武蔵野ファインガラス株式会社

武蔵野ファインガラス株式会社

独自のエッジング技術で精密穴加工を実現

当社は、1988年の創立以来ガラスの加工を生業として参りました。2002年より業容拡大を目指して、フッ酸によるガラスの加工を開始し、タッチパネルの薄型化、OLED用封止ガラス等アプリケーションを広げて参りました。

現在ではスマートフォン市場の成長と自動車のIT化の流れを受け、これまで培ってきたエッチング技術を活かしたガラスのケミカルカット、超薄型化スリミング加工、アンチグレア処理で最先端分野での御客様の開発のお手伝いをさせて頂いております。

「お困りの事が有れば、是非一度、お問い合わせください。」

出展団体情報

出展団体名武蔵野ファインガラス株式会社
所在地350-1155 埼玉県 川越市下赤坂 617番地3号
設立年月1998年02月
従業員規模11名-50名
URLhttp://www.mfg.jp

武蔵野ファインガラス株式会社の製品一覧

武蔵野ファインガラス株式会社

ガラスの精密加工

製品画像

色々な加工方法で、皆様のご要望にお応えします

弊社では受託加工のみならずガラスエッチングに関して様々なご相談に対応させて頂きます。
フッ酸系の薬液を自社内で調合しており、作業環境及び周辺環境にやさしい組成での加工をモットーに様々なガラス組成に適したブレンド液の開発に注力して参りました。同時に廃液処理量の低減の為に使用薬液のリサイクルにも力を入れております。 通常、エッチングが難しいとされるガラス素材に関しましても、是非ご相談ください。
ガラスはもともと非常に強度のあるもので、所定寸法に加工する際に機械加工を施します。これが、その強度を落すことになり、使用用途ないし仕様や形状によっては対応できない事も 多々ありました。この点をケミカル加工により解決してガラスの適用範囲を広げ、皆様の御要望にお答えできればと考えております。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー