サイバー攻撃への対策方法とは? サイバー攻撃対策に関連する製品一覧

サイバー攻撃への対策方法とは?  サイバー攻撃対策に関連する製品一覧
サイバー攻撃とは、コンピュータデバイスや、サーバーに対して、ネットワークを通じ、破壊活動やデータ改ざんなどを行う悪意のある行為です。その標的・目的は様々で、特定の個人や企業がターゲットにされる場合もあれば、不特定多数が狙われる場合もあります。このような脅威に対する対策は誰にとっても必須であることは明白です。この記事ではサイバー攻撃の主な種類と、特に企業が講ずべき対策について解説します。

サイバー攻撃とは?

サイバー攻撃とは、パソコンやスマホのコンピュータデバイスや、サーバー等のシステムに対して、ネットワークを通じて破壊活動やデータの改ざんなどを行うことを意味します。その標的や目的は様々で、特定の個人や企業を狙ったものもあれば、不特定多数を標的としたものもあります。

近年、どのような業種・業態であっても、コンピュータやインターネットを利用しないケースはほとんど考えられません。そのため、サイバー攻撃への対策は誰にとっても必須のものとなります。

サイバー攻撃の主な種類

サイバー攻撃の主な種類として、特定の個人や企業を狙った「標的型攻撃」と、不特定多数のOSやソフトウェアの脆弱性を狙った「サイバー攻撃」に分類されます。

サイバー攻撃の主な種類

標的型攻撃

特定の個人や企業を狙ったサイバー攻撃は「標的型攻撃」と呼ばれます。代表的な手法としては、悪質な添付ファイルやURLリンクをメールで送るというものです。組織や企業に対して行われる場合は、その企業が保有するデータ・情報を盗むことが目的とされます。

また、サイバー攻撃への対策としてパスワードを設定しているところに対しては、ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)と呼ばれる手法が用いられます。ツールやシステムを活用して全てのパスワードの組み合わせを試すというもので、パスワードの桁数や使用されている文字・記号が限られている場合はすぐに突破されてしまいます。

脆弱性を狙ったサイバー攻撃

特定の対象を狙ったサイバー攻撃とは異なり、不特定多数のOSやソフトウェアの脆弱性を狙ったサイバー攻撃もあります。代表的なものとしては「SQLインジェクション」「OSコマンドインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」などです。

SQLインジェクション ソフトウェアを操作・制御する国際標準のデータベース言語であるSQL文を挿入し、データを盗む手法です。
OSインジェクション 脆弱性のあるアプリケーション・ウェブサーバーに不正なOSの命令文を送ることで、ファイルの改ざん・削除・流出をさせる手法です。
クロスサイトスクリプティング WEBサイトの脆弱性を突き、悪意のあるスクリプト付きリンクを仕掛ける手法です。サイトを訪れるユーザーにリンクを閲覧させることで、個人情報などを詐取します。

サイバー攻撃から自社を守る対策方法とは?

サイバー攻撃から企業の大切なデータや情報を守るためには、何か一つの対策を講じれば安心というわけではありません。普段からセキュリティ意識を持つように社員への教育を徹底することはもちろんのこと、自社に適したセキュリティを実現できるソフトウェアを導入することが必要です。

サイバー攻撃から自社を守る対策方法とは?

社内教育の実施

従業員個人が意識して実行できるセキュリティ対策はたくさんあります。

例えば、システムのID・パスワードを定期的に変更することや、社外で社内のPCをネットワーク環境に接続しないこと、あるいは不審なメールに添付されたファイルを開かないことなどは、社員への教育が徹底されていれば個々人の判断で実行ができるものです。

そのためには、セキュリティルールのガイドラインを策定し、共通の意識を浸透させることが必要となります。

セキュリティ対策ソフトウェアの導入

規模感のある組織や企業の場合、セキュリティ対策となるソフトウェアの活用は避けられません。近年では、マルウェア対策以外の機能もあわせ持つ「統合型セキュリティソフト」を活用するケースが主流となっています。ファイアーウォールとウイルスチェックを一括で実現できるものが多いのが特徴として挙げられます。

また、エンドポイント・ネットワーク・クラウドから収集したログを基に人工知能の技術でブラックリストを作成してくれるものもあり、セキュリティソフトはますますの進化を遂げています。

最新のサイバー攻撃対策への見直しを

企業にとってサイバー攻撃への対策は、ついつい見過ごしがちになってしまうものです。しかし、企業が安定的な生産活動を維持するにはトラブルを最小限に抑えることが必要で、そのためにはサイバー攻撃に対するセキュリティ対策も欠かすことができません。

また、近年のサイバー攻撃はその手法が多様化・複雑化しているため、セキュリティ対策を一回講じれば終わりではなく、都度更新を行う必要があります。まずは自社のセキュリティ対策の現状を把握し、必要なセキュリティソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

サイバー攻撃対策に関連する製品一覧

ラトックシステム株式会社

USB指紋認証システムセット タッチ式 SREX-FSU4G / GT

製品画像

指紋認証システムセット「SREX-FSU4G / GT」は、WindowsパソコンやタブレットのUSBポートに接続して使用する、タッチ式の指紋認証センサーです。
ログオンに必要なパスワードを指紋認証に置き換えることで、より確実な本人認証が可能に。「なりすまし」等による被害から、機密情報などを守ります。
SREX-FSU4GTは、デスクトップPCでの利用に最適なUSB延長ケーブル付です。

自作アプリケーションに組み込みが可能なSDKを無償提供。
「OmniPass EE(別売)」で、Active Directoryと連携した大規模認証データベースへ移行が可能です。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会