ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

熱分析・粘弾性測定・熱量測定・力学解析のワールドリーダー

ティー・エイ・インスツルメントは熱分析・粘弾性測定・熱量測定と力学解析の装置販売、メンテナンスサポート、デモンストレーション測定、技術セミナーを行っており、材料の最新情報を皆様にご提供し、また材料測定の技術開発に取り組んでおります。東京・大阪にラボがあり、多数の分析装置を取り揃えております。
【主要取扱装置】
☆熱分析/示差走査熱量計(DSC)、熱重量測定装置(TGA)、熱重量示差熱分析装置(SDT/TG-DTA)、蒸気吸脱着装置(Q5000SA)
☆粘弾性測定(レオロジー)/回転型レオメーター(DHR・ARES)、動的粘弾性測定装置(RSA・DMA・EF3200)、ゴム試験用キュアメーター(RPA)
☆微小熱量測定(カロリーメーター)/等温滴定熱量計(ITC)、微小熱量測定装置(NanoDSC)、等温熱量測定装置(TAM)
☆熱物性測定装置/熱伝導率測定装置(DTC・FOX)、熱拡散率測定装置(DLF、DXF)熱膨張率測定装置(TMA,DIL)、光学式熱膨張率測定装置(ODP、HM)
☆疲労試験機/ElectroForceシリーズ・BioDynamicシリーズ

出展団体情報

出展団体名ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社
所在地 東京都品川区 西五反田 5-2-4 レキシントンプラザ西五反田6F
設立年月1990年10月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.tainstruments.com/?lang=ja

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社の製品一覧

動的粘弾性測定装置 Discovery DMA850

製品画像

正確、精密、用途の広いDMA測定が可能!高剛性材料に最適な粘弾性測定装置

非接触式で、応力を正確にコントロールするリニアドライブテクノロジーや低摩擦であるエアベアリングなどの先端技術を搭載したDMAです。応力は優れた感度と分解能を提供するオプティカルエンコーダー技術を利用して測定されます。独自の設計を備えた当製品は、複合体を含む高剛性アプリケーションに適しています。幅広い温度範囲で非常に正確かつ再現可能な機械的特性の測定を実現し、これまでになく容易に優れたDMAデータを取得できます。

詳細を見る

最高温度1750℃の高温粘度計『VIS413』

製品画像

高速冷却ファーナスと真空~各ガスによる反応雰囲気制御性能が特徴

高温粘度計『VIS413』は、高温環境下における溶融材料の粘度を測定することで、サンプルの高温状態での挙動や不純物の検出、添加剤の効果などを評価することが可能な装置です。
熱分析とレオメーターで有名なTAインスツルメントだからこそ、精密な温度制御、高速冷却による圧倒的なスループット性能、正確な粘度計測が可能になりました。

詳細を見る

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社のダウンロード資料一覧

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社が出展中のオンライン展示会