東亜グラウト工業株式会社

東亜グラウト工業株式会社

バリエーション豊かな工法と熟練の技術で、まちのインフラを守ります

弊社は1958年の創業以来、独自の地盤改良技術を通じて、国土建設の一翼を担ってまいりました。その後、社会資本整備の変遷に呼応する方てで、時代のニーズに適応する技術を磨き上げ、また時には獲得することで業容拡大を図り、現在では「地盤改良・構造物メンテナンス」「斜面防災」「管路メンテナンス」の3つ柱を築くに至っています。これからもバリエーション豊富な工法と熟練の技術で、安心・安全なまちづくりに貢献してまいります。
【下水道管路技術をバーチャル展示中】http://virtual-toa-g.jp/index.html

【事業内容】
・改良グループ
地下工事の多様な場面で活躍する「地盤改良工事」と、既存の構造物を整備する「構造物メンテナンス工事」を柱に、安心の社会基盤整備に貢献します。

・防災グループ
特殊な技術で落石や土砂、土石流、雪崩などの自然災害から人命や財産を守り、安心して住める国土づくりに貢献します。

・管路グループ
耐震化対策・維持管理時代を迎えるライフライン(管路)を調査診断し、豊富な工法バリエーションで修繕・改築し、予防保全や機能の回復を行います。

出展団体情報

出展団体名東亜グラウト工業株式会社
所在地160-0004 東京都 新宿区四谷 2-10-3
設立年月1958年06月
従業員規模101名-500名
URLhttp://www.toa-g.co.jp

東亜グラウト工業株式会社の製品一覧

東亜グラウト工業株式会社

クリーンエネルギー「下水の熱」を活用する管路更生一体型システム『ヒートライナー工法』

製品画像

東亜グラウト工業株式会社

東亜グラウト工業株式会社のページをご覧いただき、ありがとうございます。弊社は、地下鉄のトンネルや橋梁の補修工事、法面・斜面の落石防護、下水道管路の維持管理など、インフラメンテナンス事業を行う会社です。

「ヒートライナー工法」は、弊社の得意とする下水道管路のリニューアル工事と、クリーンな下水熱エネルギーの有効活用を同時にかなえる技術です。排熱を「空調・給湯・床暖房・融雪」などに利用することで、電気や化石燃料の使用を抑え省エネやCO2削減を目指します。
インフラメンテナンスと省エネ2つの課題解決が期待できることなどから、平成30年度にはインフラメンテナンス大賞、環境省、省エネ大賞などを受賞いたしました。

そのほかにも、弊社のバリエーション豊富な工法はバーチャル展示でご紹介中です。ぜひご覧ください。
【下水道管路技術をバーチャル展示中】

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー