株式会社インフォコーパス

株式会社インフォコーパス

「モノと情報の融合」で社会、産業、生活のDXを実現する

インフォコーパスはIoTの技術を駆使し、モノと情報を融合させ、社会、産業、生活のDXを実現することを理念としています。
我々は10年以上前からビックデータを活用した価値づくりについての調査・研究を続けていました。

その過程で、人間が作り出すIT情報の活用だけでは価値創造の限界があり、自然界に存在するデータ、人間が作り出したモノのデータなどさまざまなデータを融合させてこそ社会、産業、生活をより豊かにする価値創造ができると考えました。

そこで2014年に開発したのが、モノのデータを簡単・安価に集める仕組みを作るためユニバーサルIoTプラットフォーム SensorCorpusです。
製造業の品質管理、稼働監視、予兆保全などの産業分野でのIoTプラットフォーム活用では多数の実績があります。今後は社会インフラや生活への活用も予定しています。

出展団体情報

出展団体名株式会社インフォコーパス
所在地153-0064 東京都 目黒区 下目黒三丁目5番1号 梶浦ビル5階
設立年月2013年05月
従業員規模10名以下
URLhttps://www.infocorpus.co.jp/

株式会社インフォコーパスの製品一覧

株式会社インフォコーパス

SensorCorpus

製品画像

ユニバーサルIoTプラットフォーム

SensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームです。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社インフォコーパス

ライン稼働率チェックIoT簡単キット

製品画像

古い機械の稼働データを簡単に取得、どこからでも稼働率を把握できる

「製造ライン管理IoTキット」は、今まで正確にわからなかった稼働率が、簡単に取得できるパッケージソリューションです。従来人手を介して収集していた稼働率を市販のセンサーを用いて自動的に収集することができます。新旧の機械を問わず設置することができ、誰でも簡単に始められます。
SensorCorpusとは、業種や目的を限定せず、またセンサーや機械の種類に関係なく、IoTデータの収集・蓄積・活用ができる次世代IoTプラットフォームです。このSensorCorpusと電流センサー・磁気センサーをはじめとした各種センサー、Raspberry Piを組み合わせたIoTキットを使えば、IoTシステム構築に必要な機能を個別に開発する必要はありません。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社インフォコーパスが出展中のオンライン展示会