入退室管理システムで防犯セキュリティを向上しませんか? 入退室管理システムに関連する製品一覧

入退室管理システムで防犯セキュリティを向上しませんか? 入退室管理システムに関連する製品一覧
入退室管理システムとは、いつ、誰が、どこへ入退室したかを管理及び記録するためのシステムで、その役割はセキュリティ強化のみではなく、従業員の労働時間の把握や、個人情報、機密情報の保護にも及びます。この記事では、入退室管理システムを導入するメリットを解説するとともに、アクセスの際に使われる認証技術についても紹介します。

入退室管理システムとは?

入退室管理システムとは、いつ、誰が、どこへ入退室したかを管理及び記録するためのシステムを指します。システムを設置し入退室が可能なユーザーを制限することによって、不審者の侵入を防ぐことができます。

また、セキュリティ強化だけではなく、従業員の労働時間の把握や個人情報等の機密情報の保護にも活用が期待できます。

入退室管理システムを導入するメリット

入退室管理システムを導入する代表的なメリットとして、防犯セキュリティの向上と、従業員の勤怠管理をご紹介します。

入退室管理システムを導入するメリット

防犯セキュリティの向上

入退室管理システムでは認証技術が用いられていることが多く、不法侵入によるリスクを大幅に下げることができます。工場やオフィスには様々な人々(従業員・クライアント・警備員・清掃員など)が出入りしますが、入退室管理システムを活用することによって出入りが認められている人にのみ入退室の権限を付与することがでるからです。

また、付与する権限にも段階を分けることができるため、より内部の者である従業員にきめ細かい入退室管理を担ってもらうことが可能です。

さらに、万が一にトラブルが発生した場合も、入退室の履歴を見ることで迅速な対応へと繋げることができます。

勤怠の管理

入退室の記録だけでなく、従業員の稼働を把握できる点も、入退室管理システムを導入するメリットとして挙げられます。認証技術によって入退室をした日時を記録できるため、入社した時間の把握はもちろんのこと、残業の有無などの細かい勤怠状況を把握することができます。

近年では働き方改革の推進が大きなトレンドとなっていますが、入退室管理システムの活用によって無断の残業や過剰な休憩を防止することが期待できます。

入退室管理システムで用いる認証技術

入退室管理システムで用いられている代表的な認証技術として、「暗証番号」「ICカード」「生体認証」の3つをご紹介します。

入退室管理システムで用いる認証技術

暗証番号

入退室をするユーザーのみが知っている暗証番号を取り付けたテンキーに入力し、認証を行うのが暗証番号方式です。一般的に最も普及している方式で、シンプルではあるものの導入コストが低く運用も容易です。

一方で、番号さえ知っていれば誰でも入退室ができるようになるため、外部の人間や退職した従業員も侵入ができしてしまうリスクがあります。

ICカード

社員証と兼用できる認証タイプで、工場やオフィスでもプラカードをぶら下げている従業員が数多く見られます。

近年では、入退室の管理に加えて、パソコンや印刷機の認証にも活用されるケースが浸透しています。パソコンや印刷機は個人情報が紐づかれることの多いデバイスのため、情報漏洩を防止する観点からもICカードの活用は有効です。

生体認証

生体認証・バイオメトリクス認証は最も精度が高く、重要度の高い施設・部屋の入退室認証に用いられることの多い認証方式です。生体認証は認識させる人の部位や情報によって分類されますが、代表的なものとして「顔認証」「指紋認証」「静脈認証」「声紋認証」「網膜認証」「虹彩認証」「掌形認証」などがあります。

自社の目的に沿ったシステムの選択を

オフィスや工場のセキュリティ対策の強化が求められている近年において、入退室管理システムの活用は有効的な手段です。

ただ、システムには入退室を管理・記録できるだけのシンプルなものもあれば、生体認証が適用された行動なセキュリティシステムを有しているものもあり、その機能や特徴は提供されるシステムによって様々なです。そのため、まずは自社で実現したいセキュリティ強化の内容を一度検討したうえで、それを実現するのに適したシステムを探すことをおすすめします。

入退室管理システムに関連する製品一覧

株式会社AnchorZ

DZ Security

製品画像

DZ Securityは簡単に使え、偽装や情報漏洩の心配なく、安全安心で低コストの国際特許取得済技術搭載のセキュリティソリューションです。
バックグラウンド認証(=DZ認証)とDZクラウドの二つの要素技術から構成されます。

・バックグラウンド認証(=DZ認証)は利用者の動的に変動し続ける複数の生体情報や利用時の癖を同時に並行し、「随時・適宜」認証を行います。利用開始から終了まで収集した情報でAIを駆使し統合的に判断します。
・DZクラウドはファイルを分散し、その分散数に応じた個別暗号鍵を発行し、データの秘匿性を向上します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社アイランドシックス

リアルタイムロケーションシステム AeroScout(エアロスカウト)

製品画像

エアロスカウトは、Wi-Fiインフラを活用してリアルタイムにヒトやモノの位置や状態を正確かつ自動的に検知・把握することができるシステムです。
従業員やビジターの所在・安全を把握・確保し、重要な資産の管理もできる、安全性と効率性を高めるための最適化ツールをご提供します。
【特長】
■世界各国で数千の導入実績
■エンタープライズグレードのオープンRTLS・IoTプラットフォーム
■幅広い用途に適用可能なアプリケーション

【AeroScout(エアロスカウト)製品紹介ページ】
https://aeroscout.jp/

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会