が取られてきているものの、保全の効率化・最適化は現在も重要な課題です。実際に現場ではヒヤリハットの件数は年々増えています。また多くの企業が目まぐるしく変化する環境と要求に対応するため、包括的に保全対策の見直しを始めています。

AVEVAの設備資産パフォーマンス管理(APM: 資産パフォーマンス管理)は包括的な保全プログラムの各種要素をすべて統合し、価値のある情報へのアクセスを可能にして、より高度な判断が可能なコンテキストを提供し、保全の効率化・最適化を実現します。

今ある設備をできるだけ長期間かつ安全な稼働にむけぜひAVEVAにご相談ください。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社サーランド・アイエヌイー

RFID関連製品

製品画像

株式会社サーランド・アイエヌイーは、急速に発展するユビキタス社会の到来を見据え、具体化に必要なRFID関連製品を幅広く取り扱っております。
企画・開発・製造に至るまでのハード機器のご提案や、ソフト構築を含めたソリューション提案、またOEMはもちろん、ODMでの対応も可能となる事で、それぞれのお客様にあったベストな製品をご提供致します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社ゴードーソリューション

IoTによる工場の見える化システム

製品画像

Nazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)は、「工場マネジメント」をコンセプトに開発した生産設備向けIoTシステムです。多彩な接続方法に対応し、専用インターフェースがなくても設備と接続できるので、メーカーや年式問わず工場にある様々な設備の稼働データを一元管理できます。

さらに、RFIDやバーコードなど各種センシング機器からのデータ取得にも対応。これにより、設備の稼働状態と合わせて、担当者や作業時間、ワーク情報など、製造にかかわる様々なデータを紐づけして複合的に表示・集計できます。

シンプルなシステム構成と拡張性で、設備の増設にも柔軟に対応。
既存の生産管理システムとの連携もぜひご相談ください。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

ヘルツ電子株式会社

生産工程のデジタル化ソリューション

製品画像

ヘルツ電子は、お客様の“離れたモノに、確実に情報を伝達したい”というニーズに応えるべく、長年培った高品質なワイヤレス技術をベースとした「ポカヨケツール」「ワイヤレス呼び出し装置」「生産管理表示装置」製品をご提供いたします。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

Zion株式会社

生産PC設備リプレースサービス

製品画像

PC-98(MS-DOS、N88BASIC)やWindows2000、WindowsXPなどの古いパソコンを、
ソフトウェアやプログラムを変更することなくお使いの環境そのままWindows10へリプレースいたします。

「PCは古くて置き換えたいが、使用したいソフトウェアがWindows10に対応していない」
「設備はメンテナンスしていけばまだまだ使用できるが、PCの故障が心配」
「昔、設備を導入した時の担当者がいなくなり、リプレースしたいが何から手をつけてよいのか分からない」
といったお悩みを解決します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会