工場に監視カメラを設置するメリットとは? 監視カメラの活用事例と関連する製品一覧

工場に監視カメラを設置するメリットとは?  監視カメラの活用事例と関連する製品一覧
殆どの工場が導入している監視カメラ。従来はセキュリティ強化を目的とする導入が大半でしたが、近年、カメラが持つ様々なオプション機能により、その役割は、品質管理の強化、業務効率の向上などにも広がりを見せています。ここでは、監視カメラの活用事例や導入のメリット、更にはおすすめ工場向け監視カメラを紹介します。

新たな活用が期待されている工場向けの監視カメラ

従来では、工場への監視カメラの導入はセキュリティ強化の観点によるものがほとんどでした。そのような意味において、監視カメラ・防犯カメラが導入されていない工場はむしろ少ないと言えるでしょう。

しかし近年では、監視カメラをセキュリティ強化とは異なった観点から活用する事例が見られるようになっています。現代の製造現場に求められている監視カメラの活用事例や導入のメリットをご紹介します。

「工場 x 監視カメラ」の活用事例

工場内での監視カメラの活用事例として最も一般的なのは「防犯対策としてのセキュリティ強化」です。ここではさらに「品質管理の強化」と「業務効率の向上化」に関する活用事例をご紹介します。

工場 x 監視カメラ」の活用事例

製造ラインへカメラを導入して品質管理を強化する

監視カメラを製造ラインへ導入することによって、不良品の流出を防ぐことができたり、不良品発生の原因を突き止めることができるようなり、品質の安定化が期待できるようになります。例えば、食品包装の印字ミスや印刷物封入のミスが発生した場合などに、映像記録を基に品質管理の強化へ向けた改善策を講じやすくなります。

また、万が一に不良品が流出してしまった際の、クライアントへ提出する証拠資料としても映像記録は有効です。

製造現場をカメラで記録して業務効率の向上化を図る

製造現場での様子をカメラで映像として記録することによって、業務中の無駄を可視化することできます。現場での作業員が見落としてしまいそうな無駄も、映像記録として見直すことで客観的な視点を得られるのです。

また、実際の映像を見せながら業務内容を伝えることができるため、新人教育においても活用することができます。

防犯対策としてのセキュリティー強化

工場での監視カメラの活用で最も一般的なのは、セキュリティ強化としての防犯対策です。近年の監視カメラの役割はリアルタイムでの監視や録画記録だけに留まらず、入退室管理システムと連携して侵入者の入室をブロックすることまで含みます。

つまり、事後対応だけではなく、事件を未然に防ぐ機能としても監視カメラは期待されています。

目的に沿った工場向け監視カメラを選択しよう

工場における監視カメラが果たすべき役割はセキュリティ強化を含め、品質管理の強化、業務効率の向上化など、年々広がりを見せています。

監視カメラが持つオプション機能や解像度は製品によって大きく異なります。そのため、自社の工場が遂げたい目的を明確にしたうえで、それに貢献し得るスペックを持った監視カメラを選択するようにしましょう。

一つの目安として、自社が活用したい事例と同様の導入実績があるのかを事前に確認することをおすすめします。

工場向け監視カメラに関連する製品一覧

株式会社アイランドシックス

リアルタイムロケーションシステム AeroScout(エアロスカウト)

製品画像

エアロスカウトは、Wi-Fiインフラを活用してリアルタイムにヒトやモノの位置や状態を正確かつ自動的に検知・把握することができるシステムです。
従業員やビジターの所在・安全を把握・確保し、重要な資産の管理もできる、安全性と効率性を高めるための最適化ツールをご提供します。
【特長】
■世界各国で数千の導入実績
■エンタープライズグレードのオープンRTLS・IoTプラットフォーム
■幅広い用途に適用可能なアプリケーション

【AeroScout(エアロスカウト)製品紹介ページ】
https://aeroscout.jp/

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社セキュリティハウス・センター

炎センサーシリーズ

製品画像

本システムは、小さな炎を瞬時に検知し、事務所や詰所で監視できるシステムのため、炎を早期発見することで、火災に至る前の初期段階で対処することができます。

昨今の工場は、自動化による省人化がすすみ、以前に比べて人の目が少なくなったことが、発火した際の発見の遅れにつながっていると指摘されています。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社セキュリティハウス・センター

倒れコールシステム

製品画像

本システムは、人の転倒(倒れ)を検知し、無線信号を自動送信します。
同時に大音量の警報音で周囲に報知します。
緊急事態を早期発見することで、すぐに対処することができます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

アヴネット株式会社

屋内位置情報システム 「VENUE」

製品画像

・信頼できるインドアポジショニング : リアルタイムで可能な1~3mの連続平均ポジショニング精度で、屋内であっても人や資産、車両といった対象を追跡可能です。

・広い敷地も得意 : ソリューションを利用したいのはオフィスでしょうか、それとも、建設現場、工場、倉庫、はたまた病院でしょうか。VENUEの技術はスケーラブルで、さらに多層ビルや広い敷地にも対応可能です。

・インフラストラクチャフリーのソリューション : VENUEはインフラストラクチャに左右されません。多額の費用がかかるインフラストラクチャ構築や設置を避けられるだけではなく、システムは時間の経過と共に自己修復できるので、メンテナンスや再測量といったことを気にする必要がありません。VENUEには、現場のセットアップに必要なものがすべてそろっており、多額の設備投資をすることなくインドアポジショニングを利用できます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会