イクスアール株式会社

イクスアール株式会社

xRを人材育成に活用し 誰もが活躍できる社会を実現する

私たちは、xRのテクノロジーを用いて「誰でも活躍できる社会」づくりの一翼を担うことができると考えています。

バーチャル空間上に研修環境を作り、仕事の手順そのものを空間に表示したり、実際に体を動かし学習することで 仕事の手順やスキルを従来よりも容易に学ぶことができます。 外国人労働者向けに母国語で表示したり、ネットワークと組み合わせることで 距離の制約取り払った評価や、複数人同時の訓練することもできます。

また、言語や世代の壁を超えて学べる環境を作ることは、生産性の向上だけでなく 働く人の学習意欲を高められると考えています。

数値化された職人の動きを人に伝えることもできます。 視覚だけでなく、感覚までもが触覚デバイスを通じて感じられる。
これまで伝承が難しいとされていたことも、 xRのテクノロジーを用いて伝えていくことをイクスアールは目指しています。

xRは、エンターテイメントという印象が強いと思いますが、そうではありません。
私たちは、日本の明るい未来の扉を切り開く鍵だと考えています。

出展団体情報

出展団体名イクスアール株式会社
所在地450-0002 愛知県 名古屋市中村区名駅 4丁目3-10 東海ビル307
設立年月2081年03月
従業員規模10名以下
URLhttps://www.exr.co.jp

イクスアール株式会社の製品一覧

産業向けバーチャルシミュレーター

製品画像

活躍人材を創出するバーチャルトレーニング

各業界では、団塊の世代の引退に加え、バブル崩壊後の長期不況において若年労働力を十分に採用してこなかったこと等により、今後、技能の継承や人材確保のための対応を迫られる企業も増加することが予想されます。
熟練の引退と共に、失われていく技術やノウハウも出てきます。これらを企業の情報資産として、大切に守っていく必要があります。

そんな環境の中で、今のOJTのように、マンツーマンで教えるような職業訓練が今後どこまでできるでしょうか?まず、教育者と教わる側の時間を合わせなくてはなりません。さらにグループで教えるとなれば、合宿のように時間を合わせて遠方から人を集めることもあります。消費する時間と費用は膨らむばかりです。
そこでバーチャルシミュレーターが必要となります。

詳細を見る